就職・転職

転職に年齢制限はあるのか?|年齢に応じた成功する企業選びを紹介

投稿日:2019年2月10日 更新日:

転職をするなら35歳までなんていわれていたこともあり、年齢的な部分で転職に不安を感じている人が多いです。一般的には年齢が高くなれば不利になるといわれていますが、何歳であろうと実際に転職に成功した人は多くいます。

転職市場は非常に流動的で景気の流れやタイミングによって、劇的に変化します。現在では転職市場は変化しており、30代後半以降でも転職のハードルが下がってきています。転職において年齢のハンデは少なくなっているといえます。

ほとんどの人は年収アップや労働環境の改善といった理由で転職することを考えますが、これらの希望を叶えることができれば、成功した転職となるわけです。

法改正によって求人広告での年齢制限は減少していますし、求められる年齢をオーバーしていても採用される可能性はあります。転職は何歳が限界だという話を聞いて、仕事や会社に不満を持ちながらもやる前から諦めてしまうことは非常にもったいないことです。

年齢制限について

「男女雇用機会均等法」と「改正雇用対策法」によって、性別・年齢を不問とすることが義務付けられているため、求人の募集要項で「性別」と「年齢」を制限することは原則禁止されています。

年齢については「原則不問とする」となっていますが、法律の定める「例外事由」に該当する場合は制限を設けることが認められています。

【主な例外事由】

  • 長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合
  • 技能・ノウハウの継承の観点から、特定の職種において労働者数が相当程度少ない特定の年齢層に限定し、かつ、期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合

年齢制限は書かれていないが実態は?

企業側は20代、30代が欲しいけれど、求人広告に年齢制限を書くことは法律違反になるため、書くことができません。しかし、求人広告で年齢制限ができなくても、企業側が選考時に年齢を考慮して、採用することもあるので、年齢制限がないとは言い切れません。

もちろん、企業がひそかに思っている年齢制限を超えた人が来ても、優れたスキルを持っている、会社に確実に貢献してくれるということがわかれば、採用される可能性は十分あります。

年齢制限をしている会社への応募は可能か?

例外事由による年齢制限をしている会社に年齢が若干オーバーしていても、いい人材だと判断され、採用される可能性はあります。

求人広告に年齢などの応募条件を設定するのは、あくまでも会社が求める人材の目安であり、その条件を満たしていないからといって絶対採用しないとは限らないのです。

そのため、本当に入社したいと思うのであれば、自分の能力や経歴を分かりやすく相手に伝わるように書き、応募するとよいでしょう。

年齢制限を超えた人物の採用

他の応募者とは異なり年齢のハンデを背負っていることを認識する必要があります。自分よりも若い応募者と同等レベルの経験・実績・スキルしか持ち併せていなければ、若い人材が採用されます。

そのため、年齢相応の市場価値が求められることはもちろんのこと、若い応募者が身に着けていないマネジメントスキルなどがあれば、それが強みとなります。

要は、企業側に想定していた年齢を超えている人物だが、それでも採用したいと思わせるスキルを持っている必要があるということです。若い応募者に埋もれているようでは、内定を勝ち取るのは難しいでしょう。

年齢制限内の候補者よりも求められる基準が高く、厳しい目で見られることを忘れずに、万全の準備で応募すれば、年齢制限越えの採用を勝ち取る可能性が高まります。

就職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

    • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
    • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
    • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

仕事辞めたいが転職すべきか?|転職活動をしながら転職するか考える

「仕事の幅を広げたい」「違う業界を経験してみたい」「給料が高い仕事に就きたい」など、会社を辞めたくなる理由は人によって様々ありますが、果たして転職すれば解決するのか誰もが悩んで当然です。 一方で、仕事 …

扶養手当・家族手当・配偶者手当とは?|支給金額の実態や今後の流れは?

それぞれの会社にある福利厚生の一つである、家族手当、扶養手当、配偶者手当は会社ごとに支給額が異なります。法律上義務付けられているものではなく、金額以外にも呼び方や支給条件といったものも会社によって様々 …

就活失敗でもまだ諦めない!|二次募集で採用を勝ち取る攻略法とは?

新卒採用で追加採用を行う企業は毎年増えてきています。一次募集の期間のみでは採用計画通りにいかないところが多いようです。新卒で就活を行う際に意外に二次募集が気になります。一次募集で人数が集まらなかったと …

転職の相談相手は誰がよいか?|相談すべき相手は活動状況によって異なる

転職したいけど、一人で悶々と様々な不安や悩みを抱える人が少なくありません。転職をするというのは大きな決断なので、自分だけで決めて大丈夫か、誰かに相談しなくて大丈夫かと考える人も少なくないことでしょう。 …

年収の平均はどのくらいでどんな生活実態か?|転職で年収アップできる?

生活するにあたって、収入を基準にする人は多いと思います。収入に見合った無理なく家賃が払える部屋に住んだり、家計を圧迫しない範囲で趣味を楽しんだりしている人が、ほとんどではないでしょうか。 年齢別、そし …