就職・転職

転職エージェントを使いこなす!|成功率を高める賢い利用法とは?

投稿日:

転職活動において、転職のプロの目線から客観的な相談に乗ってくれる「転職エージェント」は貴重な存在です。転職について悩んでいるのであれば、数多くの転職者支援をしている転職エージェントに相談するのが一番です。

転職エージェントは上手く活用すれば、転職活動を効率的に行っていけます。転職エージェントがどんな部分に強いのかを知ることで、そのメリットや活かし方がわかり、転職の成功に結び付く可能性がさらに高まります。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、人材紹介会社(人材バンク)に所属し、転職・キャリアコンサルティングのスペシャリストたちの総称です。多くの企業との接点を持っており、募集したい人材に求める経験・スキルや人物像、給与などの条件面を確認し、求人情報として保有します。

一方、転職を検討している人に対しては、仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。仕事選びから入社までをバックアップします。

転職エージェントには転職支援のノウハウが蓄積されているため、自力で求人を探し応募するよりも転職成功の可能性が高まり、また、採用に悩んでいる企業にとっても、適切な募集を行うことができるため、採用成功に近づけることができます。

このように人材と企業の幸せなマッチングを支援しているのが、転職エージェントのサービスです。転職エージェントは転職者が入社することで企業から紹介料を受け取っています。

そのため転職エージェントを利用する転職希望者へのサービスは無料となっているのです。

転職サイトとの違い

転職サイトとはインターネット上で求人情報を探し、応募ができる転職サービスのことです。自分で全ての手続きをしなければいけませんが、インターネット上で気軽に無料で利用できる特徴があります。

一方、転職エージェントは担当アドバイザーが付き、二人三脚で応募から面接までフォローを受けながら転職活動を行います。

転職サイトでは求人数が多く、応募が楽にできるメリットがありますが、自力で活動しなければなりません。一方、転職サイトではフォロー体制が充実しているといったメリットがありますが、求人数が転職サイトほど多くはありません。

転職者がどの形で転職活動を行うのがよいか判断して選ぶとよいでしょう。

転職エージェントを利用すべき理由

1.効率よく転職活動ができる

転職者の多くは転職に慣れていないと思われ、また、多くの人は働きながら転職活動を行うことになると思われます。在職中の転職は、限られた時間の中で準備や面接を進めなければなりません。

そのため、企業との交渉などの手間を省いてくれる転職エージェントを活用するのがオススメです。

また、自分のやりたいことが明確になっていない人、業界や職種問わずに幅広い視点で転職を検討したい人も転職エージェントとの面談を通して、自分にあった方向や企業を知ることができるので、転職エージェントがオススメです。

2.転職エージェントの複数利用で成功する可能性が高まる

各々の転職エージェントが抱える多くの独自(非公開)求人情報を得られること、エージェント同士を比較して相性の良いコンサルタントに出会える確率が上がること、多角的なオススメ求人のピックアップをしてもらえることなどの転職エージェントの併用メリットが挙げられます。

結果的に複数エージェントを掛け持ちすることで、効率的でスピード感のある転職活動ができるようになります。

転職エージェントの賢い利用方法とは?

1.転職エージェントとの面談は転職成功の第一歩

登録面談の印象はそのまま転職エージェントから見た転職者の印象になります。登録面談の際は、転職エージェントと良い関係を築くことも転職活動の一環であることを意識した上で、TPOに合った受け答え・マナーを意識するようにしましょう。

2.転職成功の確率を高める転職エージェントとの信頼関係の築き方

ビジネス上の付き合いであっても、人と人が関わる時にはコミュニケーションが重要であるように、転職エージェントと築いた良好な関係は、転職者にとって非常に大きな力となります。

担当者が決まった後は、メールや電話、面談などで定期的にコンタクトを取り、転職状況の進捗をこまめに伝えたり、アドバイスを求めるようにしましょう。

(1)多くの求人に目を通して感想を伝える

転職エージェントから紹介された求人は可能な限り目を通し、全体を通じた感想を伝えましょう。求人を紹介した背景を聞くことによって、求人への納得度が高まります。また、希望と合わない場合、感想を伝えて求人のラインナップを変えてもらうようにしましょう。

(2)企業と面接した感触を報告する

企業によっては、入社してくれる可能性が高い候補者を優先することがあるので、企業との面接が終了したあとは、できるだけ早く面接の手ごたえや感想、入社意欲等を担当者に伝えます。

(3)事情が変わった時も必ず報告する

退職が早まった、家族の反対に遭い条件が変わったなど、スケジュールに関することや希望条件に関することで変化があった場合は、必ず転職エージェントに報告をしましょう。状況変化に合わせて、転職活動のプランを修正に応じてもらうことができます。

転職で悩んでいませんか? 転職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アルバイトから正社員になれる?|正社員登用制度有の実態と落し穴とは?

求人情報や求人票を見ると「正社員登用制度」というワードが目につきます。高校・専門学校・大学・大学院を卒業して就職活動中、もしくは、現職から別の仕事に就こうと転職活動をしている人であれば、求人広告等で就 …

残業を強制する会社で働き続けるべきか|長時間労働の弊害を考える

労働契約や就業規則などの中に残業を行わせる旨が定められていると、使用者は労働者に残業するよう命じることができます。残業は労働法上で認められているとはいえ、長時間の残業やこちらの事情を無視して仕事を強制 …

面接日程の返信メールがない場合の対処法|催促メールを出すべきか?

履歴書などの書類も送付し、後は担当者からの面接日程を待つばかりという状況でいくら待っても来ない場合、いつまで待てばよいのでしょうか。ビジネスメールのやり取りで、相手から返信が来なくて悶々とすることはあ …

大学中退からの就職|正社員になるための求人の探し方と面接のコツとは?

大学を中退すると、学歴で不利になり、新卒の扱いにならないため中途採用での就職活動になります。中途採用は基本的に職歴のある人を対象にした求人なので、職歴の無い大学中退者には厳しいのが実情です。 しかし、 …

仕事が辛く会社を辞めたい|最終判断を下す前に確認すべきこととは?

社会人になると仕事での悩みも尽きません。仕事が辛い、辞めたいという感情を一度持ってしまうと、会社に行くことが辛くなります。やりたくない仕事、飽きてしまった仕事をただ淡々とこなしていく不毛な日々。 どう …