就職・転職

転職までの期間が長いと不利になる?|過ごし方や理由はどう考える?

投稿日:2018年2月3日 更新日:

会社を自己都合で退職し、就職活動して希望する条件に合う就職先が見つからず、気が付くと就職するまでの期間(無職期間)が長くなってしまったという人も多いのではないでしょうか。その時に問題になるのが、履歴書に書くことができない無職期間の存在です。

そういった無職期間をどのように面接で伝えるのが適切なのでしょうか。無職期間が短ければ大抵の人は勉強や自己研鑚など、当たり障りない答えで切り抜けますが、無職期間が長い場合だったら、どのように伝えますか。

無職期間の平均は3か月から半年くらいが多い

転職を思い立ってから仕事を替わるまで平均的な期間は、大体3か月から半年くらいといわれています。転職先の候補を見つけて、その企業の情報を集めて応募用の履歴書や職務経歴書などの書類を作成します。ここまでで大体、1カ月程度です。

応募してから面接までは募集している規模や会社によってかなり異なります。募集をかけてから締め切りまでにまだ時間がある場合、大規模な応募を行っている場合は応募してから面接までの期間が2か月近くかかることも珍しくありません。

これらを合計すると短くても3か月程度はかかるとみておいたほうがよいでしょう。

無職期間中にも税金や社会保険料の負担がある

退職後の無職期間中に負担する税金や社会保険料は以下の通りです。

  • 住民税
  • 健康保険料
  • 年金保険料
  • 介護保険料(40歳以上)

税金や社会保険制度は頻繁に見直されますので、詳しくは最寄の税務署や市役所などに確認しましょう。 なお、副業などを始めると所得税の支払いが発生する場合があります。

税金や社会保険料の合計金額は個々の収入の関係で一律ではありませんがが、大まかな金額は前年の年収の1割~2割程度が見込まれます。

無職期間が長いと転職では不利になる?

無職期間が半年を超えるようになると、だいたい面接でその期間に何をしていたのか深く突っ込まれます。半年を超えない程度であれば、就職・転職活動が長引いている事や勉強をしていた、実家の手伝いをしていた等々、色々な切り抜け方があります。

しかし、これが半年を超えるとなると、どうしても「何かの目的があったのだろう」と捉えられます。面接で無職期間について聞かれたら、前向きに取り組んでいた事柄を話すようにしましょう。それは、アルバイトでも勉強でもパソコンでも旅行でも何でも構いません。

面接官が「この無職期間は何をしていましたか」という質問する意図は、主に「仕事に対する意識・意欲は維持しているのか」「無職期間の過ごし方から人柄が知る」の点です。

無職期間が長くても、そのことを後ろ向きとはせず、「自分はその無職期間中に目的意識を持って生活していた」という立ちふるまいを企業にアピールすることがとても重要です。目的意識を持っていれば、転職で不利になることはありません。

面接時の無職期間の理由はどのように考えればよいか?

不利な状況を覆すためには実際に後ろ向きな日々を過ごしていたとしてもそれを理由としては話してはいけません。事実をそのまま話すと怠惰な人間、仕事嫌いな人間と捉えられて採用されません。

無職期間について聞かれたときは、その期間中に前向きなことをしていた内容を話しましょう。たとえば、何かの勉強をしてただとか、自己研鑽の内容は好まれます。また、仕事に生かせるような経験をしたということも好まれます。

不利な状況を覆すには無職期間どう過ごしたかだけではなく、熱意、志望動機などでしっかりアピールする必要があります。怠惰な人間ではないこと、これまでの仕事の経験に自信を持っていること、仕事へのモチベーションが高いことをしっかり伝えましょう。

無職期間中の過ごし方

転職する際は無職期間を設けないのが一番ですが、転職先の都合や雇用保険の都合などで動けない期間が出てくることもあります。そのような場合は事前にしっかりとした計画を立て、有意義に過ごすように心掛けることをオススメします。

生活パターンはできる限り、仕事についていた時と同じパターンを保つように心がけます。同じ時間に起床し、朝ご飯を食べ、出勤していた時間に合わせて身支度を整え、仕事が始まる時間には机でパソコンに向かうようにするのである。

転職活動を今の仕事とみなすことが重要です。この意識を持つことで自ずと思考が前向きになり、行動が伴うようになります。転職支援サイトの情報だけでなく、ハローワークに通うことも習慣にして地元の企業の求人情報もしっかりチェックします。

また、提出するための書類作成や面接のための準備をすることも立派な仕事の一つである。こうした作業もきちんとした生活パターンを保っているからこそ楽になります。

退職して自由な時間が増えるとはいえ、自分を甘やかすことなく、自分にどれくらい厳しくできるかが転職活動の成功の鍵を握っています。

無職期間は十分覆すことが可能

無職期間があることで転職時に不利になってしまうことは事実ですが、ただ、その不利な状況は十分に覆すことができます。企業側も優秀な人材、熱意のある人材を単に無職期間が長かったからという理由で採用しないということはありません。諦めずに転職活動を始めていきましょう。

転職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活の志望動機の書き方|説得力を持たせるポイントとは?【例文あり】

面接でほぼ必ず聞かれる、「なぜ弊社を志望したのですか」という質問。「志望動機=企業のいいところの羅列」になる学生が多いのですが、企業の良いところだけを話してもそれで「差のつく」内容にはなりません。 志 …

内定保留のしかた|悪影響を及ぼさないで関係を維持する方法とは?

企業から採用内定の連絡をもらった後に行うのが内定承諾の連絡ですが、内定をもらったけど、本命の企業からの選考結果がまだ出てないから保留したい場合、内定を少しの期間保留にしてもらうという選択肢もあります。 …

SPIテストで電卓は使用できるのか?|テスト前に必要な準備とは?

時間との戦いと言われるSPIテストは言語問題はともかく計算が多い非言語問題では電卓が使えれば何とかなると思う人も多いはずです。SPIテストの種類による電卓の利用可否や対策について解説します。 目次SP …

内定辞退の電話連絡|お互いに良い関係を築ける辞退のしかたとは?

複数の会社から内定をもらった状況で、他の会社への入社を決めた場合などに内定を辞退することがあります。内定辞退をする際、基本的には電話連絡をするものです。 複数の内定をもらえるのは嬉しいことですが、やは …

SCOA対策|公務員試験の攻略のカギ・対策・解答のポイントとは?

SCOA問題が筆記試験で出された場合、どんな対策を立てれば内定を獲得できるのでしょうか。実は一般企業も含めて最近の筆記試験で、SCOA問題を使うことが多くなっています。内定を取るために必要な知識なので …