仕事と技術

「戦略」と「戦術」の意味の違い|ビジネスにおける使われ方とは?

投稿日:2018年3月30日 更新日:

軍事で用いられてきた「戦略」と「戦術」は広く用いられるようになって、ビジネスでも活用される用語となりました。組織の優劣はトップによって決まるともいわれるほど、チームを率いるリーダーの存在は大きいものです。

組織運営手法は会社の経営を左右するといっても過言ではありません。リーダーが目指すべきビジネスモデルを語る際、戦略や戦術という言葉を使いますが、この二つはどちらも戦争やビジネスを行う上で重要なもので、その意味には違いがあります。

元々は軍事用語の言葉

1.軍事目的の戦略

大局的な視野から戦争に勝つことを目的として立てる総合的かつ長期的な計画のことです。戦争そのものの勝利や、戦争の勝敗を分けるような重大かつ長期的な戦闘に関して、全体として持つ計画です。

大局的に考えて資源をどのように動かしていく必要があるかと考えるのが基本となっていて、個々の現場での具体的な資源の動かし方はその考え方に基いて判断されるべきという方針になります。全体として向かうべき方策という位置づけをすることもできるでしょう。

2.軍事目的の戦術

個々の戦闘における兵力や兵糧などの資源を使用する手段やその計画のことです。想定されている個々の戦闘において、資源度どのように動かすかの具体的な計画を表すものです。

誰がどのように行動し、どの資材をいつどこに動かすのかといったことを細かに定めることになります。

ビジネスにおける使われ方とは?

ビジネスにおいても、この「戦略」と「戦術」は、耳にする機会が多い言葉です。大量生産や大量販売のビジネスモデルが成り立ったバブル経済とは違い、企業に戦略と戦術がなければ勝てない時代になってきましました。

会社経営における「戦略」と「戦術」は以下のようになります。

1.ビジネスにおける戦略とは?

戦略とは、英語でWhat(目的)です。今まで延長でいるのではなくて、何をすればいいのか、何をすれば儲かるのかを考えることからスタートします。企業が進むべき方向や経営の考え方を明らかにするものです。

そして、将来の進むべき方向性とシナリオを描き、他社との競争優位をいかに確立するかを考えます。

2.ビジネスにおける戦術とは?

戦術とは、英語でHow to(手段)です。今までのやり方を大きく変えることなく、現状の延長線上でのやり方や方法を改善することです。たとえば、業務を標準化して効率化を図ることで、正確にオペレーション(操作)を維持管理します。

3.戦略と戦術のどちらが重要か?

創業段階であれば、毎日悪戦苦闘を繰り広げているため、初めのうちは戦術的な対応で十分かもしれません。中小企業で創業段階をクリアしている企業は少なく、多くの会社がある程度の所で停滞しているか、倒産してしまう状況にあります。

いかなる戦術も戦略に勝てないという言葉があるように、戦術として常に新しく出てくるソーシャルメディアを使った広告方法やノウハウばかりを追っていても、競合相手に戦略的な企業が現れたら対抗することはできません。

これに対抗するには、当然戦略的にビジネスを進める必要があります。まずはビジネス戦略を固めて、それから有効な戦術を選択して市場を攻めるというのが一般的な会社経営の方法です。

戦術に関する情報は、短期的で即効性があるのでビジネスマンに人気がありますが、数は少ないが戦略の重要性を理解している人は、やはり継続的に安定した利益を出し続けています。

成長している会社の「戦略」と「戦術」に対する理解とは?

成長している会社は、社長の方針を自分たちの事業に合わせて翻訳しています。役員、部長、課長となるにしたがって、より具体的に、かつ行動につながるような内容に翻訳されていきます。つまり、戦略を戦術にブレークダウンしている会社が成長しているといえます。

経営戦略が実行につながるために大切なことは、戦略と戦術に整合性があり、連携していることが不可欠になります。戦術までブレークダウンしたものが重点施策です。重点施策とは、企業が経営戦略を実行するために、重要と判断された具体的な施策です。

たとえば「どのような新規事業をいつまでに立ち上げるか」というような施策です。重点施策は日々の経営活動やプロジェクト活動を通じて実行されます。このような形で運営されている会社は成長しています。

スターバックスコーヒーの事例から学ぶ戦略と戦術見出し

次はビジネスにおいてどのように使われるのかを見てみましょう。グローバル展開が進むスターバックスコーヒーを例に挙げてみます。

1.戦略

家庭と職場の間の第3の場所としての地位を確立する戦略を立てています。

2.戦術

戦術として、厳選豆の引き立てコーヒーの提供、バリスタの起用、こだわりの内装、セット販売しないことなどを実行しています。

価格設定が比較的高いにも関わらず、成功しているのは、スタバらしさの付加価値のついている一杯のコーヒーに対して、客がその付加価値を理解しているためであり、戦略と戦術がマッチしている例といえます。

自分のスキルや能力の適正な年収の相場がいくらになるのか気になりませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。サービスの利用はすべて無料のため、気軽に相談できます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。登録は無料で、求職者は全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「幸いです」の意味と使い方|ビジネスにおける使用上の注意点とは?

ビジネスメールではストレートすぎる表現を使うと上から目線の文章になってしまいがちだからです。特に文末の表現には注意が必要です。たとえば、メールの文末に「~してください」という表現はストレートな印象があ …

名刺の英語表記の作り方|よく使われる役職名や部署名などの英語表記は?

最近、名刺の裏面に英語表記をする人が増えています。外国人と名刺交換をしたり、海外で名刺を渡したりする場合は英語表記の名刺を交換するのが一般的です。 英語表記の名刺を作成しようとすると「どの表現を使うの …

仕事でよく怒られるのはなぜ?|怒られる人の特徴とその対処法とは?

仕事をしていると、どんなに気を付けていても、上司や取引先の人に怒られることがあります。会社員時代、怒られることが多かったです。その原因は様々でした。当時は新入社員ということもあり、至らない点が多かった …

「恐縮」の意味と使い方|ビジネスにおける使用上の注意点とは?

「恐縮」という言葉は、ビジネスメールの中や目上の人との会話の中でもよく出てくる言葉の一つです。「恐縮」の意味や使い方を紹介します。何気なく使用される単語ですが、使い慣れている人が多い分、意味や用法を意 …

やる気が出ない原因とは?|やる気を出させる効果的な方法とは何か?

あなたは仕事でやる気が出ないときはないだろうか。やる気は仕事を行う上での動力源であり、やる気が出なければ思うように仕事がはかどりません。やる気が出てこないと、そのまま手付かずになり時間だけが過ぎていき …