就職・転職

仕事が辛いとき転職を考えるべき?|精神的な負担を軽減する対処法とは?

投稿日:2018年12月14日 更新日:

「今の職場の仕事はどうしても好きになれない」「仕事のことを考えると憂鬱になってしまって職場に行く気になれない」「職場の人間関係が悪い」などで、仕事に行くのが辛いと感じながらも無理して仕事をすることは、それだけでも十分によく頑張っていることだと思います。

しかし、自分に合っていない職場で働いているとどうしてもネガティブな気持ちになってしまいます。そして、こうした思考が続くと負の感情が増幅しているまま働き続けても自分だけが辛い状態から抜けられなくなるだけです。

このような場合、どのように対処すればよいか解決法を紹介していきます。

仕事が精神的に辛くなる原因とは

仕事が精神的に辛くなる原因は大きく3つに分類できます。

  • 職場の人間関係が悪いことや労働時間が長いなど環境に問題がある
  • 仕事のノルマなどがきついことややりがいがないなど仕事内容に問題がある
  • 仕事ができないことや成果が全く出ないなど自分の能力に問題がある

自分の能力に関して、以下のように本人の性格にも原因があります。

1.頑張りすぎる

自分の体力や精神的なキャパシティを越えるほどに働いたり頑張りすぎると、心身が限界を感じてしまう可能性もあり、あまりの忙しさや大変さに精神的に辛くなることがあります。

2.気を遣いすぎている

人間関係に気を遣い過ぎることで、言いたいことが言えなかったり、相手の気持ちや意見を考えて発言をしたりしており、なかなか自分の意見を優先することができていないことがあります。

その結果、自分の希望が思うように叶わず、他人ばかりが優遇される状況になり、心が疲れてしまうことがあります。

3.真面目すぎる

一般的には真面目な人に対して、良い印象を持っている人が多いでしょう。実際に、模範的な行動が多く、時間や約束をしっかり守る人もたくさんいて、真面目な人には素晴らしい人が多い印象を受けます。

しかし、真面目な性格のために、仕事を上手くはかどらせるために自分を犠牲にすることが多くなり、ストレスを抱え込む状況が続くと心も疲れてしまうことがあります。

仕事が辛いと感じたまま仕事を続けるリスクは?

仕事が辛い思いを抱えたまま仕事を続けるのは、将来リスクに繋がることがあります。

「休みたい時もある」「仕事で辛いこともあるが、まだまだ頑張れる」というように、気持ちに余裕があるとき、また、上司に相談すればすぐに解決できそうなときは、仕事を辞めずに続けたほうがよいでしょう。

しかし、あまりにストレスがある状態で辛い仕事に耐え続けていると、心の病気や身体を壊す原因になることがあります。そのような事態を招いてしまう前に、どうすれば現状を変えられるのかを早い段階で考えることが大切になります。

仕事に行くのが精神的に辛いときの効果的な対処法とは?

1.仕事に行きたくない時は無理をせずに休む

仕事の内容によって異なりますが、会社へ行きたくないときは無理をせずに休むのも効果的な対処法の一つです。精神的に辛いときは心と身体の両方をしっかりと休めて、リラックスやリフレッシュを意識するのがとても大切になります。

自分を守るためと勇気を持って休むようにしましょう。

2.精神的に楽な仕事を探してみる

今の仕事を続けることに対して限界を感じている人は、精神的に楽な仕事に変えることも一つの方法です。

気苦労が多かったりノルマがきつかったりするとストレスが溜まりやすいため、「ノルマに追われない」「人間関係に疲れない」といったような仕事は、精神的なストレスを溜め込まずに続けられます。

上司や会社に担当替え、部署の異動を申し出るなど行動を起こしましょう。

3.自己嫌悪に陥らないようにする

仕事で辛いことがあって、業務も人間関係も上手くいかない時、自己嫌悪に陥る人がいます。自己嫌悪に陥ると精神的に落ち込んで、更に状態が悪化します。まずは、その心理から抜け出すことから始めなければなりません。次のような対処法が効果的です。

  • 自分が接していて安心できる人と付き合って自尊心を持つこと
  • 自己嫌悪ではなく反省をして次の仕事に活かすこと
  • 素直に自分の非を認めて相手に報いようと考えること

自分には何の価値もないと捉えると仕事に対するモチベーションは更に下がりやすくなるため、自己嫌悪に陥らないように注意しましょう。

職場環境が原因で精神的に辛い人は転職を視野に入れる

職場環境が原因となっている場合、改善することが難しい場合もあります。このような状況下では、転職するというのも選択肢の一つになります。転職することのメリットは、下記のようなものが挙げられます。

  • 今の職場環境で生じるストレスは無くなる
  • 会社によっては経験が評価され、給与・待遇面に反映される可能性がある
  • 環境を変えることで気分一新でき、前向きな気持ちで仕事に取り組める

現状の悩んでいる環境からは確実に抜け出せることは転職の大きなメリットです。自分一人では解決できない問題、既に手は尽くした、体力的・精神的に限界が近づいているなどという人はこのメリットだけでも転職する価値がありそうです。

また、転職は自分の市場価値を知った上で様々な選択肢を選べるのも転職のメリットです。自分に対する評価の面でも可能性を広げてくれるのが転職です。企業によっては、自分の経験や磨いてきたスキルを高く評価してくれるということもあるでしょう。

ただし、悩みを解決するためにも転職は慎重に行うようにしましょう。また、同じ悩みを抱えないためにも、転職先は選び方から見直すようにしましょう。自分が大事にしたい条件は何なのか、洗い出して優先順位をつけておくと、スムーズに進みます。

一人で、悩んでいても解決できないときは、信頼できる人に相談することをおすすめします。 客観的な第三者のアドバイスが欲しいという方は、就職・転職支援を行っているエージェントを利用するのも一つの手です。

転職のプロがあなたの不安を解消!

自分の働き方について疑問や悩みを抱えている人は、一人で抱え込まず転職に関するプロに相談することをオススメします。もちろん転職するか決めていなくても、お気軽に問い合わせすることができます。

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

(転職)事務職を志望!|未経験でも人気の高い事務職へ転職できるのか?

事務職への転職は経験がない、資格をもっていない、新卒などの場合でも可能でしょうか。事務職の仕事はノルマがないぶん作業的な仕事が多い職種ですが、「縁の下の力持ち」の言葉がしっかり当てはまるような、素晴ら …

インターンのメール返信の極意|好印象を与えるポイントとは?

就活の第一歩となるインターンシップに参加する際、エントリー後の面接の日程調整などがメールで行われることがあります。 多くの学生はビジネスシーンでのメールのやり取りに慣れていないため、どのように返信した …

面接のコツ|面接官が見ている採用に繋がるポイントとその対策とは? 

ほとんどの企業の採用は面接第一主義です。事前準備をせずに面接に臨むのであれば、時間の無駄になります。面接に臨むならば「内定」を勝ち取りたいところですが、面接を苦手とする人が多いのも事実です。 多くの就 …

就活の電話マナーのポイント|心に留めておきたい電話の基本事項とは?

就活において、企業の採用担当者と選考・面接以外で直接コミュニケーションをとらなければいけないのが電話です。顔が見えないために誤解を生じやすいツールでもあることに注意が必要です。 採用担当者に良い印象を …

仕事のモチベーションが上がらない|転職を考えるべきか?

なぜか疲れを感じ、仕事する意欲が湧かない、モチベーションが上がらず一向に作業が進まない。仕事をする上で、意欲的に考え行動することが大切だと分かっていながら、どうしてもやる気が出ないことがあります。 一 …