就職・転職

年収の平均はどのくらいでどんな生活実態か?|転職で年収アップできる?

投稿日:2019年2月14日 更新日:

生活するにあたって、収入を基準にする人は多いと思います。収入に見合った無理なく家賃が払える部屋に住んだり、家計を圧迫しない範囲で趣味を楽しんだりしている人が、ほとんどではないでしょうか。

年齢別、そして男女別の平均年収を調べてみました。年収400万円をベースに生活実態を考えてみます。自分の年収に満足していないという人は意外と多い理由が見えてきます。

年収400万円は全体での位置はどれくらい

国税庁の平成29年分民間給与実態統計調査結果に基づいて考えていきます。

1.日本のサラリーマンの平均程度

日本の給与所得者(正規・非正規)の平均年収は432.2万円となっています。年収400万円は平均程度といえるでしょう。

なお、男性に限定すると平均年収は531.5万円、女性に限定すると平均年収が287.0万円となっている為、男性の場合は平均よりも少ないといえそうです。

2.正規のみの場合は平均以下

正規に限定した場合だと、平均年収は493.7万円(男性:547.5万円、女性:376.6万円)となっているため、年収400万円だと平均以下の水準といえそうです。

一方、非正規雇用者の平均年収は170.5万円(男性:229.4万円、女性:150.8万円)のとなっているため、非正規雇用者で年収400万円だとすると、かなり高額であるといえます。

3.年収400万円台の割合

次に、年収400万円台の人がどの程度いるか、その割合を見ていきましょう。各年収での割合は以下の通りになっています。

 

全体(%)

男性(%)

女性(%)

100万円以下

8.4

3.2

15.9

100万円超~200万円以下

13.5

6.7

23.6

200万円超~300万円以下

15.8

11.8

21.7

300万円超~400万円以下

17.5

17.8

17.1

400万円超~500万円以下

14.8

17.7

10.4

500万円超~600万円以下

10.1

13.3

5.4

600万円超~700万円以下

6.3

9.0

2.5

700万円超~800万円以下

4.3

6.3

1.4

800万円超~900万円以下

2.9

4.4

0.7

900万円超~1,000万円以下

1.9

2.9

0.4

1,000万円超~1,500万円以下

3.3

5.1

0.7

1,500万円超~2,000万円以下

0.7

1.0

0.2

2,000万円超~2,500万円以下

0.2

0.4

0.0

2,500万円超

0.3

0.4

0.0

年収400万円代の人の年収は14.8%、年収400万円以下の人が55.2%となっています。

中央値は年収300万円台となり、年収400万円は中央値を超えているので、低所得者とはいえません。

4.年齢別の平均年収

年齢別の平均年収は以下の通りになっています。

 

全体(万円)

男性(万円)

女性(万円)

19歳以下

132.3

155.3

110.6

20~24歳

262.4

278.9

243.1

25~29歳

361.4

393.0

317.8

30~34歳

406.9

460.9

314.8

35~39歳

442.2

517.3

312.5

40~44歳

467.7

569.2

308.0

45~49歳

496.2

629.7

309.5

50~54歳

518.5

676.8

302.0

55~59歳

515.7

668.6

297.6

60~64歳

395.8

507.9

232.0

65~69歳

314.4

392.6

202.5

70歳以上

288.3

353.1

207.8

30代前半男性が年収400万円台となっています。20代で年収400万円を超える程度あるならば、それは人よりも多くもらっているということなのです。

年収400万円の実態

1.年収400万円の手取り

年収400万円の人の手取り額は約75%、つまり300万円程度といわれています。

年間約100万円もの金額は一体何に徴収されているのかということを考えてみます。たとえば、独身・給与所得者で、介護保険料の負担が必要とされていない40歳以下の男性の場合、1ヶ月の給与所得から引かれる分としては健康保険料(標準報酬月額の9.89%の2分の1を負担)、厚生年金保険料(標準報酬月額の18.300%の2分の1を負担)、雇用保険(額面給与の0.9%のうち0.3%を負担)、所得税が主な項目であり、月収25万円として考えると約6万円程度が推定されます。

これに加えて住民税の納付義務があります。住民税は住んでいる市区町村によって異なりますが15,000円前後とする地域が多く、その場合は年間で18万円がかかってくることになります。

年間賞与が2度あることを考慮した場合、この賞与にも月収と同様に健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険、所得税がかかってくるため、すべて加えると年間で100万円程度かかることがわかります。年収400万円の場合、約4分の1は税金や保険料などで徴収されるようです。

2.年収400万円の生活

手取り年間300万円とすると、月々の手取りは25万円程度になります。これをもとに年収400万円の生活を考えてみます。

(1)都市部に一人で暮らす

家賃・・・約7万円

光熱費・通信費・・・2万円

食費・雑費・・・5万円

毎月の主な出費を14万円とすると、残りは11万円。ここから貯金をしても、一人暮らしであればある程度余裕のある生活ができそうです。

(2)都市部に家族3人(夫婦+子供1人)で暮らす

家賃・・・約9万円

光熱費・通信費・・・3万5千円

食費・雑費・・・6万円

毎月の主な出費を18万5千円とすると、残りは6万5千円。

手取り25 万円で家族を養うのは無理ではありませんが、子どもの将来のために貯蓄をしておく必要があり、一人暮らしの時よりも自由なお金は少なくなります。

このように年収400万円の場合、裕福な生活をできないのが現状です。独身であれば、まだ生活に余裕はありますが、子供がいる家庭だとやはり厳しく、共働きとなっているケースが多いです。

全てを満足のいくようにはできませんから、どこにお金をかけ、どこを節約するか、家計管理をしっかり行う必要があります。

年収を増やす為には行動するしかない

年収400万円の人で、もっと給料がほしいと思っている人は少なくないでしょう。子どもの学費、老後といった将来への不安は絶えません。ただ、同じように働き続けても、なかなか年収はあがりません。

もし、現状の年収で満足できず、年収をアップさせたいのであれば転職することも考える必要があります。

前述の統計結果はあくまで非正規を含めた値であり、正社員として転職する場合なら年収400万円以上を得ることも20代後半以降であれば十分に可能といえるでしょう。

現在、正社員の人でも資格取得やスキルを磨くなどキャリアアップに繋がる努力をすることで、転職活動も変わってくるはずです。

特に最近はかなり売り手市場で条件をアップさせてでも人を集めようとしている企業も多いため、年収アップできる可能性が増えています。現状の年収に不満を感じて、年収アップしたいと考えている人は転職活動の準備を始めてみるといいでしょう。

自分のスキルや能力の適正な年収の相場がいくらになるのか気になりませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。サービスの利用はすべて無料のため、気軽に相談できます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。登録は無料で、求職者は全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

インターンのメール返信の極意|好印象を与えるポイントとは?

就活の第一歩となるインターンシップに参加する際、エントリー後の面接の日程調整などがメールで行われることがあります。 多くの学生はビジネスシーンでのメールのやり取りに慣れていないため、どのように返信した …

転職成功の秘訣とは?|転職エージェントの選び方で結果に大きく差が出る

現在は求人数も増えてきていますので、就職先を見つけやすくなってきています。ハローワークで求人を探すだけでなく、ほかの就職・転職サイトも見て、より条件のいい正社員の求人を探してみてはいかがでしょうか。 …

転職の相談相手は誰がよいか?|相談すべき相手は活動状況によって異なる

転職したいけど、一人で悶々と様々な不安や悩みを抱える人が少なくありません。転職をするというのは大きな決断なので、自分だけで決めて大丈夫か、誰かに相談しなくて大丈夫かと考える人も少なくないことでしょう。 …

内定メール|通知をもらった時のメール返信はどうすればよいか?

内定の連絡というと電話をイメージする就活生が多いと思いますが、就活での企業との連絡はメールでやりとりをすることもあって、内定の通知に関してもメールで行われることも少なくありません。 内定のメールを受け …

企業の社会的責任(CSR)とは?|CSR活動から優良企業を見つける!

CSR活動という言葉をよく聞きます。企業の社会貢献活動と訳されますが、具体的な表現ではないのでわかりにくいです。中にはCSR=ボランティア活動と認識している人もいます。 CSRの捉え方、考え方はさまざ …