就職・転職

転職に年齢制限はあるのか?|年齢に応じた成功する企業選びを紹介

投稿日:2019年2月10日 更新日:

転職をするなら35歳までなんていわれていたこともあり、年齢的な部分で転職に不安を感じている人が多いです。一般的には年齢が高くなれば不利になるといわれていますが、何歳であろうと実際に転職に成功した人は多くいます。

転職市場は非常に流動的で景気の流れやタイミングによって、劇的に変化します。現在では転職市場は変化しており、30代後半以降でも転職のハードルが下がってきています。転職において年齢のハンデは少なくなっているといえます。

ほとんどの人は年収アップや労働環境の改善といった理由で転職することを考えますが、これらの希望を叶えることができれば、成功した転職となるわけです。

法改正によって求人広告での年齢制限は減少していますし、求められる年齢をオーバーしていても採用される可能性はあります。転職は何歳が限界だという話を聞いて、仕事や会社に不満を持ちながらもやる前から諦めてしまうことは非常にもったいないことです。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

年齢制限について

「男女雇用機会均等法」と「改正雇用対策法」によって、性別・年齢を不問とすることが義務付けられているため、求人の募集要項で「性別」と「年齢」を制限することは原則禁止されています。

年齢については「原則不問とする」となっていますが、法律の定める「例外事由」に該当する場合は制限を設けることが認められています。

【主な例外事由】

  • 長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合
  • 技能・ノウハウの継承の観点から、特定の職種において労働者数が相当程度少ない特定の年齢層に限定し、かつ、期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合

年齢制限は書かれていないが実態は?

企業側は20代、30代が欲しいけれど、求人広告に年齢制限を書くことは法律違反になるため、書くことができません。しかし、求人広告で年齢制限ができなくても、企業側が選考時に年齢を考慮して、採用することもあるので、年齢制限がないとは言い切れません。

もちろん、企業がひそかに思っている年齢制限を超えた人が来ても、優れたスキルを持っている、会社に確実に貢献してくれるということがわかれば、採用される可能性は十分あります。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

年齢制限をしている会社への応募は可能か?

例外事由による年齢制限をしている会社に年齢が若干オーバーしていても、いい人材だと判断され、採用される可能性はあります。

求人広告に年齢などの応募条件を設定するのは、あくまでも会社が求める人材の目安であり、その条件を満たしていないからといって絶対採用しないとは限らないのです。

そのため、本当に入社したいと思うのであれば、自分の能力や経歴を分かりやすく相手に伝わるように書き、応募するとよいでしょう。

年齢制限を超えた人物の採用

他の応募者とは異なり年齢のハンデを背負っていることを認識する必要があります。自分よりも若い応募者と同等レベルの経験・実績・スキルしか持ち併せていなければ、若い人材が採用されます。

そのため、年齢相応の市場価値が求められることはもちろんのこと、若い応募者が身に着けていないマネジメントスキルなどがあれば、それが強みとなります。

要は、企業側に想定していた年齢を超えている人物だが、それでも採用したいと思わせるスキルを持っている必要があるということです。若い応募者に埋もれているようでは、内定を勝ち取るのは難しいでしょう。

年齢制限内の候補者よりも求められる基準が高く、厳しい目で見られることを忘れずに、万全の準備で応募すれば、年齢制限越えの採用を勝ち取る可能性が高まります。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

扶養手当・家族手当・配偶者手当とは?|支給金額の実態や今後の流れは?

それぞれの会社にある福利厚生の一つである、家族手当、扶養手当、配偶者手当は会社ごとに支給額が異なります。 法律上義務付けられているものではなく、金額以外にも呼び方や支給条件といったものも会社によって様 …

面接マナーの要点チェック!|就活生が身に着けるべきマナーとは?

面接では、自己PRや志望動機などを考えるのはもちろん大事ですが、振る舞いや言葉遣いに問題があれば印象は悪くなります。 面接マナーは面接合否を決めるほど大事なものです。 面接では一連の流れを知っておき、 …

面接に関するメール返信|日程や内定に関する連絡を受けたときの内容は?

就職・転職活動では、メールで企業とのやり取りをおこなうことも多いと思います。 一次面接、二次面接以降の面接を通過すると、次の面接日程調整のやりとりをメールで行う企業もあるでしょう。 そのときに企業宛に …

日程調整メールのポイント【例文付】|就活での評価を上げる書き方とは?

就職活動中には、応募先の企業と面接の日程調整をメールでやり取りする機会がありますが、どのように返信すればよいのか、悩んだことはないでしょうか。 面接の日程調整をメールで行う場合に気をつけたいポイントや …

内々定辞退のポイント|お互いに良い関係を築ける辞退のしかたとは?

複数の会社から内々定をもらった状況で、他の会社への入社を決めた場合などに内々定を辞退することがあります。 内々定辞退をする際、基本的には電話連絡をするものです。 複数の内々定をもらえるのは嬉しいことで …