就職・転職

転職エージェントを使いこなす!|成功率を高める賢い利用法とは?

投稿日:2019年9月21日 更新日:

転職活動において、転職のプロの目線から客観的な相談に乗ってくれる「転職エージェント」は貴重な存在です。

転職について悩んでいるのであれば、数多くの転職者支援をしている転職エージェントに相談するのが一番です。

転職エージェントは上手く活用すれば、転職活動を効率的に行っていけます。

転職エージェントがどんな部分に強いのかを知ることで、そのメリットや活かし方がわかり、転職の成功に結び付く可能性がさらに高まります。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、人材紹介会社(人材バンク)に所属し、転職・キャリアコンサルティングのスペシャリストたちの総称です。

多くの企業との接点を持っており、募集したい人材に求める経験・スキルや人物像、給与などの条件面を確認し、求人情報として保有します。

一方、転職を検討している人に対しては、仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

仕事選びから入社までをバックアップします。

転職エージェントには転職支援のノウハウが蓄積されているため、自力で求人を探し応募するよりも転職成功の可能性が高まり、また、採用に悩んでいる企業にとっても、適切な募集を行うことができるため、採用成功に近づけることができます。

このように人材と企業の幸せなマッチングを支援しているのが、転職エージェントのサービスです。

転職エージェントは転職者が入社することで企業から紹介料を受け取っています。

そのため転職エージェントを利用する転職希望者へのサービスは無料となっているのです。

転職サイトとの違い

転職サイトとはインターネット上で求人情報を探し、応募ができる転職サービスのことです。

自分で全ての手続きをしなければいけませんが、インターネット上で気軽に無料で利用できる特徴があります。

一方、転職エージェントは担当アドバイザーが付き、二人三脚で応募から面接までフォローを受けながら転職活動を行います。

転職サイトでは求人数が多く、応募が楽にできるメリットがありますが、自力で活動しなければなりません。

一方、転職サイトではフォロー体制が充実しているといったメリットがありますが、求人数が転職サイトほど多くはありません。

転職者がどの形で転職活動を行うのがよいか判断して選ぶとよいでしょう。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

転職エージェントを利用すべき理由

1.効率よく転職活動ができる

転職者の多くは転職に慣れていないと思われ、また、多くの人は働きながら転職活動を行うことになると思われます。

在職中の転職は、限られた時間の中で準備や面接を進めなければなりません。

そのため、企業との交渉などの手間を省いてくれる転職エージェントを活用するのがオススメです。

また、自分のやりたいことが明確になっていない人、業界や職種問わずに幅広い視点で転職を検討したい人も転職エージェントとの面談を通して、自分にあった方向や企業を知ることができるので、転職エージェントがオススメです。

2.転職エージェントの複数利用で成功する可能性が高まる

各々の転職エージェントが抱える多くの独自(非公開)求人情報を得られること、エージェント同士を比較して相性の良いコンサルタントに出会える確率が上がること、多角的なオススメ求人のピックアップをしてもらえることなどの転職エージェントの併用メリットが挙げられます。

結果的に複数エージェントを掛け持ちすることで、効率的でスピード感のある転職活動ができるようになります。

転職エージェントの賢い利用方法とは?

1.転職エージェントとの面談は転職成功の第一歩

登録面談の印象はそのまま転職エージェントから見た転職者の印象になります。

登録面談の際は、転職エージェントと良い関係を築くことも転職活動の一環であることを意識した上で、TPOに合った受け答え・マナーを意識するようにしましょう。

2.転職成功の確率を高める転職エージェントとの信頼関係の築き方

ビジネス上の付き合いであっても、人と人が関わる時にはコミュニケーションが重要であるように、転職エージェントと築いた良好な関係は、転職者にとって非常に大きな力となります。

担当者が決まった後は、メールや電話、面談などで定期的にコンタクトを取り、転職状況の進捗をこまめに伝えたり、アドバイスを求めるようにしましょう。

(1)多くの求人に目を通して感想を伝える

転職エージェントから紹介された求人は可能な限り目を通し、全体を通じた感想を伝えましょう。

求人を紹介した背景を聞くことによって、求人への納得度が高まります。

また、希望と合わない場合、感想を伝えて求人のラインナップを変えてもらうようにしましょう。

(2)企業と面接した感触を報告する

企業によっては、入社してくれる可能性が高い候補者を優先することがあるので、企業との面接が終了したあとは、できるだけ早く面接の手ごたえや感想、入社意欲等を担当者に伝えます。

(3)事情が変わった時も必ず報告する

退職が早まった、家族の反対に遭い条件が変わったなど、スケジュールに関することや希望条件に関することで変化があった場合は、必ず転職エージェントに報告をしましょう。

状況変化に合わせて、転職活動のプランを修正に応じてもらうことができます。

転職エージェントはこちらをご覧ください。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活面接での自己紹介のポイント|好印象を与えるコツとは?【例文あり】

採用面接の自己紹介は通常の自己紹介とは内容が異なります。 面接では第一印象が重要。 初対面の面接官は、自己紹介を見て志望者の印象を決めることも少なくありません。 最初の自己紹介で良い印象を持ってもらえ …

労務管理の仕事内容とは?|未経験者が転職する場合はどうすればよい?

企業の経営活動とは人・モノ・金・情報などの経営資源を事業に投入することによって、目標とする成果を生み出す活動のことを指します。 経営資源をいかに効率的に確保して組織化し、効果的かつ継続的に活用するかに …

(転職)事務職を志望!|未経験でも人気の高い事務職へ転職できるのか?

事務職への転職は経験がない、資格をもっていない、新卒などの場合でも可能でしょうか。 事務職の仕事はノルマがないぶん作業的な仕事が多い職種ですが、「縁の下の力持ち」の言葉がしっかり当てはまるような、素晴 …

就活写真で合否が決まる?|内定獲得は写真の出来(値段)で決まるのか?

就活等においてエントリーシートや履歴書などに添付する証明写真は極めて重要となります。 写真館やフォトスタジオでプロに撮影してもらうか、街角に設置されている証明写真機などを利用するかのどちらかになるでし …

年収の平均はどのくらいでどんな生活実態か?|転職で年収アップできる?

生活するにあたって、収入を基準にする人は多いと思います。 収入に見合った無理なく家賃が払える部屋に住んだり、家計を圧迫しない範囲で趣味を楽しんだりしている人が、ほとんどではないでしょうか。 年齢別、そ …