就職・転職

就活を失敗した人のその後はどうなる?|復活への道のりはあるのか?

投稿日:2018年9月24日 更新日:

専門学校や大学を卒業したら、一般的には就職することになります。

中には就職留年をしたり、就活に失敗してフリーターやニートになってしまったりする人もいますが、このような結果になったとしてもどこかで挽回できるチャンスが巡ってきます。

就職に失敗して自分を否定されたような気持ちになる人も多いようですが、大学を卒業しても就職できなかった人はたくさんいます。

あまり自分を追い詰めず、違う道も視野に入れてみるのもよいでしょう。

就職活動失敗後どうなるの?

昔は終身雇用が当たり前でしたが、今は自分に合った職業に就くために転職を繰り返す人や定年まで勤めあげる前に転職や独立する人が増えてきました。

そのことを考えると、必ずしも焦って就職することが正解とはいえなくなってきています。

正社員として就職ができなかったとしても、いくつかの道があります。就職しないまま大学を卒業した場合、「大学院進学」「就職留年」「アルバイト」「派遣社員」「フリーター」などがあります。

ほとんどの場合は何かしら仕事をしなければいけない状況でしょう。

現にアルバイトや派遣社員として働いている人も多いです。

就職できなかったことで「レールから外れた」と感じると思いますが、自分を追い詰める必要はありません。

あまり周囲と比べてしまうと、自分を苦しめることになります。

就職した人でも3年以内に離職率が3割を超えている状況を鑑みると他の人と違う道を歩むことで「自分の視野を広げられる」というぐらい前向きに考えるほうがよいでしょう。

あまり道から外れることを恐れず、自分のペースでゆっくり進んでいくようにしましょう。

既卒にもチャンスあり!

就職せずそのまま卒業すると、新卒ではなく既卒扱いとなります。

既卒の求人は即戦力や経験を求められてくるため厳しいと感じるかもしれませんが、既卒を採用している企業は多いのでチャンスは十分にあります。

しかし、新卒と比べると既卒での応募は少し不利に働きます。

そこで自分1人だけでなく、既卒向けの就職サービスを活用するのがオススメです。

最近では就職や転職のサービスが増えてきているので、インターネットなどで情報収集をしてみましょう。

就職活動の経験を生かす

既卒の人は、まず「なぜ内定がとれなかった」という原因を分析しておくことが重要になります。

業界・職種を絞りすぎていたために失敗したという原因はよくあるケースです。

同じことを繰り返さなくていいように、視野を広げて企業探しすることがポイントになります。

また、面接で「なぜ在学中に就職できなかったか」という質問があるので、その点については対策しておきましょう。

理由については、嘘をつかず事実を述べ、卒業後の取り組みや努力について面接でアピールするようにしましょう。

そして、就職活動において考えおきたいことは、企業がどのような既卒の就活生(人材)を求めているかということです。

当然、企業によってそれぞれ異なってきますが、たとえば、「営業に長けた人材」「未経験でも貪欲に仕事を覚えて会社に貢献する覚悟ある」「マーケティング調査など分析力のある人材」などが挙げられます。

自分らしさを伝えるとともに、会社とどのようにマッチするかを説得力を持って言えるように準備しておくとよいでしょう。

自信をつけて就活失敗から巻き返す

就活に失敗しても、そこで人生が終わってしまうわけではありません。

前を向かずにいたら良い人生を歩めませんし、経済的にも精神的にも困窮してしまうというような末路になってしまう可能性が大いにあります。

一度就活に失敗したくらいで人生が決められるわけではない、自分次第で巻き返しを図ることはできるのだという強い気持ちで前に進みましょう。

まず、失敗の理由を突き詰めることが重要です。

その上で、目標を持ってそれを実現するためのスキルをつけましょう。

就活を失敗すると自信がなくなってしまって不安に駆られてしまいますが、目標を持ち自分自身をスキルアップさせることで気合も入りますし、自分自身を信じることができるようになります。

同じ失敗を繰り返さないためにも、新たなアピールポイントを身につけて自信を持って就活に挑みましょう。

既卒の就活にエージェントは不可欠!

新卒や中途の就活と比較して圧倒的に情報が少なく、特殊な形態である既卒の場合、エージェントの利用は不可欠です。

書店に行っても、ネットで検索しても既卒に関する就職活動のノウハウはそれほど多くありません。

そのため自力で就活を進めると、書類選考を通過できなかったり、面接のつまづいたりと、時間と体力を消耗し、かなり効率が悪くなります。

また、情報が不足しているため、企業情報の収集が疎かになり、ブラック企業に入社してしまう危険性が高まります。

効率的に就職活動を進め、希望の優良企業から確実に内定をもらたいのであれば、プロのサポートを受けられる就職エージェントを利用するのが得策です。

マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。

20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。

他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。

成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

どのように進めればいいのか分からない方でも大丈夫、まずは無料相談の申し込みからはじめましょう。

無料相談 ☞ マイナビエージェント

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

解雇予告手当とは?|解雇の内容で受給の制約はあるのか?

終身雇用制度の崩壊によりリストラなどによる解雇は、他人事ではありません。 解雇されることによって生活費の調達が困難となってしまう従業員(労働者)を保護するための制度が存在します。 労働基準法により、勤 …

面接に関するメール返信|日程や内定に関する連絡を受けたときの内容は?

就職・転職活動では、メールで企業とのやり取りをおこなうことも多いと思います。 一次面接、二次面接以降の面接を通過すると、次の面接日程調整のやりとりをメールで行う企業もあるでしょう。 そのときに企業宛に …

志望動機の例文で書き方のコツを掴む!|採用担当者が見るポイントとは?

応募先への熱意・意欲を自分の言葉で自由に伝えられる応募書類の志望動機欄は自分を一番アピールできる場所といえますが、書き方に悩む人も多いです。 特に新卒採用では、「志望動機」が非常に重要になります。 中 …

OBOG訪問で差がつく!|就活を有利にするための情報収集とは?

就活の肝といわれるOB・OG訪問は、就活において差がつけやすい情報収集方法ですが、だいたい全体の4割程度しか行っていないそうです。 早い人ですと3年のサマーインターン前から活動を開始している人もいるほ …

(転職)事務職を志望!|未経験でも人気の高い事務職へ転職できるのか?

事務職への転職は経験がない、資格をもっていない、新卒などの場合でも可能でしょうか。 事務職の仕事はノルマがないぶん作業的な仕事が多い職種ですが、「縁の下の力持ち」の言葉がしっかり当てはまるような、素晴 …