就職・転職

OB・OG訪問で差がつく!|就活を有利にするための情報収集とは?

投稿日:2017年11月5日 更新日:

就活の肝といわれるOB・OG訪問は、就活において差がつけやすい情報収集方法ですが、だいたい全体の4割程度しか行っていないそうです。早い人ですと3年のサマーインターン前から活動を開始している人もいるほど時期はバラバラですが、確実にやったほうがよい活動の1つです。

知り合いのOB・OGを訪ねることもあれば、ゼミ、研究室、サークル、キャリアセンターなどから紹介されて、連絡をとる場合もあります。つまりOB・OG訪問をするだけで多くの学生と差別化できるならやらない手はありません。

しかし大切なのは、OB・OG訪問のやり方ももちろんですが、「いつから開始すればよいか」といった時期の問題もあります。

OB・OG訪問とは

OB・OG訪問とは、興味のある業界や企業で働いている先輩を訪ね、実際の仕事内容、社内の雰囲気などを知り、「業界、企業研究」を行うことです。実際に働いている人の話を聞くことでこの企業に合っているのかという就職活動において最も大切な部分を確認することができます。

また、OB・OG訪問の一番の特徴は生の情報が手にはいるということです。さらに、自己PRするにあたって他の学生との差別化に大きく活かすことができます。目的を持って行うOB・OG訪問は就職活動において重要なステップの一つであるといえます。

一般的なOB・OG訪問の時期

最近では就職活動の解禁の時期が年によって異なりますが、早めに動くに越したことはありません。人気のOB・OGは何ヵ月も先まで日程が埋まっているということもありますので、早め早めの行動が鍵です。

1.一般的な企業

OB/OG訪問の実施時期
項目 実施時期
サマーインターンシップを探す場合 大学3年の5月または6月
自己分析のためのOB・OG訪問 大学3年の12月から2月
業界絞り込みのためのOB・OG訪問 大学3年の2月から大学4年4月
業界内の企業研究 大学4年の4月から5月
内定をもらって絞り込む場合 大学4年の7月から9月

2.大手銀行及び大手総合商社

大手銀行や大手総合商社の場合は希望者が非常に多いため、対策を立てるためにも複数名のOB・OG訪問を行うとよいでしょう。そのため、通常の時期よりも2ヶ月ほど前倒しして行動するようにしましょう。

3.外資系

外資系であれば大学3年の5月か6月のサマーインターンシップ前、サマーインターンシップ後の8月から10月の間がオンシーズンとなります。選考自体も早い傾向にあるので就活サイトなどで情報を収集しながら確認するようにしましょう。

OB・OG訪問に早すぎることはない

企業にOB・OG訪問を始める時期として、早すぎるということはありません。OB・OG訪問から時間が経てば、得た情報の鮮度は落ちますが、その差は微々たるものでしょう。

1.OB・OG訪問は採用活動の時期と被らないようにする

企業が採用活動で忙しい時期にOB・OG訪問にあたってしまうと、今年度の就活生を優先しますので、OB・OG訪問をする場合は、企業の採用活動と被る時期を避けて選ぶようにしましょう。

2.OB・OG訪問を早い時期におこなうメリット

(1)早いうちに会社の情報を得られる

早いうちに会社の情報を得られるメリットが挙げられます。OB・OG訪問は、実際にその会社で働く方と話せる良い機会です。早い時期にOB・OG訪問をおこなうと、他の就活生より一足先に会社の雰囲気を知れたり、見極められたりできます。

自分と会社が合わないと気づいたとき、時間に余裕を持って就職先の変更を検討することができます。

(2)志望度が高いと思われる

OB・OG訪問を早い時期におこなうと志望度が高いと思われるメリットもあります。早いうちにOB・OG訪問を依頼することで、志望度が他の就活生よりも高いと企業側は感じるのです。場合によっては、他のOB・OGの方を紹介してくれるケースもあるようです。

3.OB・OG訪問の時期は大学3年生の2月~大学4年の4月頃を狙おう

最適な時期として、2月~4月頃が挙げられます。早いうちにおこなうと、他の就活生より一足先に情報を得られたり、企業側に志望度が高いと思われるメリットがあります。OB・OG訪問に早すぎるということはありませんが、遅すぎるということはあり得ます。

6月を過ぎると、予約を取るのが難しい場合があるため注意しましょう。OB・OG訪問は、するのとしないのでは就職活動で差がつきます。OB・OG訪問を上手に利用して、就職活動を進めましょう。

OB・OG訪問で聞いておくべき質問

OB・OG訪問では、次の質問を聞いておきましょう。有意義になるはずです。

  • その仕事をする上で常に考えていることは何か
  • 一年と一日の仕事の流れについて
  • 仕事で悩んでいることは何か
  • 職場の雰囲気はどんな感じか
  • 求められる人材はどのような人か
  • その仕事・会社を選んだ理由
  • 入社前と入社後で違うと思ったこと

上記の質問をすることで、「具体的な仕事のイメージ」、「働いている人の人となり」、「会社を選んだ理由と結果のギャップ」という3つのことを把握することができます。

会社を選ぶ上でもそうですが、選考上でも具体的な仕事のイメージは志望動機として強力に機能します。採用担当者もよく調べていると判断してくれる可能性も高くなるでしょう。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

会社説明会での質問|IT企業への就職で確認しておくべき内容とは?

会社説明会の質問で、何を聞けばいいかわからず、悩んでいませんか。会社説明会は、実際に企業で働いている先輩社員とじかに触れあえる絶好の機会です。多くの会社では、説明会の最後に参加者からの質問タイムが設け …

内定通知の電話にどう応対する?|好印象を持ってもらうポイントとは?

就職活動や転職活動では、採用試験を受け、最終面接に合格した場合の内定通知が出るまでの期間や通知方法は、会社や団体などによって差があります。 会社の一員となる上で、最初のステップとなる内定通知ですが、相 …

ベンチャー企業とは?|優良企業選びや転職する不安を解消する方法とは?

就職活動をしていると大手企業、中小企業、ベンチャー企業とよく聞きますが、イメージとしては、以下のような感じでしょうか。 大手企業    … 有名で安定、福利厚生が充実してる会社 中小企業    … あ …

インターンシップで給料もらえる?|支払いの有無とその理由とは?

インターンシップは、学生が企業側へお願いをして職場体験をさせてもらっているイメージがあり、給料をもらえる概念すらない参加者もいます。しかし、インターンシップでも給料が支給される場合があります。 従来の …

仕事のモチベーションが上がらない|転職を考えるべきか?

なぜか疲れを感じ、仕事する意欲が湧かない、モチベーションが上がらず一向に作業が進まない。仕事をする上で、意欲的に考え行動することが大切だと分かっていながら、どうしてもやる気が出ないことがあります。 一 …