就職・転職

内定承諾書添え状の書き方【例文あり】|書類受領後の手続きとは?

投稿日:2018年4月1日 更新日:

就職活動のゴールは言うまでもなく、企業から内定をもらうことです。苦労して全ての選考を突破、これで内定をもらって、就活は終わりだと思っていたら最後に何か書類を書かされました。一体これは何だろうか。

実は会社から内定承諾書の提出を求められます。就職活動のゴールともいえる儀式です。しかし、ここで気を抜いてはいけません。なぜなら4 月から始まる社会人としてのスタートに影響を及ぼすことがあるかもしれないからです。

内定承諾書とは?

企業から内定の連絡を受けた後、ほとんどの場合、内定承諾書の提出を求められます。内定承諾書とは、書面で内定を承諾することを確認するためのものです。「入社承諾書」、「就職承諾書」や「内定誓約書」とも呼ばれています。

あなたが転職活動に労力を費やしたように、企業もあなたの内定を決めるまでに多くの時間、労力、お金を費やしています。企業としては、せっかくよい人材を見つけたのですから、ここで内定を辞退されてしまうことはなるべく避けたいのです。

そこで、「正当な理由以外は入社する」という約束を、書面で結ぶために取り交わすのが、内定承諾書です。会社側としては、よほどの理由がない限り、内定辞退を避けたいのが本音です。内定承諾書は、いわば内定辞退を防ぐ役割を果たしているといえるでしょう。

内定承諾書をもらった後の手続き

1.内定承諾書を受け取るタイミング

内定承諾書は、内定が決まった後に、内定者に郵送する企業が多いようです。内定通知を始め、入社手続きに必要な書類とともに送られてきますので、入社する意思が固まったら、できるだけ早く必要書類と共に内定承諾書を提出します。

一般的には郵送で行いますが、内定式で内定承諾書の提出を求める企業もあります。式典の内容は企業の大きさや社風によって異なりますが、入社の事務手続きや内定者同士の親睦を兼ねた食事会、業務内容の説明などをすることが多いようです。

2.内定承諾書の書き方

内定承諾書は、会社によって書式が異なります。内容を確認して、必要事項を記載します。日付、住所、氏名を記載し、捺印をするものが多いようです。また、社会人のマナーとして、添え状を作成して同封するのがよいでしょう。

3.添え状

内定承諾書の添え状に書くべき内容は以下のとおりです。

  • 日付(発送日)
  • 宛先名(会社名、送り先部署名、担当者名)
  • 差出人の情報(自分の住所、(大学・学部名)、氏名、電話番号、メールアドレス)
  • タイトル(書類送付のお知らせ 等)
  • 拝啓(より丁寧に書く場合は謹啓)
  • 時候の挨拶
  • 内定に対するお礼の言葉
  • 本題(具体的な書類の内容)
  • 締めの言葉(入社後の抱負・意欲など)
  • 敬具(謹啓の場合は謹白)
  • 書類の種類、部数
  • 以上

書類作成にあたり、文末には「以上」は忘れないようにしましょう。これは大切なマナーです。添え状を作成したら、誤字・脱字や紙の汚れがないかを確認し、問題がなければ郵送します。なお、添え状の作成は手書きでもパソコンでもどちらもでかまいません。

手書きの場合は丁寧な印象を与えられる、パソコンの場合は文書作成のスキルをアピールすることができるメリットがあります。

○内定承諾書の添え状の書き方【例文】

まず、投函する日付を右寄せ、宛先は左寄せにして、敬称に間違いのないよう注意します。差出人の住所や氏名は右寄せで書きます。以下は例文です。

○○年○○月○○日

△△株式会社

人事部 ご担当者様

〒111-1111 東京都○○区○○町○丁目

鈴木○○

電話:080-0000-0000

E-mail:XXXXX@XXX.jp

書類送付のお知らせ

拝啓

○○の候、貴社におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

この度は内定を頂きましたこと誠に感謝申し上げます。

つきましては、ご指示いただいた書類をご送付いたしますのでご査収の程よろしくお願い申し上げます。

身を引き締め、日々精進していく所存ですのでご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

敬具

同封書類

  • 内定承諾書 1部
  •  ………   ○部

以上

4.郵送方法

会社への提出方法は郵送が一般的です。返信用封筒が同封されている場合は、そちらを使用します。返信用封筒がない場合は、内定承諾書を折らずに封入できる白い封筒を用意します。

【郵送時の注意点】

  • 白い丈夫な封筒を使用する
  • 封筒の表面に「内定承諾書在中」と記載する
  • 送り先の住所は省略せず、都道府県から記載する
  • 宛名は企業、部署宛の場合は「御中」、個人宛の場合は「様」と記載する
  • 封筒の裏面左下に氏名、住所を記載する
  • 雨や汚れを防ぐため、クリアファイルに書類を入れてから封筒に入れる
  • 紛失を避けるため、書留で郵送する
  • 添え状を同封する

内定承諾書を提出したら必ず入社しないといけないのか?

内定承諾書に法的な効力はないので、会社に提出した後でも辞退することは可能ですが、内定を出してくれた会社に大変な迷惑を掛けてしまうということを忘れてはいけません。企業側は、決められた採用計画に基づいて内定を出しています。

書面に署名捺印することの意味と重要性を考えましょう。

どうしても辞退しなければならない時の対応

内定を辞退しなくてはならない場合、一番大切なことはできるだけ早く企業に連絡を入れることです。企業側は入社準備を進めています。連絡が遅くなると、採用計画の立て直しにも大きな影響があるため、迷惑をかける結果になります。

気まずい気持ちもわかりますが、内定辞退の意思は電話で伝えます。メールや手紙では相手が確認したか分からず、後々トラブルにもなりかねないので、意思疎通をきちんと取れる電話がベストです。

誠意を持って謝罪をした後、辞退の理由について簡潔に述べるようにしましょう。

内定後のミスマッチを防ぐ目的で就職エージェントの活用する

どのような会社かわからずに就職活動を進めてしまった場合、面接段階で違和感を感じて内定後に辞退するか悩んでしまう人もいます。一人で就職を進めるのが不安な方は、就職支援を行っているエージェントを利用するのもオススメです。

エージェントは、多くの就職に携わってきたプロのアドバイザーに相談しながら、就職活動を進めることができるメリットがあります。就職活動を進める上で大切なポイントやコツを学ぶことできます。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

面接に関するメール返信|日程や内定に関する連絡を受けたときの内容は?

就職・転職活動では、メールで企業とのやり取りをおこなうことも多いと思います。一次面接、二次面接以降の面接を通過すると、次の面接日程調整のやりとりをメールで行う企業もあるでしょう。 そのときに企業宛に、 …

内定保留のしかた|悪影響を及ぼさないで関係を維持する方法とは?

企業から採用内定の連絡をもらった後に行うのが内定承諾の連絡ですが、内定をもらったけど、本命の企業からの選考結果がまだ出てないから保留したい場合、内定を少しの期間保留にしてもらうという選択肢もあります。 …

総合職と一般職の違いとは?|どのような判断基準で応募すればよいか?

就職活動をしていると、会社の募集職種欄に「総合職」「一般職」「エリア総合職」と書かれているのを見かけます。中には職種別採用は行っていないと書かれていることもあります。これらの違いは何か、よく分からない …

OBOG訪問で差がつく!|就活を有利にするための情報収集とは?

就活の肝といわれるOB・OG訪問は、就活において差がつけやすい情報収集方法ですが、だいたい全体の4割程度しか行っていないそうです。早い人ですと3年のサマーインターン前から活動を開始している人もいるほど …

転職でハローワークを利用する!|事前準備と上手な利用方法とは?

仕事を探す場所といえば、ハローワークですが、就職・転職活動のために初めてハローワーク(公共職業安定所)に行くときは少し不安になるかと思います。服装や必要な持ち物など事前に確認できるものは準備しておきま …