就職・転職

面接に落ちるのはなぜ?|面接の選考ポイントやその対策方法とは?

投稿日:2019年6月20日 更新日:

書類選考は通過できるのに、なぜか面接で落ちてしまう。

面接でも自分では手応えはあったのに何がいけないのだろうかといった悩みに直面している人は多いのではないでしょうか。

就活の面接で落ちることが多い人には、何らかの原因が存在しています。

面接に落ちる原因として、意外と多いのが面接の基本を見落としていること。

今さらと思う人もいるかもしれませんが、準備にやり過ぎということはありません。

また、一次面接・二次面接・最終面接のどのステップで落ちたかによって不採用となった原因があります。

面接に落ちる理由を把握して早めに対策を打ちましょう。

☞ 就活に有効な無料の高精度自己分析ツールが使える『OfferBox 』とは?

面接に落ちる人の特徴

1.第一印象が良くない

面接は第一印象で合否がほとんど決まっているといっても過言ではありません。

重要なポイントですので注意しましょう。

他人が見たときに、不快に思われないような服装の着こなしを意識する必要があります。

服装同様、髪形や髪の乱れは表情にも影響しますので、服装を含めた見た目が大事です。

髪型をセットしたり服装や匂いに気を付けるなど、最低限で十分なので、清潔感を出せるように注意してください。

鏡でチェックしてから、面接に臨むようにしましょう。

2.態度やマナーが良くない

態度やマナーが良くない人と関わるは極力避けたいと考える人は多く、面接でも同様で態度やマナーが良くない人は採用されることはありません。

しかし、態度を悪くしているつもりがなくても、相手が受け取る印象がそのようなものでも同じことになります。

挨拶をしてるつもりでも、声が小さくて相手に伝わっていなければ意味がありません。

表情や言動も同様です。メジャーリーガー大谷選手のような誰が見ても好印象となるような人を目指しましょう。

謙虚な気持ちをもって接すると態度にも表れ、好印象を与えます。

3.コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力が低い人の場合、面接官が反応に困るような回答をしていることが往々にしてあります。

コミュニケーションはやはり意思疎通ができて初めて成立するものであるため、この能力に欠けていると面接を通過することが難しくなってしまいます。

緊張してうまく話せなくても大丈夫です。自分の意思をしっかり持ち、質問に答え、面接官と意思疎通を図ることが大切です。

面接でのコミュニケーション能力は、事前の備えでカバーすることができます。

会話が苦手であれば、身なりを整え、清潔感のある印象を与えることで、コミュニケーション不足を補うことも可能です。

4.企業研究不足

社会人の第一歩として、その会社に入社したいと応募しているにも関わらず、企業研究が不足しているため、事業内容・理念・ポリシーといった仕事を進めて行くうえで重要なポイントを押さえていないことが露呈し、志望度の高さが疑われます。

深く企業研究を進めていければ、他の企業との差別化が明確になり、熱意も伝わるようになります。

面接官の印象がグッとよくなるでしょう。

面接での選考ポイントとは?

1.一次面接ではビジネスマナーをチェック

一次面接でその人のもつ能力全てを見極めることは難しいので、最低限の基準を満たしていないか判断する「足切り」であるともいわれます。

つまり、スキルや経験値以外の基本的な部分で可否が決まることが多いのです。

2.二次面接ではスキル・キャリア・経験をチェック

二次面接は、入社後の配属先の責任者が面接を行うことが多く、その場合は「即戦力として働けるキャリアやスキルを持っているか」「一緒に働ける人物かどうか」などがチェックされます。

業務に関する深い内容の質問で応募者の志望度の高さも見られるため、二次面接が転職活動のヤマ場といえます。

二次面接を通過した時点で、現場は「採用したい」という評価を下したと考えられます。

3.最終面接では将来的なビジョンをチェック

最終面接では社長や役員が面接官となり、応募者のキャリアビジョンが会社の方向性に沿っているかを確認するほか、高い入社意欲を持っているかどうかについても厳しく見ています。

最終面接はカタチだけと思わず、最後まで気を抜かずに準備しておきましょう。

☞ オファー型就活サイト『OfferBox 』とは?

面接で落ちないための対策方法

1.面接の基本を押さえる

(1)面接前の準備

  • 清潔感を与える身だしなみ
  • 面接日時や経路の再確認
  • 履歴書や職務経歴書などの必要書類の準備

(2)面接の流れを把握

  • 10分前には面接会場に到着
  • 受付で氏名と用件、面会者を伝える
  • 携帯電話の電源は切っておく
  • 入室時のノックは3回、入室後は扉の方を向いて閉める
  • ドアを閉め終わった時点で面接官の方を向き「失礼します」と一礼して椅子へ向かう
  • 椅子の左側または後ろに立ち、氏名と挨拶をする
  • 面接官から「おかけください」と勧められたら「はい、失礼いたします」と着席
  • 面接官の目を見ながら自然な感じで受け答えをする
  • 面接終了後は着席のまま「本日はありがとうございました」とお礼を伝えて一礼
  • ドアの手前で面接官に向き直り「失礼いたします」と挨拶して退室

2.第三者を交えて面接の練習をする

一人で自己分析や企業研究、面接対策を行うだけが就職活動ではありません。

面接の対策でも、第三者を交えて練習をしておきましょう。

面接の練習をすることで、相手にはどう見えているのかが可視化できます。

さらに、質問もしてもらえ、掘り下げてもらうことで、本番に近い模擬面接を実施することが可能です。

3.企業研究を徹底して行う

企業は学生の志望度の高さを面接を通して、探ってきます。

面接官は志望動機などを掘り下げてきます。企業のことを知らなければ答えられないことも出てくるでしょう。

企業研究をすることで、その会社の理念や社風など様々な情報を集めることができます。

企業研究で会社のことが分かってくると、自分が会社のどの部分を良いと感じるか、その会社でどのような働き方をしたいかというものが見えてきます。

そういったものを志望動機に具体的に盛り込んでいくことで、面接でアピールする材料ができます。

企業研究を徹底して行なうことで、自信を持って面接にも臨めるでしょう。

面接突破の鍵とは?

面接を成功させるには、自己分析や業界・企業研究を徹底し、企業が求める人物像に沿って自己アピールをすることが重要です。

一次面接での回答や印象は二次面接の面接官にも引き継がれます。

良い印象を与えるために二次面接で辻褄が合わないことを発言するのは好ましくありません。

一次面接を振り返り、より掘り下げた回答をするよう心がけましょう。

また、面接で何度も落ちた経験がある場合は、志望動機の練り直しや掘り下げた質問をされてもきちんと答えられるように事前準備を十分に行う必要があります。

模擬面接を繰り返し行い、第三者の意見を参考にしてみるとよいでしょう。

これらは就活支援サービスを利用すること効率良く進めることができます。

専任のアドバイザーが自己分析の仕方や面接対策といった就職活動の相談に応じてくれます。

マンツーマンで行われるカウンセリングを通してプロのアドバイスを聞くことができ、不安や疑問を解消しながら就職活動を進めていくことが可能です。

【就活生の4人に1人が登録!】オファー型就活サイト『OfferBox<オファーボックス>』

OfferBoxは、逆求人サービスにおける利用企業数業界1位です。

しかも、自己分析テストや就活イベントもある逆求人に留まらない就職サイトです。

利用企業数 5600社以上(2019年12月時点の実績)で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)などが利用しています。

オススメするOfferBoxのポイント3つ

  • 大手からベンチャーまで数多くの企業からのオファーが来る!
  • 高精度な自己分析ができる!
  • 単なる逆求人サイトに留まらずイベントが豊富!

学生に対して一斉スカウトメールを送れない仕組みをとっているため、迷惑メールがなく、プロフィールや強みをしっかり見たうえで、スカウトメールが届くので安心です。

また、OfferBoxには高機能な自己分析ができる「AnalyzeU+」と他己分析もできる「適性診断360度」があります。

これらの適性診断の結果をもとに、自己PRをさらに磨くことができます。

さらに、選考直結するインターンや業界研究まで様々なイベントに参加することができます。

まずは、あなたの価値を知るために自己分析からはじめましょう。

無料登録 ☞ OfferBox

この他にも特色のある就活サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活での質問への対策とは?|4つに集約されるパターンをマスターする!

就職活動の際、最も緊張する瞬間が面接です。面接は営業活動に似ています。 応募しているライバルの中から、自分を選んでもらわなくてはなりません。 面接官が本当に知りたい、質問の本質的な意図を察知し、それに …

内定の取り消しへの対応策|最大のピンチを乗り越えるポイントとは?

内定取消は、企業側から何らかの理由で一度決まった採用内定を取り消すことです。 内定とは、そもそも企業と求職者(内定者)との間に条件付き労働契約が結ばれたとみなされる状態です。 長い就職活動を経て、よう …

履歴書に印鑑は押さなければならないのか?|押印欄が無い場合は?

コンビニや書店、文房具店など市販で売っている履歴書を見てみると、「押印(印鑑を押す)欄」がない履歴書が多くあります。 ビジネスシーンにおいて、重要なビジネス文書には印鑑が必須です。 履歴書も重要なビジ …

労務管理の仕事内容とは?|未経験者が転職する場合はどうすればよい?

企業の経営活動とは人・モノ・金・情報などの経営資源を事業に投入することによって、目標とする成果を生み出す活動のことを指します。 経営資源をいかに効率的に確保して組織化し、効果的かつ継続的に活用するかに …

残業30時間は少ない方なのか?|多いと感じるなら転職すべきか?

何時間の残業から激務だと思いますか。 残業時間が月60時間ともなるとかなりの人が多いと感じるようになりますが、残業時間が月30時間となると意見は分かれ、多いと感じる人もいれば少ないと感じる人もいたり、 …