就職・転職

志望動機の例文で書き方のコツを掴む!|採用担当者が見るポイントとは?

投稿日:2019年4月11日 更新日:

応募先への熱意・意欲を自分の言葉で自由に伝えられる応募書類の志望動機欄は自分を一番アピールできる場所といえますが、書き方に悩む人も多いです。特に新卒採用では、「志望動機」が非常に重要になります。

中途採用とは異なり、能力面では差が少ないので、「企業への熱意」にかかわる志望動機がより重要になります。企業側は同じ能力であれば、志望動機がしっかりしているモチベーションが高い就活生を採用したいはずです。

志望動機の例文を通して、採用担当者に訴える志望動機の作成ポイントをしっかり押さえて、応募企業に熱意を届けましょう。

志望動機で採用担当者が見るポイント

志望動機において、採用担当者が見るのには3つポイントがあります。

1.なぜこの会社(自社)を志望したのか

採用担当者が志望動機で見るのは、「この会社(自社)をなぜ志望したのか」です。これが一番重要です。なぜこの会社(自社)を志望したのかを明確に書きます。志望動機が明確でない場合、説得力に欠けてしまいます。

また、ダラダラと書くのではなく「○○だと感じ、志望しました」「○○という仕事は、貴社でしかできないと思い志望しました」など簡潔に書きます。

2.自分自身や企業・業界の研究をしているか

次に採用担当者が見ている部分は、「自分自身や企業・業界の研究をしているか」です。自己分析をしっかりしていて、企業・業界研究を綿密におこなっている人の志望動機と、どれも中途半端にしてしまっている人との志望動機では、内容の厚みが違います。

採用担当者は採用のプロですから、自己分析も企業・業界研究もしっかりして、志望動機を厚みのある内容にします。

3.どんな目標を持っているか

採用担当者が見ている部分としては、「目標を持っているか」も挙げられます。これは自身のキャリアアップもそうですが、志望する企業に入ってからどのような仕事がしたいと考えているのかなども、見られる可能性が高いでしょう。

そのため、自分はどのような仕事がしたいのか、将来どのようなキャリアを積んでいこうと考えているのかまで書けると、非常に充実した志望動機になります。

志望動機を書く前に押さえるポイント

志望動機は選考を受ける上でもっとも重要な要素です。採用担当者は、志望動機を問うことで、「自社のことをどれだけ勉強し、理解しているか」、「人物像はどうか」、「入社後の活躍が期待できるか」などを探ることができるからです。

採用担当者の気を引く「志望動機の型」を押さえておけば、誰でも説得力のある志望動機が書けるようになります。志望動機はエントリーシートや履歴書に記載したり、面接での受け答えを通じて企業に伝えます。

以下のポイントを押さえて志望動機を書ければ、説得力のある志望動機が書けるようになります。企業で働く意志、企業研究の深さ、熱意すべてが伝わり、人事に評価されるでしょう。ポイントは以下のとおりです。

志望動機のポイント

目標

○○に取り組みたい

仕事をする上で、自分の成し遂げたい目標を書きます。

理由

なぜその目標に取り組みたいのか

なぜその目標にこだわるのか、今までの経験・努力を踏まえて「本気度」をアピールします。

一致

なぜその会社でなければならなのか

企業の良さを述べるだけでは不十分です。自分自身の人となりと企業での仕事を結びつけます。

実行プラン

具体的にどのような形で働きたいのか

企業で自分がどう活躍したいか、活躍できるかまで落とし込みます。

内定獲得に向けた志望動機の例文

志望動機のポイントを確認しただけでは、実際にどのように書くのかイメージするのが難しいため、上記のポイントを踏まえた志望動機の例文で確認します。例文を読むと完成形のイメージがつかめるはずです。

【志望動機の例文】調味料製造会社への応募

私は○○○○(会社名)の製品を世界に広めることで、日本の○○○○(調味料)の素晴らしさを世界に伝える一助になりたいと考えています。

☞ 志望する会社で仕事を通して、成し遂げたい目標を書きます。

私は高校時代に留学を経験しました。留学先の○○○○(国名)でも、和食レストランは多くあり、世界に愛される和食の素晴らしさを実感しました。

しかし、地元スーパーでは、和食用の調味料が十分に揃っておらず、家庭で気軽に和食を楽しむことは、まだ難しい状況であることも実感しました。この時から、仕事を通じて、海外に和食を広げたいと考えるようになりました。

☞ 成し遂げたい目標にこだわる理由を詳しく説明します。

貴社は、「○○○○戦略」(公表されている内容)を掲げ、他社に先駆けて、○○○○(地域名)などへ積極的な海外展開をされております。貴社であれば、「○○○○」(調味料)を通じて、和食の素晴らしさを世界へ届けられると魅力を感じております。

☞ 競合他社ではなく、なぜその会社を志望するのかを説明します。

仮に入社できた際には、留学時代に培った語学力を活かして、海外営業として、貴社製品の世界展開に貢献していきたいと考えております。

☞ 入社後の展望(どのように働き、会社に貢献するのか)を説明します。

1.志望動機作成のポイント

(1)目標を書くと本気度が伝わる

「私は貴社で○○○○に取り組みたい」という目標を書くことが大切になります。「○○○○に取り組みたい」という明確な目標を書くことで、仕事への熱意を伝えることができます。

仮に入社した場合、その企業の従業員になります。その会社で働く動機としてふさわしい「貴社の事業で○○○○がやりたい」「貴社の仕事でこのようなことにチャレンジしたい」など、「やりたいこと」をベースに志望動機を作成します。

志望動機を作成するときは、「その仕事を通じてやりたいこと」をベースに志望動機を作成すれば、仕事への意欲が伝わる志望動機が作成できます。

(2)目標にこだわる理由を説明する

目標だけを書いても実現できるのかと疑われてしまいますので、過去の経験を踏まえて、目標にこだわる理由を書きます。過去の経験を根拠として書けば、本気度を伝えることができます。

「やりたいこと」だけでは説得力がありません。口でいうだけなら誰でもできるので、「これをやりたい」だけでは本気度が伝わりません。本気度を伝えるには、「それをやりたい」理由もしっかり説明することです。

目標にこだわる理由を過去の体験から実感を込めて説明すると、志望動機の説得力が増します。

(3)会社の特徴を取り上げて志望する理由を説明する

自分の目標と志望企業の方針や特徴をすりあわせることで、志望理由の説得力が増します。その会社の特徴を取り上げて「○○業界の中でも、御社は○○○○という強みがあります。御社であれば、○○○○に取り組めると感じました」とつなげることができます。

新卒採用では「企業への熱意」が伝わるものでなければならないので、志望動機の最後に「その目標を達成するには、貴社で働くのが一番である」と結論づけ、「第一志望」であることが伝わる内容に仕上げます。

①「第一志望」と伝わる志望動機の構成

「第一志望」であると伝わる志望動機にするには、以下の点に気をつけた文章を構成します。

  • 仕事を通じて、成し遂げたい目標を明確にする
  • 会社の特徴・強みを分析する
  • 上記の特徴・強みを持つ御社であれば、成し遂げたい目標を達成できる

「自分の目標」と「会社の方針や会社の持つ強み・特徴」をすりあわせて、「この目標を達成するには、この会社で働くことがベストである」という論理をつくりあげることで、第一志望であることが伝わる文章になります。

(4)入社後の展望を説明する

「入社できた際には、○○○○(自分の長所)を活かして、○○○○(どのように)働きたい」と展望を書きます。「自分の長所を活かして、このように働きたい」と展望を書けば、熱意を伝えると同時に自己PRにもつながります。

展望を語るときには「その職種で自分のどのような長所が活かせるのか」にも言及することで、仕事への能動的な姿勢をアピールできますし、自己PRにもなります。

また、文字数に余裕があれば、最後に「このような職種で自分の○○○○という長所を活かして、このように働きたい」、「入社後にこのようなことにチャレンジしたい」と具体的にやりたい仕事を書くことで、あなたの仕事への熱意がより伝わりやすくなります。

印象のよい志望動機に仕上げるためのポイント

どんなに良い内容志望動機を書いていても、読みにくい文章やレイアウトで書かれていると、魅力は半減してしまいます。以下のポイントを心がけて、少しでも読みやすい志望動機に仕上げましょう。

1.読みやすい文章を書くためのポイント

読みやすい志望動機の文章をつくるために、以下のポイントを心がけます。

  • 一文はできるだけ短くする。可能であれば1文を40文字程度に押さえる。
  • 一文が長い場合は「。」で文章を区切り、二文にする。
  • 主語と述語はできるだけ近づける。

(良い例)個人向けの保険販売において、貴社は他社に先駆けた取り組みをしています。

(悪い例)貴社は、個人向けの保険販売において、他社に先駆けた取り組みをしています。

2.手書きの志望動機を書く時の注意点

手書きの志望動機を書くときには、以下のポイントに注意します。

  • できるだけ綺麗な文字で書く
  • 結論部分は少し大きな文字を使い、下の段落と空白を空けて、見やすく書く
  • 文字の詰め込みすぎに注意し、手書きの場合は文字数を少し犠牲にしても「見やすさ」を優先する

「この人と仕事がしたい」と思われる志望動機を書こう

紹介した志望動機はあくまで例文です。ポイントは参考にしつつ、オリジナルのものを作りましょう。「この人と共に仕事がしたい・面接で会って話を聞いてみたい」と企業に思わせることができたらベストです。

本気で「この会社で働きたい」という意欲を持って取り組めば、きっと相手にも伝わるはずです。

志望動機の書き方に悩んだら、就活支援サービス利用をオススメします。就職のプロがあなたの不安を解消します。履歴書や面接時の有効なアピール方法、募集求人の紹介などを実施しています。正社員としての就職活動を無料でサポートしています。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

パワハラで退職を決意!|退職前や転職の準備にするべきこととは?

パワハラが原因で退職をする時はどのようにしたら良いのか。パワハラで退職を考えている人や退職を強要されている人は、その証拠を残しておきましょう。また、退職届の退職理由をどう書けばよいのか迷う人も多いこと …

会社説明会での「軽装」は何を意味する?|企業が求めている服装とは?

就職活動の会社説明会において、意外と多い悩みが服装に関するものです。就職活動で「軽装でお越しください」「軽装で構いません」と服装を指定されることがあります。はたして軽装や自由な服装とは何を意味している …

転職の相談相手は誰がよいか?|相談すべき相手は活動状況によって異なる

転職したいけど、一人で悶々と様々な不安や悩みを抱える人が少なくありません。転職をするというのは大きな決断なので、自分だけで決めて大丈夫か、誰かに相談しなくて大丈夫かと考える人も少なくないことでしょう。 …

履歴書への押印のしかた|押印欄が無いときでも印鑑を押す必要はあるのか

コンビニや書店、文房具店など市販で売っている履歴書を見てみると、「押印(印鑑を押す)欄」がない履歴書が多くあります。ビジネスシーンにおいて、重要なビジネス文書には印鑑が必須です。 履歴書も重要なビジネ …

内定辞退メール|失礼のない無難な断り方のポイントとは?

就職活動の最終段階となる内定通知。内定をもらうと気が抜けてしまう人も多いですが、内定をもらっただけでは就活が完全に終了したわけではありません。せっかくの内定も辞退するのは気が引けるものです。 失礼のな …