就職・転職

就活がうまくいかないのはなぜ?|共通する原因とその解決方法とは?

投稿日:2019年6月16日 更新日:

就職活動に出遅れたわけでもないのになかなか内定がもらえない、周りの友人との選考状況の違いや、選考中の企業が徐々に減ってくると、不安になってしまう学生も多いと思います。

必ずしも順調に進むとは限らない就活ですが、内定がもらえない就活生には実は共通する特徴があるのです。「就活がうまくいかない」「なかなか内定をもらえない」そんな時はどうすればいいのか。

就活がうまくいかないからといって、落ち込む必要はありません。解決方法はあるのです。

就活がうまくいかない人に共通する原因と解決策

1.自己分析が甘い

自己分析を怠り、自分の強み、長所短所を把握できていないため、ES(エントリーシート)/履歴書や面接で自己PRがうまくできません。自己分析は、自分の仕事選びの軸を明確にするため、そして自分のことを他人にわかりやすく説明するために重要です。

ES/履歴書や面接では必ず自己PRすることを求められます。自分の強みを把握できていなければ、自己PRの内容を考えることは難しくなり、ライバルとの差別化を図ることができません。

まず基礎である自己分析を見直してみることをオススメします。改めて自己分析を行うことで様々なことが見えてくるでしょう。

2.就活に過度の不安を感じている

就活は今後を左右する大きなイベントです。面接官を目の前にした途端、準備してきた内容がすべて飛んでしまったという人もいます。こうなってしまうとせっかくの準備も水の泡となります。

そのように考えると、面接などでは緊張してしまう気持ちもわかりますが、どんなに練習したとしてもその内容が面接官に伝わらなければ意味がないので、当日いかにリラックスした状態で臨めるかどうかが採用と不採用を左右すると言っても過言ではありません。

過度の不安や緊張は採用の可能性を遠ざけることになりかねません。できるだけ選考には自然体で臨むことを心がけましょう。

3.企業・業界に対する理解が不足している

企業・業界について、理解をしておくことは非常に重要です。業界を知らなければ同業他社ではなくその企業なのかを明確にすることができません。

入社後のイメージを持てているかということも一つの選考基準になりますし、志望する企業のことを理解できていなければ、人事の目を引く志望動機も書くことはできません。

面接官はその会社のことを調べてきている学生のことを熱意があると判断します。企業・業界のことを調べることで面接官からの評価も大きく変わります。

4.企業・業界を絞り過ぎている

就活生の中には特定の業界や企業に行きたい、この業界は合わないなどエントリーする業界を絞り過ぎてしまう方もいると思います。エントリー数を絞りすぎると書類選考や筆記試験で落ちてしまい、持ち駒がゼロになりかねません。

再度企業探しを始めても事実上エントリーを締め切っている企業も多くあって、完全に出遅れている状況に陥ります。最初はよくわかっていなかったけど、入社したら面白い企業・業界だったということも可能性はありますので、広い視野を持ちましょう。

様々な企業・業界に目を向けることで、初めて気付く第一志望の企業・業界の強みを確認できることもあります。確固たる理由があるならまだしも、ただの食わず嫌いであればなおさら、視野を広く持つことをオススメします。

5.ネット情報を参考にしすぎている

インターネットなどで、内定者の志望動機や自己PRなどを簡単に手に入れることができます。書き方や構成の参考にすることは問題ありませんが、参考にしすぎてしまい、これではオリジナリティを出すことができません。

採用担当者も数多くの履歴書やESを見るので、そのような志望動機や自己PRはネット情報を参考にしているとすぐに気づかれます。自分の考えや経験でないと説得力のある内容にすることは難しくなります。

参考にすることはよいのですが、自分の考えや経験を盛り込むことでオリジナリティが出て、説得力が増します。

うまくいかない時の心得

1.自分を追い詰めない

周りの友人達は内定が出ているのに自分だけが全く決まらず、不甲斐なさを感じている人も多くいると思います。履歴書やESもしっかり書き、面接の受け答えも出来てる筈なのに何故内定をもらえないのか。

これが続くと就職活動に疲れ、嫌気がさしてきます。そのような悪循環に陥ると光は見えてきませんし、悪い運気が表情や表面に現れ、余計に面接がうまくいかなくなります。まずは気持ちの置き方を変えましょう。

何社の内定を取ろうと、入社するのは1社であることは変わりません。何度面接に落ちても、最終的に自分の納得する企業から内定を勝ち取れば良いだけのことです。

2.自分自身を否定されているわけではない

面接で落ちても人生や人格の否定しているのではないと理解することが大切です。面接では能力等とは関係のない「相性」の善し悪しが重要ということもあります。「優秀だけど当社には合わない」と採用担当者が感じれば、不採用になるケースなど珍しくはありません。

面接で落ちた時に「面接には落ちたけれど自分の生き方を否定されている訳ではない」と思えることこそが、ポジティブということです。無理に明るく振る舞わなくとも、考え方や発想を変えた方がより効果的です。

就活に行き詰まったら一人で悩みを抱え込まない

就活がうまくいかないときは一人で悩むのではなく、就活支援サービスを利用してみましょう。学生一人ひとりにキャリアコンサルタントがつき、就活を徹底的にサポートしてくれます。

今よりもずっと心の負担が軽くなるばかりか、内定を獲得する確率もかなり上がるかもしれません。就活の方法は様々な方法があります。視野をせまくして、自分自身を追い込むのではなく、いろいろな手法や考え方をして、自分に最適な道を探していきましょう。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

東京での就職活動の費用は?|首都圏学生との費用の違いや節約方法は?

地方学生の中には、東京での就職を目指しているという方もたくさんいると思います。就活を始めるにあたっては、スーツや靴、カバンを揃えなくてはなりません。また、実際に就活中で、「なかなかうまくいかない」「交 …

短所の「優柔不断」を長所に言い換える|面接時でのアピール方法とは?

就職活動において、面接時で長所と短所を聞かれることが多くあります。そのとき、悩みどころとなるのは短所の答え方です。短所はネガティブなものなので内容と伝え方を間違えると仕事が出来ない人だと思われてしまい …

ベンチャー企業への転職|ストックオプションでモチベーションアップ!

ベンチャー企業の激務と不安定性に耐えるには、自分にとっての経済的条件は別にしてでも、「このビジネスを成功させたい」という仕事自体に対するモチベーションが必要です。 転職の際、ストックオプションを目的に …

住宅手当の相場はどのくらい?|転職者はどこに着目しているのか?

転職活動をする際、給与額を検討要素に入れる人が多いと思います。給与以外にも福利厚生制度で「家賃(住宅) 手当」の名目で金銭を給与に上乗せ支給することを行っている企業もあります。 この制度の有無が支払わ …

「気付」の意味と使い方|ビジネスで使える宛名書きのマナーとは?

郵便で手紙・封書などを送る際に「気付」を使うことがあります。「御中」などと同じく宛先を記載するときに使いますが、この「気付」の意味を正しく知っていますか。封筒やハガキの宛名には、正しい書き方があります …