就職・転職

内定保留のしかた|悪影響を及ぼさないで関係を維持する方法とは?

投稿日:

企業から採用内定の連絡をもらった後に行うのが内定承諾の連絡ですが、内定をもらったけど、本命の企業からの選考結果がまだ出てないから保留したい場合、内定を少しの期間保留にしてもらうという選択肢もあります。

内定をもらったけど回答を延長したい、保留したいというのは一見わがままかもしれませんが、内定辞退や内定保留は悪いことではありません。理由を正直に話すと企業も理解してくれるでしょう。

どのように内定保留の連絡すれば悪影響を及ぼさないで関係を維持できるのでしょうか。

内定保留はよくあることなのか

就活において応募する会社は一社ではなく、複数あると思います。「志望するいくつかの企業から内定をもらった」「これから受ける企業の方が志望順位が高い」「他の企業の内定結果待ち」など、どの企業に入社するか悩むことがあります。

そのような場合、焦って返答せず、いったん内定を保留し、じっくり考えるという方法もあります。内定通知が来たからといって、その企業に就職しなければいけないという決まりはないのです。

就職は人生の一大イベントですから、会社側もすぐに返事ができるものではないということは当然分かっています。そのため常識の範囲内であれば返事を待ってくれる会社もあります。

内定保留による企業側の印象

内定保留は、その企業に不安要素があるということや、他に気になっている企業があるということを示していることになります。入社意思があまり高くないのではないかと企業側から思われてもしかたないことです。

しかし、企業側もある程度は第一志望でない就活生について理解があるため、極端に悪い印象を抱くことはありません。内定を保留する就活生は毎年一定数いますし、企業側も内定保留を見越して採用活動をしています。

ただ、企業側が内定保留を見越したうえで採用活動を行っているとしても、自分の都合だけを押し付けるのは人としてマナー違反となります。企業側に少なからず迷惑をかけてしまうことを認識して内定保留を申し出るようにしましょう。

内定保留期間の目安

内定保留の目安は、おおむね一週間とされていますが、全ての企業が内定保留に応じてくれるわけではありません。企業によっては、その場で返事をするように求められる場合もあるので注意しましょう。

他の結果待ちなどで、一週間以上内定保留をしたい場合はその理由を正直に話すのが最も確実です。他の企業の選考結果が出てから決めたい、両親に相談したいと思うのであれば、そのように伝えた方がよいでしょう。

誠意のある対応を心がけて行動することが大切になります。

内定保留をするリスク

内定通知書には返事の期限が記載されています。その期限は、内定通知書を受け取った1週間後から1か月後に設定されていることが多いため、考える時間はあります。

企業側も現在の就職環境を考慮したときに、内定保留や内定辞退が出ることは当然想定していますが、返事が遅いようであれば志望順位が高くないと思われてしまう可能性はあります。

しかし、それによって仮にその企業に入社したとしても配属に影響が出たり、職場の人間関係に影響するほどの大きなリスクは考えなくてよいでしょう。

ただ、期限内に返事ができれば問題はありませんが、期限を超えると内定取り消しにつながる可能性があるので注意しましょう。

内定保留の注意点

内定保留は企業にとって少なからず負担が発生します。以下の点に注意して内定保留の連絡をしましょう。

1.期限は自分から提示する

「○月○日までに返事をさせて頂きます」と自ら期限を伝えることで、企業側の業務への影響を少なくし、内定保留後の対応がしやすくするようにします。

2.保留の理由は素直に伝える

志望度の高い他社の選考結果待ちなど、内定保留の理由はいくつかあるでしょう。そのまま伝えることに抵抗あると思いますが、正直に話すことは内定を出してくれた企業に対する誠意になります。

また、場合によってはその企業に入社する可能性もあるため、言い訳はせずに本当の理由を述べることが大切です。

3.誠意をもってお願いする

内定後は、基本的には早めに返答するのがマナーです。保留の連絡をする際は、丁寧な言葉と態度を心がけましょう。

4.入社意欲があることを伝える

内定をすぐに承諾しなかったことで、企業側は入社意欲が低いのではないかと思うかもしれません。

そのように思われないためにも「依然として魅力を感じていること」「他に選考を受けている会社も見極めたい」「比較検討して就活に何の後悔もなくスッキリと入社をしたい」など、入社の意志があるからこそ真剣に悩んでいるということを伝えましょう。

内定保留期間が他社の結果通知に間に合わない場合

内定企業から保留期間を指定され、他社の結果の確認できない場合や内定保留自体を断られた場合は、内定を受諾するか辞退するかを決めなければなりません。内定企業の採用通知書に目を通し、労働条件や職場環境、仕事内容などを再確認します。

その中で自分の希望条件や優先としている条件をどれほど満たしているかを判断材料とします。書かれていること以外に気になる点があれば、企業側に必ず確認を取りましょう。

また、内定保留を断られ、強引に受諾を迫るような企業の場合やどうしても他社の結果を確認したい場合は、内定取り消しを覚悟して他社の結果を待ちましょう。

なお、内定を保留した後に受諾を決意したら、待ってくれたことへの感謝や入社に対する熱意を伝え、好印象に繋げましょう。

内定を辞退するときのマナー

第一志望の企業から内定があったなど、内定辞退を決めた場合はその旨を早めに伝えることが大切です。内定辞退の連絡はメールで済ませることはせずに誠意を込めて電話で直接伝えるのがマナーです。

電話をかける時間帯にも注意し、始業や終業時間の前後、昼食時間帯は避けるようにします。また、内定を受諾後の内定辞退はマナー違反になります。入社の準備をしている企業に多大な迷惑をかけてしまうので、内定受諾の返答は慎重に行いましょう。

なお、内定受諾や内定辞退に関して、第三者からアドバイスを受けたいという方は、就活エージェントなどの就活支援サービスの利用がオススメです。内定の保留や辞退などの企業への連絡にも対応しています。

就活支援サービスでは、求職者一人ひとりに専任のキャリアアドバイザーが対応して、就活、一人では大変な就活を効率的にサポートします。後悔のない就活で、希望の内定を手に入れましょう。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活を失敗した人のその後はどうなる?|復活への道のりはあるのか?

専門学校や大学を卒業したら、一般的には就職することになります。中には就職留年をしたり、就活に失敗してフリーターやニートになってしまったりする人もいますが、このような結果になったとしてもどこかで挽回でき …

短所の「優柔不断」を長所に言い換える|面接時でのアピール方法とは?

就職活動において、面接時で長所と短所を聞かれることが多くあります。そのとき、悩みどころとなるのは短所の答え方です。短所はネガティブなものなので内容と伝え方を間違えると仕事が出来ない人だと思われてしまい …

解雇予告手当とは?|解雇の内容で受給の制約はあるのか?

終身雇用制度の崩壊によりリストラなどによる解雇は、他人事ではありません。解雇されることによって生活費の調達が困難となってしまう従業員(労働者)を保護するための制度が存在します。 労働基準法により、勤め …

メガベンチャーとはどのような企業か?|一般企業にない魅力とは?

最近の就職活動でメガベンチャーという言葉をよく耳にするようになりましたが、通常のベンチャーや大手企業とはどのように異なるのでしょうか。まだ馴染みのない人も多いかと思います。 ベンチャーというからにはベ …

会社説明会での質問|IT企業への就職で確認しておくべき内容とは?

会社説明会の質問で、何を聞けばいいかわからず、悩んでいませんか。会社説明会は、実際に企業で働いている先輩社員とじかに触れあえる絶好の機会です。多くの会社では、説明会の最後に参加者からの質問タイムが設け …