仕事と技術

社内ニートになってしまった!|転職せずに脱出を目指すか転職するか

投稿日:2017年8月2日 更新日:

会社に行っても仕事がない。近頃、よく聞く「社内ニート」。その意味は、「会社内」と「ニート」の組み合わせ通り、社内の仕事が与えられず、ニートのように暇を持て余している人のことをいいます。

かつては働く気のない中年に多く、窓際族と呼ばれていましたが、最近では若者の社内ニートも増えているようです。日々忙しく、業務に追われている人にとっては羨ましく聞こえるかもしれませんが、実際にそうなってしまうと、実は非常に辛いことなのです。

会社に行っても仕事がない人の分類

会社に行っても仕事がない人のことを、「社内ニート」、「社内失業」、「窓際族」と呼んでいますが、それぞれの言葉で使われるニュアンスは若干異なります。

1.社内ニート・社内失業

社内ニートと社内失業は同じ意味で、会社員ではあるが仕事を与えられずに、ほぼ働かずに就業時間を過ごしている人のことを指します。ニートは就学や就労もせず、さらに求職活動等も行っていない就労意欲のない人を指します。

2.窓際族

窓際族は社内ニートや社内失業と同様に会社に勤めているものの仕事がない人のことを指しますが、主に中高年の場合に使われます。出世できなかった中高年の社員や管理職から外れた中高年の社員を窓際に追いやるということから、窓際族と呼ばれるようになりました。

社内ニートが発生する要因

社内ニートが発生する要因として、長引く景気低迷で事業が縮小し、仕事が減っても簡単に解雇できないことや若手社員を育成する余裕がなく、放置され続けられていることにより、社内ニートが発生するといわれています。

仕事のモチベーションが高い人ややる気がある人が社内ニートになってしまった場合はとても辛い心理状態となってしまいます。

社内ニートになりやすい人の特徴

社内ニートになりやすい人の特徴は、以下のような人に多く該当します。

  • 仕事が嫌いで仕事を出来るだけやりたくない人
  • 自分に与えられた仕事しかしない人
  • 与えられた仕事だけを時間をかけてやろうとする人

与えられた仕事をしているので一見問題ないように感じるかもしれませんが、根底には仕事を出来るだけやりたくないという考えがあるので、与えられた仕事しかしないという行動スタイルが見られます。

与えられた仕事以外のことをしないわけですから、必然的に重要な仕事からは除外されていきます。与えられる仕事が少なくなっていくことになります。このような状況になると周囲にも認識され、社内でも浮いた存在になります。

また、自分自身が必要とされていないと感じることも増えてくることになるでしょう。これは年齢に関係なく起こり得る状況ですので、新入社員であっても社内ニートになる可能性はあるわけです。

そのようにならないためも自分自身の仕事に対する取り組み方から見直していかないといけません。また、上司に対しても仕事への熱意があることを認めてもらう必要があります。

社内ニートからの脱出! 転職せずに生き残る方法

1.積極的な勤務態度を見せる

社内ニートになる人の多くが仕事をしているつもりになっている状態になっていることなのです。担当している仕事の量に満足している人や、新しい仕事への意欲が全くない人は、積極的な勤務態度を見せることで社内ニートを脱出できるかもしれません。

この「仕事をしているつもり」のタイプの人は、周囲からの評価は良いですが、上司からの評価は悪い場合がほとんどです。それは、周囲の社員から見れば、仕事はきちんとこなす人と認識されても、上司からは積極性のない社員と認識されています。

積極的に業務をこなし、今まで以上に成果をアピールすることで積極性をアピールすべきです。

2.無駄な残業をしない

社内ニートが無駄な残業をする原因は2つあります。1つはスケジュール管理が下手で時間内に業務が終わらないという場合。そして、もう1つは残業は仕事を多くしているという間違った認識を持っている場合です。

スケジュール管理が下手な人は数多くいますが、このタイプの人の中にも種類があって、実際はスケジュール管理が苦手なわけではないのに残業する前提でスケジューリングする人もいます。

それは、残業代のためだったり、残業している人が仕事をしていると思っていたりとその理由は様々あります。本当に仕事ができる人は、何か特別な事情がない限り、残業はしないものです。意味もなく残業をしている人は、もうすでに社内ニートの候補になっているかもしれません。

3.スピードよりも内容重視の仕事をする

社内ニートの特徴の1つに「仕事のスピードは速いが、小さなミスが多い」ことが挙げられます。

たくさんの仕事をこなすことができますが、ミスが多いと直す時間もかかってしまい二度手間になり、結果的には他の人よりも時間がかかることで、社内での信用を失ってしまうというマイナスの結果になってしまうこともあります。

ミスのない仕事をするというのは、企業に勤める社会人の常識です。その基本がなっていない人には新しい仕事を任せようという気にはなりません。社内ニートになってしまった原因は意外と自分にあるのかもしれません。

4.社内のコミュニケーションを意識する

仕事をする上で一番大切なのは、社内でのコミュニケーション能力です。上司や先輩とのコミュニケーションは社内ニートにとっては難しい課題かもしれません。しかし、転職せずに社内ニートを脱出するにはとても重要なことです。

ミスを指摘されたり、先輩や上司から怒られたりした時に人のせいにする社員や新しい仕事を依頼されたときに「忙しいから無理」とすぐに断ってしまうような人は、周囲とのコミュニケーションが上手くいっていないかもしれません。

周囲からは仕事を頼むのが面倒な人と思われてしまう可能性も多いです。もらえる仕事はできる限り受けて、一生懸命な姿勢をアピールすれば社内ニートを脱出できるかもしれません。

5.日々の仕事に刺激を取り入れる

基本的には毎日同じ作業ばかりで、飽きてくる人も多いかもしれません。30代、40代にもなると仕事内容はある程度知っていて、毎日同じ業務をこなしているとそう思いたくなります。しかし、それでは仕事がマンネリ化してしまって、やる気がなくなってしまうことも多いです。

それが原因で社内ニートになってしまう人も決して少なくありません。仕事に刺激を取り入れるためにも目標設定や積極的に新しい仕事を提案したりするなど、今までにないスタイルで仕事をするとよいでしょう。

また、上司や先輩と仕事について話し、仕事に対しての意識を高めるのもオススメです。やる気に満ち溢れた先輩に話を聞いてみると自分自身にもやる気が起きて、そのやる気が認められて、社内ニートを脱出できるかもしれません。

転職のプロがあなたの不安を解消!

どうしても改善されない場合、転職を検討した方がよいかもしれません。

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

出向の意味とは?|給与の扱いや転籍・配置転換との違いとは?

勤務先の会社で配属先が変更されることを「人事異動」といいますが、人事異動は「配置転換」、「出向」、「転籍」の3種類に分類されます。「配置転換」「出向」「転籍」はそれぞれ内容が異なりますので、その法律上 …

「寸志」と「志」の意味|書き方・渡し方のマナーや金額の目安は?

お金や品物を贈る際の表書きに「寸志」や「志」という文字が使われているのを見たことはありませんか。似たような言葉ですが、「寸志」と「志」にはどのような違いがあるのでしょうか。 馴染みのない言葉のため、そ …

証憑書類とは?|代表的な証憑書類と保存期間・整理保存する必要性とは?

企業間の取引では、請求書や領収書などの証憑(しょうひょう)書類が発行されるのが一般的です。証憑書類にはどのようなものがあるか、きちんと覚える必要はありませんが、事業上の取引があったことを証明する書類で …

「退社」「退職」「退勤」の違い|それぞれ意味や正しい使い方とは?

会社勤めの人にとって電話対応は避けては通れないものです。たとえば、電話がかかってきて、担当者がすでに家に帰ってしまっている場合、どのように答えますか。 「○○はすでに退社(退勤、帰宅)しております」 …

顛末書の書き方のポイント及び例文紹介|始末書との違いを理解する

顧客との取引でミスを起こし、上司から「顛末書(てんまつしょ)を書いて欲しい」と指示があったとき、書き方が分からず、困った人がいるかと思います。普段から「顛末書」を目にする機会などあまりないかもしれませ …