就職・転職

就活に英語力は必要か|効果的な英語力のアピールのしかたとは?

投稿日:2019年7月12日 更新日:

就活に英語力は必要だと思いますか。外資系企業など一部の企業では、採用条件として高い英語力を求めています。

高い英語力を求める企業に応募する人は、すでに英語を勉強していることでしょう。

一方、高い英語力までは求めていない企業に応募する場合、英語力があるとアピールした場合、選考で有利になるのかという疑問を持っている人もいると思います。

また、英語力に自信がなく、苦手意識のある就活生の場合、就活を有利に進めるために得意でない英語の勉強を必要になるか気にしている人もいると思います。

企業は英語力をどのような基準で見ているのでしょうか。

☞ 就活に有効な無料の高精度自己分析ツールが使える『OfferBox 』とは?

就活に英語は必要か

外資系の場合、社内公用語が英語ということがあったり、入社後すぐに英語で仕事をしなければならないということもあるでしょう。

このような場合は英語力がなければ話にならないということもあり、英語力は必要になります。

一般企業でも社内公用語、あるいはTOEICの超えるべきスコアを設定するなど、さまざまな英語への取り組みを行っている企業もあるので、英語力がないことでまったく採用されないことはありませんが、英語ができると就活での選択の幅は広がることは確かです。

英語ができないよりは、英語ができるほうが選べる会社は増えるのです。

しかし、英語ができないと話にならないというはありませんし、英語ができるほうが入社後も出世に有利になるかは疑問です。

就活時期に少し勉強した程度のレベルの英語は必要ありません。

就活のために英語を学んでいるだけでは将来活用することができないことがほとんどです。

実際、英語ができなくても海外勤務になることはよくあることで、それでも意外となんとかなってしまうものです。

英語ができない場合でも諦めずに英語以外にアピールできるものを見つけてライバルとの差別化を図ることを考えましょう。

一般企業は英語力をどのような基準で見ているのか

英語を必要としない企業の場合、英語力は大きく評価されることはありません。

英語力はスキルのひとつではありますが、どんなに優れた能力を持っていてもそのスキルを仕事に活かすことができなければ意味がないからです。

英語力があれば仕事ができるとはいえないので、仕事ができそうだという判断を英語力で見るような企業は多くないでしょう。

しかし、英語力自体が評価されないだけであって、英語力がある背景を評価することはよくあります。

つまり、英語力をつけるまでの過程や努力はプラス評価されやすいということになるでしょう。

外国語を身に付けることは常に大変なことです。

身に付けるためにどれだけの努力をしたのか、どのような困難があったのかを併せて伝えれば、よりプラスの印象を与えることができます。

☞ オファー型就活サイト『OfferBox 』とは?

就活で英語力をアピールする際の注意点

英語力はアピール材料になりますが、英語力がないと採用されないというのは大きな誤りです。

英語力がアピールするほどのレベルにない人でも内定をもらったという例があるため、チャレンジするのをやめてしまうのは非常にもったいないことです。

就活で英語をアピールにしない場合、TOEICスコアが600点以上あれば評価の対象に入ってきます。

エントリーシートや履歴書に記載する程度にとどめて、将来を見据えて、英語の勉強にも取り組んでいるとさりげなくアピールするとよいでしょう。

一方、英語力を評価対象とする企業を目指すのであれば730点以上、外資系企業では800点以上のスコアを持っておきたいところです。

英語力をアピールするのであれば、英語のスキルは「手段」であって「目的」ではないことを意識するべきです。

たとえば、「英語を使って仕事がしたい」ではなく、「英語力があるからできること」を意識してアピールするように努めましょう。

英語力は上手にアピールすることで就活が有利になる

英語力は身に付けて無駄になるスキルではありません。外資系はもちろんのこと、英語を特に必要としていない一般企業であっても、英語力は評価の対象になり得ます。

相手の立場に立ってアピールの仕方を考えましょう。

高い英語力があるからとそれだけで満足してはいけません。

どれだけ高い英語力を持っていても仕事に役立てることが出来なければ意味がありません。

自分の本質の能力をアピールし、加えて高い英語力をどのように仕事に生かすかをアピールすることで、さらにプラスの評価を得ることはできます。

英語力は就活の武器になりますので、上手にアピールして就活を有利に進めていきましょう。

特技を活かせる企業を探そう!

英語を仕事で活かしたいのであれば、その能力を活かせる企業を探してみましょう。

グローバル化が進む昨今、英語力を求める企業は増加していますが、すべての企業で必要とされているわけではありません。

英語以外にも取り組んできたスキルや特技が活かせる仕事をしっかりと探すことが就活の成功への近道といえます。

一人で探すのは難しいと悩んでいる人は就活支援サービスの利用がオススメです。

就活のプロがマンツーマンで相談に対応します。

【就活生の4人に1人が登録!】オファー型就活サイト『OfferBox<オファーボックス>』

OfferBoxは、逆求人サービスにおける利用企業数業界1位です。

しかも、自己分析テストや就活イベントもある逆求人に留まらない就職サイトです。

利用企業数 5600社以上(2019年12月時点の実績)で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)などが利用しています。

オススメするOfferBoxのポイント3つ

  • 大手からベンチャーまで数多くの企業からのオファーが来る!
  • 高精度な自己分析ができる!
  • 単なる逆求人サイトに留まらずイベントが豊富!

学生に対して一斉スカウトメールを送れない仕組みをとっているため、迷惑メールがなく、プロフィールや強みをしっかり見たうえで、スカウトメールが届くので安心です。

また、OfferBoxには高機能な自己分析ができる「AnalyzeU+」と他己分析もできる「適性診断360度」があります。

これらの適性診断の結果をもとに、自己PRをさらに磨くことができます。

さらに、選考直結するインターンや業界研究まで様々なイベントに参加することができます。

まずは、あなたの価値を知るために自己分析からはじめましょう。

無料登録 ☞ OfferBox

この他にも特色のある就活サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

転職成功のポイントとは?|優先事項の確認と入念な企業調査で実現可能!

終身雇用の考え方が少しずつすたれ始め、転職を経験する人が増えています。 それと同時に転職しないほうがよかったと後悔する人も増えているのも事実です。 転職の何をもって成功、失敗なのかという基準は、人それ …

就活履歴書の書き方|面接官の興味を引く趣味・特技の書き方【例文あり】

就職活動では履歴書の作成は必須です。 履歴書やエントリーシート(ES)に「趣味・特技」の欄は必ずあります。 「当たり障りなく書けばよい」と考えている就活生も多いかもしれません。 しかし、趣味・特技の欄 …

履歴書に印鑑は押さなければならないのか?|押印欄が無い場合は?

コンビニや書店、文房具店など市販で売っている履歴書を見てみると、「押印(印鑑を押す)欄」がない履歴書が多くあります。 ビジネスシーンにおいて、重要なビジネス文書には印鑑が必須です。 履歴書も重要なビジ …

面接やインターンシップを無断欠席|逆転で内定を勝ち取る方法とは?

インターンシップは職場の雰囲気など実際に会社に行って経験することができる制度になっていますが、この大切な場面で無断欠席してしまったら・・・ 本選考を諦めていませんか。心配しなくても大丈夫です。 内定に …

転職までの期間の対策は?|無職期間の過ごし方や理由はどう考える?

会社を自己都合で退職し、就職活動して希望する条件に合う就職先が見つからず、気が付くと就職するまでの期間(無職期間)が長くなってしまったという人も多いのではないでしょうか。 その時に問題になるのが、履歴 …