就職・転職

手取り年収と税込年収の違いとは?|年収比較で収入の多さは分かるのか?

投稿日:2018年12月20日 更新日:

住宅ローンを借りる場合など、「年収の○○%まで」などという表現をよく見かけます。ほかにも家を借りるとき、転職のときに記入が必要になったり、クレジットカードの申し込みや婚活でも記入が必要になることがあります。

この「年収」とは一体何を指すのか、1年間で手にすることができるお金なのか、源泉徴収票に書かれている支払金額なのか、人によって解釈が異なるように感じます。

この年収という言葉はいろいろな場面や日常の会話でも出てきますが、その意味をきちんと説明できるかどうか、といわれると戸惑ってしまう人も少なくないかと思います。

手取り年収と税込年収との違いとは?

1.手取り年収とは

「手取り年収」とは、会社から1年間に支給された全てを合計した総支給額から各種社会保険料(健康保険や厚生年金など)、所得税、住民税を引かれた後の金額のことをいいます。基本的には手取り年収が実際に手元に入ってくる金額ということになります。

ただし、会社で加入している個人保険や社宅を借りているなど、上記の税以外に給与天引きされている場合は手取り年収からさらに少なくなります。なお、正社員の場合、手取り年収は総支給額の8割程度が目安になります。

2.税込年収とは

会社から1年間に支払われる金銭の合計額です。賞与や役職手当、資格手当、残業手当、家族手当などの各種手当など、会社から金銭で受け取る全てが含まれます。

総支給額から健康保険や厚生年金などの社会保険料、所得税、住民税などが引かれて給料として支払われますが、これらが引かれる前の金額のことをいいます。実際に自分の手元に入ってくる金額ではありません。

税込年収は1月~12月の収入の合計を算出し、源泉徴収票に記載されます。

3.一般的に使われる年収は税込年収

一般的に使われる年収とは、税込年収のことであり、たとえば住宅ローンやクレジットカードの審査の際に記入する年収は税込年収を書くことになります。

また、求人広告などに書かれている年収も税込年収(額面年収)のことであり、手取りでもらえる金額ではありませんので注意してください。

税込年収だけで収入の多さの比較は難しい

税込年収だけでは、収入の多さを比較することができません。たとえば、サラリーマンと自営業で比較すると難しいことが分かります。

サラリーマンは会社の給料から、その額に応じて税金などが自動的に引かれます。サラリーマンが節税できる内容が個人事業主と比較して非常に少ないのが実状です。

一方、自営業などの個人事業主は、様々な費用を経費化することで課税対象額を下げ、節税することが可能です。サラリーマンの方が年収は高いけれども、個人事業主のほうが豊かな生活を送っていることはいくらでもあるのです。単純に税込年収で比較はできません。

また、サラリーマン同士の比較においても、会社の福利厚生の差(特に家賃補助)などで、年収の高低と、自由にできるお金の多さが逆転することは多くありますので、サラリーマン同士でも年収で比較することができません。

あくまでも目安程度にしかなりません。転職などで年収を比較する際は、このようなことがあることを認識しておく必要があります。

条件の良い企業への就職・転職するにはどうする?

年収が少ないと感じて、今の仕事を続けても年収アップが見込めない人は、転職を考えてみるのもよいかもしれません。

一般的に転職すると年収が下がるという状況から転職に不安になる人もいるようですが、現在の勤続年数や職務経験、持っているスキルや資格によっては、今よりも給与の良い企業への転職ができることもあります。

一度、転職エージェントに相談することをオススメします。

自分のスキルや能力の適正な年収の相場がいくらになるのか気になりませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。サービスの利用はすべて無料のため、気軽に相談できます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。登録は無料で、求職者は全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活時期はいつからスタート?|就職協定のルール廃止とその影響とは?

建前では、就活は大学3年生の3月からスタートして、大学4年生の6月に面接が解禁されて、内定がもらえるスケジュールになっています。しかし、実際はこれよりも前にスタートしています。 就活の失敗を防ぐため、 …

休職すると給料はもらえない?|休職手当や制度はどうなっているの?

給料は労働の対価として支払われています。もし、病気、ケガなどで休職せざるを得なくなったとき、休職中の給料はどうなるのでしょうか。休職中に給料がもらえないと生活に支障を来たすので、手当の有無が気になりま …

派遣先から直接雇用は本当に大丈夫か?|実現の可能性はどうなのか?

正社員と派遣社員の大きな違いは、福利厚生などの待遇と安定性です。正社員は会社と直接雇用で結ばれていますので、生活が安定して、福利厚生を受けることができます。 今は派遣社員で働いていても、いずれは正社員 …

賞与の平均はどのくらいか?【2018年】|転職時における注意点とは?

求人情報の給与の支給条件に賞与(ボーナス)年2回、決算状況により決算賞与を年1回支給など、就職活動や転職活動をしている新卒者や既卒者、第二新卒者の人にとって、仕事探しの重要条件になります。 求人情報を …

会社を辞めたいが言いにくい|その心理になる原因と対処法とは?

会社を辞めたいと決心したはずなのに会社を辞めづらい、辞めたいけど言いにくい。特に職場の上司や同僚がよい人ばかりとなれば、固く決めたはずの転職の決意も鈍ってしまうかも知れません。 では、人員不足や少人数 …