就職・転職

内定辞退の電話連絡|お互いに良い関係を築ける辞退のしかたとは?

投稿日:2019年7月26日 更新日:

複数の会社から内定をもらった状況で、他の会社への入社を決めた場合などに内定を辞退することがあります。内定辞退をする際、基本的には電話連絡をするものです。

複数の内定をもらえるのは嬉しいことですが、やはり断るのは気が引けますし、面接をしてくれた担当者のことを思うと話すのは気が引けます。どうやって話せばいいのか、頭を悩ませてしまうこともあるでしょう。

お世話になった会社に対して最後まで礼を尽くし、将来にわたってお互いに気持ちの良い関係を築けるような辞退のしかたを知っておきましょう。

内定は辞退しても問題ない

内定辞退については、法的に問題になる事ではありません。極端な場合、内定式の後、入社日までに内定を辞退したい場合には、入社日の2週間前までに会社に対して通知をすればよいこととなります。

内定を辞退することで、法的措置は取られることは一般的にはありませんが、会社側としても、内定辞退者に代わる新しい人材を探すことになるため、道義的な部分を考慮すれば、内定辞退の意志が固まったら速やかに伝えるようにしましょう。

内定辞退の連絡は誠実さを示すなら電話がオススメ

内定辞退の連絡はメールか電話かで悩んでしまうことも多いでしょう。内定辞退の旨がはっきり伝わることや採用担当者の仕事を中断させないことを考慮するとメールがベストといえそうです。

しかし、誠実さが伝わるのはメールよりも電話です。これまでに企業担当者と電話でやり取りした場合、内定を辞退する際には、まず電話で連絡するようにしましょう。

電話を掛けるときのマナー

内定辞退の電話をかける時間帯がどの時間帯がよいのか、結構気を使います。一般的には始業して間もない時間、昼食時間帯、終業時間間際に電話をするのは避けましょう。それぞれの会社の就業時間にもよりますが、たとえば9:00~18:00が勤務時間の場合、12時~14時を除いた、10時~12時、14時~17時を目安に連絡するとよいでしょう。

一度電話して担当者が不在などで電話に出られない場合、担当者の戻りの時間をあらかじめ聞いておくとよいでしょう。

会社側から「折り返しますか」と聞かれることもありますが、内定辞退の連絡という性質を考えると手間を掛けさせることはできないので、ここは丁重にお断りして、自分から再度連絡する旨を伝えるようにしましょう。

内定辞退の電話連絡(例文)

内定辞退理由や内定先の企業は聞かれない限り、言う必要はありません。内定辞退理由を聞かれた際は、企業側も今後の採用活動に活かしたいと考えているので、できるだけ相手の気分を悪くしないようにきちんと答えるようにしましょう。

【内定辞退電話連絡の例】

私、○○大学の△△学部の□□と申します。 人事部の××様(担当者名)はいらっしゃいますでしょうか

☞ 名前を名乗り、担当を呼び出します。

私、○○大学△△学部の□□と申します。 ××様、ただいまお時間よろしいでしょうか?

☞ 相手が電話に対応できるか確認します。

このたびは内定通知をいただきありがとうございます。実は、たいへん身勝手で申し訳ないのですが、御社の内定を辞退させていただきたくご連絡差し上げました。

☞ 前置きなしで率直に用件を述べます。

自身の適性や将来のことなどを検討しましたところ、最後まで悩みましたが、その会社とのご縁を感じ、このような決断となりました。

☞ 内定辞退の理由を質問されたら正直に答えます。

本来ならば、直接お詫びに伺うべきところですが、取り急ぎお電話でご連絡を差し上げました。申し訳ありません。

☞ 電話連絡になったことへのお詫びをします。

貴重なお時間をいただきながら、このような形となり、貴社の皆様には大変ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。それでは失礼いたします。

☞ 最後にあらためてお詫びをします。

内定辞退を伝えるポイントとは?

内定辞退の理由は、会社側から尋ねられない限り自分から進んで話す必要はありませんが、電話で内定辞退の連絡をすると、中にはどうして内定を辞退したいのか気になるという会社もあります。

内定辞退の理由を尋ねられた際は、正直に伝えることが重要です。ただし、正直に伝えるといっても、ネガティブな理由はNGです。「待遇が良い企業から内定をもらった」「良い評判を聞かないので」などと伝えると、相手を不快な気分になります。

角の立つような表現を避けて、誠実な態度で伝えることがポイントになります。

内定辞退を避けるためには?

就職活動においては、複数の会社を応募するのは当然のことです。本命ではない会社の内定をもらった一方で、内定をもらえなかった人がいます。内定をもらえなかった人の中には、その会社を第一志望としていた人がいるかもしれません。

会社側としても、再び人材の確保を行うため、極力内定辞退は避けたいものです。内定辞退の背景には、仕事探しの時点でミスマッチが起きているのも原因の一つかもしれません。

内定辞退は避けたいという人は、就活エージェントなどの就活支援サービスを活用するのも有効な手段です。就活エージェントなら、あなたの適性や希望に合う会社を紹介します。内定辞退に繋がるミスマッチを未然に防ぐ取り組みを行っています。

仮に適性に合わず、内定辞退となった場合、就活エージェントが辞退連絡を行うのもポイントになります。さまざまな事情により内定を辞退した人、納得できる就職先が決まっていない人は、就活エージェントに相談してみるのも良いかもしれません。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

大手企業にこだわる大手病は気にしない!|はじめは大手企業で働こう!

就活生のみなさんは企業を選ぶ際、どのような点を重視していますか。「大手」と呼ばれる、その業界でも規模の大きな企業を選ぶ人は多いです。大手企業で働くことや中小企業で働くことはそれぞれにメリット、デメリッ …

年間休日数の概要・平均日数|転職時の休日に関するチェック事項とは?

仕事とプライベートの時間のバランスを保つためにも、労働時間と共に重要になることが、年間休日の数です。雇用契約書には、休日が記載されている欄がありますが、「月◯日」や「日曜・土曜隔週」、または「年間休日 …

大学中退からの就職|正社員になるための求人の探し方と面接のコツとは?

大学を中退すると、学歴で不利になり、新卒の扱いにならないため中途採用での就職活動になります。中途採用は基本的に職歴のある人を対象にした求人なので、職歴の無い大学中退者には厳しいのが実情です。 しかし、 …

就活の内定事情|内定時期と早期内定を獲得するための方法とは?

就活では企業から内定をもらうことが一つのゴールになりますが、内定がもらえる時期は業界や企業によって様々です。就活を始めるにあたり、一番気になるのが周りの内定事情でしょう。 就活を始めるといつ内定がもら …

「伺わせていただきます」は誤りか?|就活での敬語の使い方には注意!

普段何気なく使っている敬語。どんな種類があって、どのように使い分けをしているのか意識したことはありますか。敬語の使い方の良し悪しによってビジネスシーンではあなたの印象を変えてしまうこともあります。 細 …