仕事と技術

会社に行きたくないときの解決方法とは?|まずは気持ちの立て直しから

投稿日:2017年8月9日 更新日:

誰でも一度は、「明日、会社に行きたくない」「もう会社を辞めたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。

そして、「会社に行きたくない」と思った自分を責めてしまい、どうしたらいいのか悩んでしまう人も少なくありません。

「会社に行きたくない」や「会社を辞めたい」という感情は、決して悪いことではなく、とても人間らしく自然な感情なのです。

しかし、「会社に行きたくない」などの感情が軽く考えられるものとも思っていません。

どうすればいいのか本当にわからないという人もいると思いますが、「会社に行きたくない」と思う自分と向き合う必要があります。

会社に行きたくないときの解決方法

仕事が辛くて行きたくないが、どうしても行かなくてはいけないというときに、気持ちを立て直して、出勤できる方法を探ります。

1.職場の人間関係に悩んでいる場合

職場に嫌いな人や苦手な人はいますか。

もしいるとすれば、あなたが仕事に行きたくない本当の理由は、そこにあるのかもしれません。

つまり、職場の人間関係です。

(1)苦手な理由を考える

職場にいる苦手な人とはどのような人物でしょうか。

必ず、苦手な理由があるはずです。

まずは、この苦手な理由を明確にします。

たとえば、「仕事を押し付けてくる」「嫌がらせがひどい」など、過去に苦手になった理由や相手の言動があるはずです。

また、苦手な相手を嫌な対象として見るよりも、少し冷静になって客観的に見てみることも良いでしょう。

客観的に見ることで、人間関係の課題が見えてきます。

つまり、対処法も見つかる可能性が上がるのです。

まずは人間関係を築くための第一歩として苦手な理由を考えます。

(2)苦手な人との距離感を保つ

人間関係では距離感が大切です。

距離感というのは、物理的な距離感というよりも精神的な距離感です。

この距離感が近すぎても遠すぎてもよくありません。

さらに、相手によって距離感が変わります。

相手がどのような人かというのを観察して、良い距離感を保つことが職場の人間関係を良くする方法です。

相手のことが嫌いという場合は、距離感が近すぎるのかもしれません。

また、気になるというのは、どこかで相手を意識しすぎているということです。

この場合は、相手との距離感を離してみるとよいでしょう。

逆に、「意味もわからず悪口を言われた」などの場合は、相手に無関心で距離感が遠くなっている可能性があります。

なぜなら、「意味もわからない…」というのは、相手に興味がないから理由もわからないのです。

この場合は、少し相手と話す機会を設けるなどしてみると良いでしょう。

話してみると案外、お互いが勘違いしていたということも少なくありません。

2.仕事がきつい場合

最近よく聞くのは、サービス残業や休日出勤などの「ブラック企業」です。

不当な労働条件のもと、きつい仕事に従事している人は自然に疲れがたまります。

仕事は人生のすべてではありません。

仕事での評価だけがあなたの人としての価値を表すわけではないのです。

仕事とは、人生という大きなパズルのひとつのピースに過ぎないのです。

会社や仕事に人生を支配されるのではなく、バランスのいい生活を心がけるようにしましょう。

労働状況があまりにも過酷な場合は、上司に直接訴えるなどの措置を自分で行動を起こすべきです。

体調不良が続いている場合は、休養が必要のS.O.S.のサインです。

これを見て見ぬ振りをして無理に仕事を続けると知らず知らずのうちに蓄積したストレスから心の病になってしまう可能性が高いです。

そうなってしまうと完治させるのにとても時間が掛かってしまうので厄介です。

休むことで周囲に迷惑をかけてしまうなど不安はつきまとうでしょうが、そこは今後の自分のためと思って、上司に正直に体調不良だということを告げて休みましょう。

しかし、上司が対応してくれない場合、上司よりも上席の立場の人に訴えることも必要になります。

最近ではブラック企業を告発できる外部機関も存在するため、真剣に職場環境の改善を望むのであれば、外部への告発も検討してみましょう。

3.仕事のミスで会社に行くのが辛い場合

仕事で何か大きな失敗をしたとき、誰でも落ち込み、会社に居づらくなります。

上司からの期待が大きいと失敗のショックが大きくなります。

周囲の白い眼を想像しただけで会社に行きたくないと気持ちが塞がってしまいます。

大人であっても失敗をすることはあります。

周囲の人間に頭を下げ、すっきりしたところで再び仕事に励みましょう。

どんなに大きなミスでも落ち度でも、日々の努力の積み重ねで解消するときはきますので、時間がかかっても自分の尻は自分で拭く、大人としての姿勢を貫きましょう。

良い経験を積んだと考えて前向きに生かせればプラスに作用します。

事実は同じでも捉え方を変えるとその後の経験や結果が変わります。

4.好きな仕事でないためにやる気が出ない場合

今の仕事が本当に望んでいる仕事ではない場合、会社に行きたくないと考えることがあるかもしれません。

自分が心から望んだ仕事であれば、生きがいを持ってやることが出来るのに何でこの仕事をしなければならないのだろうかと考える人もいるでしょう。

誰しもが希望通りの仕事に就けるわけではありません。

本当にやりたい仕事が別にあるのならば、それに向けて日々の努力を積み重ねることをオススメします。

働きながらでも転職の準備で取資格取得や語学を磨くことが出来ます。

何よりも希望する仕事でなくても目の前の仕事に一生懸命に取り組める人間こそ、どんな仕事でもどんな職場でも能力を発揮できる人間なのだと気持ちを切り換えて、望まぬ仕事と手を抜かずに、真摯にこなす姿勢が大切です。

下積みの経験は、どんな職種に転職しても自分の大きな財産となります。

会社に行きたくない自分を大事する

「努力をしていれば、いつかは報われる」といいますが、人生には、自分の努力ではコントロールできないことが多いため、すべてにおいて報われることは残念ながらありません。

特に会社の仕事は努力が報われることは少ないと考えておいた方がよいでしょう。

毎日努力をして働き続けても、会社自体がつぶれてしまえばその仕事を続けることはできません。

これまでの評価も一瞬でなくなってしまいます。

そのため、努力すればいつか報われると信じるのは、自分にとってとてもツラい考え方になります。

自分でコントロールできないことは、無理に意識せず、自分でコントロールできることに注力することが大切になります。

幸せや充実を感じる方法はたくさんあります。

今の自分を大きく変えなくても、場所や時間の使い方、付き合う人を変えるだけで人生を変えることができるのです。

自分のいる環境自体を変えることも検討する

1.配置転換など社内で環境を変える

同じ会社でも、部署や業務内容が違うだけで状況が改善されることがあります。

キャリアチェンジが可能な職場であれば、配置転換を希望できる可能性があります。

その場合は上司に相談するとよいでしょう。

2.思い切って転職する

異動願いを希望しても異動ができない、上司に相談しても改善策が得られないなど、自分から職場の環境を変えるのが難しいケースもあります。

そのような場合、無理に会社に留まらず、転職を検討してみましょう。

転職先でも今の状況と同じにならないようにするために、転職活動を始めるときは転職エージェントに相談してみるのがオススメです。

求職者の悩みと向き合ってカウンセリングをしてもらえます。

転職するか悩んでいる、どんな職種の求人があるのか知りたいという相談でも利用できます。

マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。

20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。

他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。

成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

どのように進めればいいのか分からない方でも大丈夫、まずは無料相談の申し込みからはじめましょう。

無料相談 ☞ マイナビエージェント

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。



-仕事と技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「参事」とは役職名なのか?|会社内ではどのような立場の人なのか?

部長・課長といった一般的な役職ではないものも増えてきており、相手がどんな立場でどんな責任を持っているのかが掴みにくくなってきています。 中でも参与や参事を良く聞きますが具体的にはどのような役職なのでし …

出世する人の特徴|同僚に差をつけて厳しい競争を勝ち抜く方法とは?

出世したいと思っているけれど、なかなか出世することが出来ないという悩みを持つサラリーマンは多くいます。 また、入社したのはいいけれど、同期と差がつき、焦りを感じているという若手社員もいると思います。 …

退職金の相場・平均額は?|退職金の計算方法や受給時のポイントとは?

退職金の相場は、勤務年数や退職理由、企業規模によって異なります。 定年退職や転職による退職など、辞める日が近づいてきたら退職金のことが気になりますと思います。 退職金で損をしないためにも、退職金とはど …

「表題」と「標題」の違いや使い方|ビジネスメールでの使い分けとは?

ビジネスメールで「表題の件」という文言を見たことはありませんか。 「標題の件」と共にメールのタイトルを指す言葉でビジネスメールなど固い内容の文面でよく使われます。 たとえば、「表題(標題)の件について …

返信用封筒の返信のしかた|封筒に書かれた宛先の書き換えのマナーとは?

返信用封筒や返信用ハガキが入っていたとき、宛名に「行」「宛」が添えてある場合がほとんどです。 これを送り返すとき、「行」「宛」を書き換えるということは知っていても、どのように修正すればよいか分らなくな …