就職・転職

営業への転職は成功するのか?|成功・失敗の分岐点はここにアリ!

投稿日:2019年9月28日 更新日:

営業とは、顧客のニーズや課題の解決に応える商品やサービスを利用してもらい、売上に貢献する仕事です。

営業は単に自社の商品やサービスを売り込む仕事だと思われがちですが、実際には、顧客が抱える課題に対する解決方法を一緒に考え、それにふさわしい提案をするのが営業職の基本的なスタンスです。

優秀な営業は、決して立て板に水を流すようにトークが出来る人、押し出しが強い人、人の何倍もパワフルな人だけではないのです。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

営業職に求められる能力とは?

1. 良い第一印象を与えられる能力

取引先の担当者は、会社の代表として顧客に接することになりますので、行動の一つひとつが会社としての行動になります。

取引先と会社の関係性は担当者次第になります。第一印象が悪ければ、取引先との良好な関係を築くのは難しくなります。

会社代表として送り出せるのかどうか。

また、清潔感があり、マナーを守れ、感じの良いコミュニケーションができるかどうかを採用担当者は見ています。

2.相手の求めることに対して提案できる能力

取引を進めていく中で顧客のニーズを聞き出して理解して、どのようなことが実現できるのかを提案できれば、顧客の信頼を得ることに繋がり、会社に利益をもたらすことになります。

顧客のニーズを可視化し、すぐに掴むことができ、顧客の求める商品提案ができる人は営業で成功する可能性がかなり高いといえます。

3.情報を収集して分析できる能力

営業には、競合他社や取引先の動向などの情報を探し出してデータ化し、交渉や提案を進める能力が必要になります。

情報収集や分析を進める中で、想定外の課題が見つかることがあります。

数字などの根拠を明らかにしつつ、適切な施策を立案できるようになれば、顧客は安心して仕事を任せるようになってきます。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

転職の成功・失敗の分岐点

1.明確なビジョンや目標を持つ

転職に成功するためには、自分の将来に対するビジョンや目標を明確にする必要があります。

ゴールが定めると、それに至る道筋が見えてきます。

自分の将来に対するビジョンや目標があいまいなままに、転職することだけを目的にしてしまうと、転職しても満足できないばかりか、転職せずに今の職場に留まった方が良かったという結果にもなりかねません。

今の職場環境に対する不満をきっかけにして転職を考えることが少なくないようですが、他人に期待せず、自分を変えることで不満を解消できるのではないかなど、安易に転職することなく不満を解消する方策を考えることも必要です。

2.即戦力と適応力

転職する場合、転職先から求められるのは即戦力としての実力です。

客観的に評価されるだけの実力があるかどうかを冷静に見極めなければなりません。

当然、やる気や熱意だけではアピールするのが難しく、転職先に希望する企業の業務や特性に応じて、具体的にアピールすることができるだけのスキルや知識や実務経験が必要になります。

転職しようと考えてから、慌てて付け焼刃で即戦力になれるものではありません。

普段からキャリアビジョンや目標に基づいて自ら努力して学習し、身に付けるという姿勢と時間が欠かせません。

また、転職先での仕事は一人で行うにも限界があり、職場の上司や同僚のサポートを必要になります。

新たな人間関係を築きながら実績を上げる必要があり、新たな職場環境に溶け込む適応力も重要になります。

3.人脈を通じた情報収集

転職先を探す上で、情報は重要です。

最近では転職サイトなどオンライン上のサービスを利用するのが一般的ですが、このような誰にでも利用できる情報だけでは有利に転職活動を進めることはできません。

そこで独自の人脈を利用することができれば、転職に成功する確率が高まります。

当然、今の職場における立場を危うくしたり、円満な退職を妨げるような事態は避けたいものですが、積極的に転職先を探そうと社外の人とコンタクトを取ることは決して悪いことではありません。

未経験でも営業職への転職は成功するのか?

一般的に営業職は未経験からでも挑戦しやすい職種といわれています。

実際に未経験者歓迎の求人が多く、未経験からスタートして第一線で活躍する人もいます。

また、多くの業界で営業職は必要とされているため、営業経験があればそのスキルを活かして他業界に転職することも可能です。

入社後の研修や、実務を通じた指導で未経験者を育成していく企業が多く、専門的な知識・スキルは入社後に習得することが可能です。

営業職は、ヒアリング力、提案力、顧客サポート力など、ビジネスパーソンとして大切なさまざまなスキルをイチから磨き上げるうえで絶好のフィールドとなるでしょう。

営業職に興味はあるけれど自分にできるか不安、未経験でも挑戦できる求人が知りたいなど、転職に関する相談なら転職エージェントなどの転職支援サービスを利用するとよいでしょう。

求人サイトでは分からない詳しい仕事内容や企業情報を入手することも可能で、履歴書などの書類作成や面接対策などの具体的な準備もしっかりとサポートしてもらえます。

また、志望動機が思い浮かばない、自分の強みが知りたいという人も利用するとよいでしょう。

転職支援サービスはこちらをご覧ください。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

インターンシップとは何か?|参加者は本選考で有利になるのか?

インターンシップに参加することで、働くことや会社の雰囲気などを肌で感じることができます。 しかし、応募者が殺到する大手企業のインターンシップでは、参加者の選考が行われることがあります。 選考の形式は書 …

就活の軸|資本金や従業員数の多い会社に勤めることは本当によいことか?

転職する場合に企業の財務状況を確認するという場合がありますが、自分の給与や仕事内容とともに企業の安定性や将来性というのは非常に気になるところではあります。 インターネット上の求人情報にも、「資本金」や …

就活での質問への対策とは?|4つに集約されるパターンをマスターする!

就職活動の際、最も緊張する瞬間が面接です。面接は営業活動に似ています。 応募しているライバルの中から、自分を選んでもらわなくてはなりません。 面接官が本当に知りたい、質問の本質的な意図を察知し、それに …

就活の自己分析に役立つ診断ツールとは?|客観的な診断結果の利用法

この記事では就活でよく行われる自己分析について、役に立つ診断ツールを紹介します。 就活に必須と言われる自己分析ですが、なんとなく重要だと感じていても、就活における自己分析は何を目的として行うのか、疑問 …

TOEICは就活でどの程度重要視されている?|スコアの目安は?

就活にTOEICは必須ではありませんが、持っていると有利に就活を進めることができます。 企業は英語力がある学生をより求めている傾向があり、英語のスキルをエントリーシートに記載させる企業が増えてきていま …