仕事と技術

会社に行きたくないときどうする?|気持ちを立て直して解決する方法

投稿日:2017年8月9日 更新日:

誰でも一度は、「明日、会社に行きたくない」「もう会社を辞めたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。そして、「会社に行きたくない」と思った自分を責めてしまい、どうしたらいいのか悩んでしまう人も少なくありません。

「会社に行きたくない」や「会社を辞めたい」という感情は、決して悪いことではなく、とても人間らしく自然な感情なのです。しかし、「会社に行きたくない」などの感情が軽く考えられるものとも思っていません。

どうすればいいのか本当にわからないという人もいると思いますが、「会社に行きたくない」と思う自分と向き合う必要があります。

会社に行きたくないときの解決方法

仕事が辛くて行きたくないが、どうしても行かなくてはいけないというときに、気持ちを立て直して、出勤できる方法を探ります。

1.職場の人間関係に悩んでいる場合

職場に嫌いな人や苦手な人はいますか。もしいるとすれば、あなたが仕事に行きたくない本当の理由は、そこにあるのかもしれません。つまり、職場の人間関係です。

(1)苦手な理由を考える

職場にいる苦手な人とはどのような人物でしょうか。必ず、苦手な理由があるはずです。まずは、この苦手な理由を明確にします。たとえば、「仕事を押し付けてくる」「嫌がらせがひどい」など、過去に苦手になった理由や相手の言動があるはずです。

また、苦手な相手を嫌な対象として見るよりも、少し冷静になって客観的に見てみることも良いでしょう。客観的に見ることで、人間関係の課題が見えてきます。つまり、対処法も見つかる可能性が上がるのです。まずは人間関係を築くための第一歩として苦手な理由を考えます。

(2)苦手な人との距離感を保つ

人間関係では距離感が大切です。距離感というのは、物理的な距離感というよりも精神的な距離感です。この距離感が近すぎても遠すぎてもよくありません。さらに、相手によって距離感が変わります。

相手がどのような人かというのを観察して、良い距離感を保つことが職場の人間関係を良くする方法です。相手のことが嫌いという場合は、距離感が近すぎるのかもしれません。また、気になるというのは、どこかで相手を意識しすぎているということです。

この場合は、相手との距離感を離してみるとよいでしょう。逆に、「意味もわからず悪口を言われた」などの場合は、相手に無関心で距離感が遠くなっている可能性があります。なぜなら、「意味もわからない…」というのは、相手に興味がないから理由もわからないのです。

この場合は、少し相手と話す機会を設けるなどしてみると良いでしょう。話してみると案外、お互いが勘違いしていたということも少なくありません。

2.仕事がきつい場合

最近よく聞くのは、サービス残業や休日出勤などの「ブラック企業」です。不当な労働条件のもと、きつい仕事に従事している人は自然に疲れがたまります。仕事は人生のすべてではありません。仕事での評価だけがあなたの人としての価値を表すわけではないのです。

仕事とは、人生という大きなパズルのひとつのピースに過ぎないのです。会社や仕事に人生を支配されるのではなく、バランスのいい生活を心がけるようにしましょう。労働状況があまりにも過酷な場合は、上司に直接訴えるなどの措置を自分で行動を起こすべきです。

体調不良が続いている場合は、休養が必要のS.O.S.のサインです。これを見て見ぬ振りをして無理に仕事を続けると知らず知らずのうちに蓄積したストレスから心の病になってしまう可能性が高いです。そうなってしまうと完治させるのにとても時間が掛かってしまうので厄介です。

休むことで周囲に迷惑をかけてしまうなど不安はつきまとうでしょうが、そこは今後の自分のためと思って、上司に正直に体調不良だということを告げて休みましょう。しかし、上司が対応してくれない場合、上司よりも上席の立場の人に訴えることも必要になります。

最近ではブラック企業を告発できる外部機関も存在するため、真剣に職場環境の改善を望むのであれば、外部への告発も検討してみましょう。

3.仕事のミスで会社に行くのが辛い場合

仕事で何か大きな失敗をしたとき、誰でも落ち込み、会社に居づらくなります。上司からの期待が大きいと失敗のショックが大きくなります。周囲の白い眼を想像しただけで会社に行きたくないと気持ちが塞がってしまいます。

大人であっても失敗をすることはあります。周囲の人間に頭を下げ、すっきりしたところで再び仕事に励みましょう。どんなに大きなミスでも落ち度でも、日々の努力の積み重ねで解消するときはきますので、時間がかかっても自分の尻は自分で拭く、大人としての姿勢を貫きましょう。

良い経験を積んだと考えて前向きに生かせればプラスに作用します。事実は同じでも捉え方を変えるとその後の経験や結果が変わります。

4.好きな仕事でないためにやる気が出ない場合

今の仕事が本当に望んでいる仕事ではない場合、会社に行きたくないと考えることがあるかもしれません。自分が心から望んだ仕事であれば、生きがいを持ってやることが出来るのに何でこの仕事をしなければならないのだろうかと考える人もいるでしょう。

誰しもが希望通りの仕事に就けるわけではありません。本当にやりたい仕事が別にあるのならば、それに向けて日々の努力を積み重ねることをオススメします。働きながらでも転職の準備で取資格取得や語学を磨くことが出来ます。

何よりも希望する仕事でなくても目の前の仕事に一生懸命に取り組める人間こそ、どんな仕事でもどんな職場でも能力を発揮できる人間なのだと気持ちを切り換えて、望まぬ仕事と手を抜かずに、真摯にこなす姿勢が大切です。

下積みの経験は、どんな職種に転職しても自分の大きな財産となります。

会社に行きたくない自分を大事する

「努力をしていれば、いつかは報われる」といいますが、人生には、自分の努力ではコントロールできないことが多いため、すべてにおいて報われることは残念ながらありません。特に会社の仕事は努力が報われることは少ないと考えておいた方がよいでしょう。

毎日努力をして働き続けても、会社自体がつぶれてしまえばその仕事を続けることはできません。これまでの評価も一瞬でなくなってしまいます。そのため、努力すればいつか報われると信じるのは、自分にとってとてもツラい考え方になります。

自分でコントロールできないことは、無理に意識せず、自分でコントロールできることに注力することが大切になります。幸せや充実を感じる方法はたくさんあります。今の自分を大きく変えなくても、場所や時間の使い方、付き合う人を変えるだけで人生を変えることができるのです。

仕事で悩んでいませんか? 転職のプロがあなたの不安を解消!

自分の働き方について疑問や悩みを抱えている人は、一人で抱え込まず転職に関するプロに相談することをオススメします。もちろん転職するか決めていなくても、お気軽に問い合わせすることができます。

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

フレックスタイム制で効率的な働き方を実現!|メリット・デメリットは?

フレックスタイム制と聞くと、とても柔軟な制度であり、労働者にとっても使用者にとっても効率的な労働環境を構築することに一役買ってくれます。柔軟な働き方で通勤ラッシュに遭わずに済むというイメージを持ってい …

窓際族はおいしいポジションなのか?|最終的に行き着くところは?

出世コースから外れて閑職についた中高年サラリーマンはよく「窓際族」といわれています。窓際族のイメージは年齢を重ねたベテランの社員で会社の隅の方へ追いやられている人だと思います。 まともに業務も持たず、 …

お詫びメールの書き方のポイントとは?|謝罪の誠意が伝わる例文を紹介

ビジネスで起りがちな手配ミスやクレーム対応など様々な場面で使えるお詫びメール。ミスをした場合、その対処法によってビジネスマンとしての信頼が保たれるか失われるかが決まってきます。 ミスは誰しも経験してし …

上旬・中旬・下旬とはいつからいつまで?|ビジネスでの使い方とは?

「上旬」「中旬」「下旬」という言葉を普段何気なく使っていますが、具体的には何日から何日までと決まっていて、その定義に基づいて使うのか、どのようなときに使うのが良いかなど、深く考えたことを今までありませ …

アウトソーシングの意味とは?|導入するメリットとデメリットとは何か?

アウトソーシングは外部(アウト)からの調達(ソーシング)を意味します。すべての業務を社内だけで完結している企業は存在しないでしょう。アウトソーシングは、仕事を担う人やサービスを、契約によって外部から調 …