就職・転職

大手企業にこだわる大手病は気にしない!|はじめは大手企業で働こう!

投稿日:2018年2月6日 更新日:

就活生のみなさんは企業を選ぶ際、どのような点を重視していますか。「大手」と呼ばれる、その業界でも規模の大きな企業を選ぶ人は多いです。大手企業で働くことや中小企業で働くことはそれぞれにメリット、デメリットがあります。

大手企業の方が人気はありますが、絶対に大手企業が良い、中小企業は辞めたほうが良いなんてことは決してありません。しかしながら、大手企業で働くことのメリットはかなり大きいです。デメリットは確かにありますが、最初の就職時は特にメリットが大きいでしょう。

しかし、あまりに大手企業に就職することにこだわりすぎる、いわゆる「大手病」になってしまうと視野が狭くなってしまい、本当に自分に合った企業選びができなくなってしまうかもしれません。

しかし、大手企業で働くことのメリットの大きさからそのようになってしまうのも致し方ない部分があるのかなと思います。

大手病とは?

いわゆる「大手病」とは就活において大手企業にしか目がいかなくなってしまうことです。特に新卒の就活生はまだ社会経験も少ないため、仕事を選ぶ基準が「大手かどうか」に偏る傾向が強いといえるかもしれません。

また、周りがそういった意見を言ったり、友人が大手企業に就職が決まったりすると自分も大手に就職したいという気持ちが必要以上に強くなる可能性もあります。大手企業に入社するということは自分を認めてもらえるという大きなメリットがあります。

そのため、将来設計や仕事のやりがいなどは度外視して、業界トップレベルの企業のみ就職活動を行い続けるのです。この時点で「業界トップの企業へ入社すること」がゴールに設定されてしまっています。

当然大手以外は選択肢にありませんし、中小企業へ就職することは恥ずかしいとまで思い込んでしまう傾向もあります。大手企業にしか関心が向かなくなるのは就職活動としてはよくありません。ゴールが入社となっている就活生は企業にとって必要ないのです。

大手病はよくないけれど

大手企業で働くことばかりを夢見て、大手企業しか受けないという人の多くは世間にも名前のしれているB to Cの会社ばかりであることが多かったりします。しかし、名前の知られていない大手企業は数多くあります。そのような会社を目指すべきです。

超一流の大手企業にこだわりすぎた大手病でなければ、大手企業にこだわるのは決して悪いことではありません。しかし、他人に自慢するという基準は捨てるべきです。自慢できても、楽しく働ける会社でなければ意味がありません。人生の満足度は下がる一方です。

どの会社に入りたいかではなく、どんな仕事をしたいかで会社を選ぶのです。楽しい会社を選ぶためには会社の雰囲気も知らなければなりませんし、さまざまな業界や会社から選ばなければなりません。

大手企業で働くメリット

1.安定している

大手企業でも大規模なリストラ、事業閉鎖のような事例もありますが、一般的な中小企業や独立を選ぶよりは圧倒的に安定しています。大手企業の経営不振やリストラなどがニュースで取り上げられていますが、中小企業の場合はリストラや倒産してもニュースにならないだけです。

2.残業代とボーナスの存在

中小企業に勤めても、基本給は意外と大手企業と変わらないケースが多くありますが、これは見せかけの月給を高くするために基本給を高くしているだけです。ボーナスは圧倒的に大手企業の方が高いので、年収で比較すると大手企業の方が中小企業よりも多くなります。

また、残業手当の存在も大きいです。中小企業では残業代が出ない会社は数多くあります。一般的なサラリーマンの年収の差は、ほとんと残業代とボーナスの差で決まります。

3.福利厚生が充実している

福利厚生でも大手企業が有利です。中小企業は福利厚生が充実している会社はほとんどありません。一方の大手企業はとんでもなく手厚い保護が受けられます。たとえば、以下のようなものがあります。

  • 社宅を完備、または家賃の補助
  • 充実した年金制度(厚生年金、共済年金、企業年金など)
  • 充実した保険制度(健康保険、失業保険、団体保険など)
  • 資格支援(英語学習などの費用補助)

4.転職が有利になる

大企業から中小企業への転職は簡単ですが、中小企業から大企業への転職はハードルがなかなり高くなります。最初に大手企業に入っておくことが、中小企業やベンチャーに入るよりもその後の選択肢が多くなるといえます。

能力があれば転職は可能だと考えがちですが、基本的には書類の段階で既に選考されるので能力をアピール機会すらありません。大手企業では、今でも様々な理由やしがらみで新卒至上主義がまかり通っています。

唯一、大企業から大企業への転職は可能性があります。一度レールから外れると大手企業で出世していく道は閉ざされます。

大手企業で働くデメリット

1.社内でしか通用しない仕事が多い

大企業で働く場合、大きな組織の中の小さな歯車になることが多くなります。その歯車としての専門的な教育を受け、業務を遂行していきます。しかし、他社では通用しない業務が多め、長く勤めていると転職する場合はこれがネックとなります。

ベンチャーの場合、営業から財務、人事まで複数の仕事を兼務することで仕事の幅が広がるのとは対照的です。

2.転勤

多くの大手企業において転勤は覚悟しないといけません。家族ができ、子供が生まれ、マイホームを買い、突然やってくるのが転勤です。人事ローテーションのためとはいえ、家族と離れて暮らすことに意味があるのか自問自答する人は多いようです。

3.仕事のスピード感がない

とにかく社内調整に時間がかかります。承認を得るために何人も説明しなければいけませんし、煩雑な作業が多くあります。基本的に大手企業は非常に保守的でミスを嫌います。前例を大きく変化させないようにゆっくりと業務は進んでいきます。

その点、中小企業においては意思決定が非常に早く、また方向転換も容易です。仕事のスピード感を望む人であれば、大手企業での仕事の進め方はデメリットに感じます。

最初は大手企業にこだわって就活しよう!

大手企業へ志望が偏る就職活動を見て、最近のアドバイスの中で、「中小企業にも将来性のある企業があるから、大手企業だけでなく中小企業にも目を向けましょう」みたいなものを見かけます。しかし、そのような将来性のある企業を見つけることができるでしょうか。

投資家がまだ誰も目を付けていない企業を見つけ出す作業と同じ力が必要となります。ほとんどの人は就職活動でそのような将来性のある中小企業を見つけることができないでしょう。

まずは、大手企業の就職することを目指して、就職後に今後進むべき道を考えていく方が回り道であるようにも感じますが、自分自身に納得できる答えが見つかるでしょう。

しかし、大手企業にこだわりすぎて選択肢を狭めてしまったり、精神的に追い込まれてしまったりするのはよくありません。大手企業に入れなかったからといって人生が終わるわけではないということだけは、忘れないようにしてください。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

プロパー社員の実情に迫る!|中途入社社員との待遇の違いとは?

「プロパー」の意味はご存知ですか?プロパーとは英語のproperであり、多くの意味がある語ですが、ここでは「正式の、固有の」という意味合いで使われます。 プロパー社員という言葉を聞いたことがある人も、 …

転職成功の秘訣とは?|転職エージェントの選び方で結果に大きく差が出る

現在は求人数も増えてきていますので、就職先を見つけやすくなってきています。ハローワークで求人を探すだけでなく、ほかの就職・転職サイトも見て、より条件のいい正社員の求人を探してみてはいかがでしょうか。 …

(転職)未経験職種への挑戦|スムーズに進めるためのポイントとは?

「未経験歓迎」「未経験可」などを転職サイトや求人票でよく目にしますが、本当に「未経験」で応募できるものなのでしょうか。企業が未経験者を採用することは、転職希望者だけでなく、企業にとってもメリットがあり …

社会不適合者ではないかという不安|主な特徴と仕事への向き合い方とは?

自分は社会不適合者なのではないかと不安を持っている人は割と多いと思います。しかし、ほとんどの場合、それは杞憂です。多くの人がイメージする社会不適合者と真の社会不適合者には、実際にかなりの違いがあるから …

就活での封筒の書き方|印象をよくするために必要となるマナーとは?

就活では履歴書の送付などで封筒を郵送する機会が多いですが、封筒に書き方に悩む就活生が意外と多いです。普段、封筒を使う機会が少なく、いきなり企業に郵送するとなると封筒の書き方で悩むのは当然です。 封筒の …