就職・転職

住宅手当の相場はどのくらい?|転職者はどこに着目しているのか?

投稿日:2019年3月26日 更新日:

転職活動をする際、給与額を検討要素に入れる人が多いと思います。給与以外にも福利厚生制度で「家賃(住宅) 手当」の名目で金銭を給与に上乗せ支給することを行っている企業もあります。

この制度の有無が支払われる給与等の収入に大きく影響するため 、「住宅手当の金額」や「住宅手当制度の内容」は転職活動の前に理解しておきたい内容です。

手当の中で住宅手当は金額が高いため、住宅手当を支給している会社は福利厚生が充実していると考えられます。このため、住宅手当の有無を転職先の選択基準にしている人もいるようです。

住宅手当とは

住宅手当とは企業から福利厚生の一環として従業員に支給する手当です。「従業員の賃貸物件の家賃の一部を負担するもの」や「従業員の住宅ローン返済を補助するもの」など、企業によってその内容は大きく異なります。

福利厚生の代表的な例として企業がこぞって住宅手当や社宅の制度を充実させた時期もありましたが、バブル崩壊後の不景気に経営的にも苦しくなり、住宅手当を支給する止める企業があります。

また、同じ企業の従業員でも、勤務地によって支給額に差があることや実家暮らしの人には支給されなかったりと不公平さがあるほか、ルームシェア、同棲、事実婚などライフスタイルが多様化していることから、支給基準の設定が難しくなり制度を導入する企業は減少傾向にあります。

住宅手当と家賃補助の違い

福利厚生において、住宅手当も家賃補助もどちらもよく耳にしますが、「住宅に関する福利厚生」を住宅手当と呼ぶのか家賃補助と呼ぶのかは企業によって異なります。

正社員として働く人はそれぞれの企業がどのような福利厚生を行なっていて、住宅に関する福利厚生は住宅手当なのか家賃補助なのかなど事前にしっかり確認するようにしましょう。

ただし、家賃を補助するという形で住宅手当や家賃補助の手当が給与で支給されることになりますが、企業が従業員に社宅を貸し家賃の一部を負担する場合の家賃補助では、一定の家賃を従業員から「給与天引き」で徴収するのが一般的です。

福利厚生の家賃補助(住宅手当)は課税対象か?

手当の名称が「家賃補助」や「住宅手当」のどちらであっても課税対象となります。現行の法律上、明確な区別がないため、各々の企業が好きなように名称を選んでいるというのが現状です。

住宅手当の支給額があると、その分も給与とみなされるため、所得税や住民税、社会保険料の負担が増えることがあります。なお、一定金額以下の通勤手当のように、手当の中には税法上非課税となる例外項目がありますが、住宅手当は含まれないので注意が必要です。

家賃補助を上手く使うコツ

家賃補助を受けながら税金対策をしたい場合、法人が用意した社宅の中から社員が物件を選び、家賃の一部(賃貸料相当額の50%以上)を支払うことで非課税にすることが可能です。

「会社が借りている部屋の家賃の一部を社員が支払う」ということになるため、課税対象とはなりません。企業によっては社員が探してきた物件を法人契約した上で家賃補助を行うこともあります。

従来の社宅のように会社側から住む場所を強制的に割り当てるのではなく、区分マンションやアパートの一室を法人が確保し、そこに社員が住む方式です。この方式により社員のプライベートを確保しつつ、課税されずに手当を受け取ることが可能になります。

住宅手当や家賃補助の相場は?

国内の約4割の企業が住宅手当を支給しているといわれていますが、厚生労働省の調査結果(※)によると平均金額は17,000円となっています。すべての企業がこの制度を導入しているわけではなく、制度がなく支給しない会社や10万円近く支給する企業まで様々です。

住宅手当の支給額は住まいや居住人数によって異なりますが、業種や職種、役職などで支給額に差をつけている企業もあります。そのような企業では、上席者になる人ほど住宅手当を多く支給することが多いです。

他方で、一部の企業においては基本給の何%を支払うと決められていることもあります。このように会社によって支給内容が異なるので確認しておくとよいでしょう。

※参考:厚生労働省 – 平成27年就労条件総合調査の概況

住宅手当の支給条件を転職前に情報を手に入れるには?

住宅手当を支給する会社で働いていれば、必ず貰えるというわけではありません。結婚していることが条件であったり、住宅手当が支給される期間が決まっており、それ以降は一切でない場合もあります。また、共働きの場合はどちらかしか貰えないことが多くあります。

転職時には金額はもちろんのこと、支給条件もしっかり確認しなくてはなりません。転職サイトで確認することができますが、より詳細な情報に関しては書かれていません。

これから転職活動を行う予定の人は転職エージェントを利用すると担当者経由で確認してもらうことができるので安心です。

転職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

社会不適合者ではないかという不安|主な特徴と仕事への向き合い方とは?

自分は社会不適合者なのではないかと不安を持っている人は割と多いと思います。しかし、ほとんどの場合、それは杞憂です。多くの人がイメージする社会不適合者と真の社会不適合者には、実際にかなりの違いがあるから …

内定保留の伝え方|保留期間の目安や失礼のない対応方法とは?

就職活動で内定をもらったけどまだ本命の企業が残っている場合やまだ就職活動を続けたいという場合も十分考えられます。内定を待ってもらうにはどうしたらよいでしょうか。面接で第一志望と伝えていた場合、本当に保 …

内定通知の電話にどう応対する?|好印象を持ってもらうポイントとは?

就職活動や転職活動では、採用試験を受け、最終面接に合格した場合の内定通知が出るまでの期間や通知方法は、会社や団体などによって差があります。 会社の一員となる上で、最初のステップとなる内定通知ですが、相 …

面接で長所と短所を聞かれたら?|的確に回答するために必要なこととは?

「長所・短所は何ですか」という質問は面接の定番といえます。一歩間違うと印象を悪くしかねない質問で、長所・短所は分かっているけれど、 ありのままに答えていいものか不安と悩む人もいるのではないでしょうか。 …

年収1,000万の割合や職業とは?|どう転職活動すれば高収入になる?

年収300万円、400万円の時代といわれている中で年収1,000万円以上稼いでいるサラリーマンの割合はどのくらいなんでしょうか。年収1,000万円というとどのようなイメージを持ちますか。 「金持ち」、 …