就職・転職

内定保留のしかた|悪影響を及ぼさないで関係を維持する方法とは?

投稿日:2019年7月16日 更新日:

企業から採用内定の連絡をもらった後に行うのが内定承諾の連絡ですが、内定をもらったけど、本命の企業からの選考結果がまだ出てないから保留したい場合、内定を少しの期間保留にしてもらうという選択肢もあります。

内定をもらったけど回答を延長したい、保留したいというのは一見わがままかもしれませんが、内定辞退や内定保留は悪いことではありません。

理由を正直に話すと企業も理解してくれるでしょう。

どのように内定保留の連絡すれば悪影響を及ぼさないで関係を維持できるのでしょうか。

☞ 就活に有効な無料の高精度自己分析ツールが使える『OfferBox 』とは?

内定保留はよくあることなのか

就活において応募する会社は一社ではなく、複数あると思います。

「志望するいくつかの企業から内定をもらった」「これから受ける企業の方が志望順位が高い」「他の企業の内定結果待ち」など、どの企業に入社するか悩むことがあります。

そのような場合、焦って返答せず、いったん内定を保留し、じっくり考えるという方法もあります。

内定通知が来たからといって、その企業に就職しなければいけないという決まりはないのです。

就職は人生の一大イベントですから、会社側もすぐに返事ができるものではないということは当然分かっています。

そのため常識の範囲内であれば返事を待ってくれる会社もあります。

内定保留による企業側の印象

内定保留は、その企業に不安要素があるということや、他に気になっている企業があるということを示していることになります。

入社意思があまり高くないのではないかと企業側から思われてもしかたないことです。

しかし、企業側もある程度は第一志望でない就活生について理解があるため、極端に悪い印象を抱くことはありません。

内定を保留する就活生は毎年一定数いますし、企業側も内定保留を見越して採用活動をしています。

ただ、企業側が内定保留を見越したうえで採用活動を行っているとしても、自分の都合だけを押し付けるのは人としてマナー違反となります。

企業側に少なからず迷惑をかけてしまうことを認識して内定保留を申し出るようにしましょう。

内定保留期間の目安

内定保留の目安は、おおむね一週間とされていますが、全ての企業が内定保留に応じてくれるわけではありません。

企業によっては、その場で返事をするように求められる場合もあるので注意しましょう。

他の結果待ちなどで、一週間以上内定保留をしたい場合はその理由を正直に話すのが最も確実です。

他の企業の選考結果が出てから決めたい、両親に相談したいと思うのであれば、そのように伝えた方がよいでしょう。

誠意のある対応を心がけて行動することが大切になります。

内定保留をするリスク

内定通知書には返事の期限が記載されています。

その期限は、内定通知書を受け取った1週間後から1か月後に設定されていることが多いため、考える時間はあります。

企業側も現在の就職環境を考慮したときに、内定保留や内定辞退が出ることは当然想定していますが、返事が遅いようであれば志望順位が高くないと思われてしまう可能性はあります。

しかし、それによって仮にその企業に入社したとしても配属に影響が出たり、職場の人間関係に影響するほどの大きなリスクは考えなくてよいでしょう。

ただ、期限内に返事ができれば問題はありませんが、期限を超えると内定取り消しにつながる可能性があるので注意しましょう。

☞ オファー型就活サイト『OfferBox 』とは?

内定保留の注意点

内定保留は企業にとって少なからず負担が発生します。

以下の点に注意して内定保留の連絡をしましょう。

1.期限は自分から提示する

「○月○日までに返事をさせて頂きます」と自ら期限を伝えることで、企業側の業務への影響を少なくし、内定保留後の対応がしやすくするようにします。

2.保留の理由は素直に伝える

志望度の高い他社の選考結果待ちなど、内定保留の理由はいくつかあるでしょう。

そのまま伝えることに抵抗あると思いますが、正直に話すことは内定を出してくれた企業に対する誠意になります。

また、場合によってはその企業に入社する可能性もあるため、言い訳はせずに本当の理由を述べることが大切です。

3.誠意をもってお願いする

内定後は、基本的には早めに返答するのがマナーです。

保留の連絡をする際は、丁寧な言葉と態度を心がけましょう。

4.入社意欲があることを伝える

内定をすぐに承諾しなかったことで、企業側は入社意欲が低いのではないかと思うかもしれません。

そのように思われないためにも「依然として魅力を感じていること」「他に選考を受けている会社も見極めたい」「比較検討して就活に何の後悔もなくスッキリと入社をしたい」など、入社の意志があるからこそ真剣に悩んでいるということを伝えましょう。

内定保留期間が他社の結果通知に間に合わない場合

内定企業から保留期間を指定され、他社の結果の確認できない場合や内定保留自体を断られた場合は、内定を受諾するか辞退するかを決めなければなりません。

内定企業の採用通知書に目を通し、労働条件や職場環境、仕事内容などを再確認します。

その中で自分の希望条件や優先としている条件をどれほど満たしているかを判断材料とします。

書かれていること以外に気になる点があれば、企業側に必ず確認を取りましょう。

また、内定保留を断られ、強引に受諾を迫るような企業の場合やどうしても他社の結果を確認したい場合は、内定取り消しを覚悟して他社の結果を待ちましょう。

なお、内定を保留した後に受諾を決意したら、待ってくれたことへの感謝や入社に対する熱意を伝え、好印象に繋げましょう。

内定を辞退するときのマナー

第一志望の企業から内定があったなど、内定辞退を決めた場合はその旨を早めに伝えることが大切です。

内定辞退の連絡はメールで済ませることはせずに誠意を込めて電話で直接伝えるのがマナーです。

電話をかける時間帯にも注意し、始業や終業時間の前後、昼食時間帯は避けるようにします。

また、内定を受諾後の内定辞退はマナー違反になります。

入社の準備をしている企業に多大な迷惑をかけてしまうので、内定受諾の返答は慎重に行いましょう。

なお、内定受諾や内定辞退に関して、第三者からアドバイスを受けたいという方は、就活エージェントなどの就活支援サービスの利用がオススメです。

内定の保留や辞退などの企業への連絡にも対応しています。

就活支援サービスでは、求職者一人ひとりに専任のキャリアアドバイザーが対応して、就活、一人では大変な就活を効率的にサポートします。

後悔のない就活で、希望の内定を手に入れましょう。

【就活生の4人に1人が登録!】オファー型就活サイト『OfferBox<オファーボックス>』

OfferBoxは、逆求人サービスにおける利用企業数業界1位です。

しかも、自己分析テストや就活イベントもある逆求人に留まらない就職サイトです。

利用企業数 5600社以上(2019年12月時点の実績)で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)などが利用しています。

オススメするOfferBoxのポイント3つ

  • 大手からベンチャーまで数多くの企業からのオファーが来る!
  • 高精度な自己分析ができる!
  • 単なる逆求人サイトに留まらずイベントが豊富!

学生に対して一斉スカウトメールを送れない仕組みをとっているため、迷惑メールがなく、プロフィールや強みをしっかり見たうえで、スカウトメールが届くので安心です。

また、OfferBoxには高機能な自己分析ができる「AnalyzeU+」と他己分析もできる「適性診断360度」があります。

これらの適性診断の結果をもとに、自己PRをさらに磨くことができます。

さらに、選考直結するインターンや業界研究まで様々なイベントに参加することができます。

まずは、あなたの価値を知るために自己分析からはじめましょう。

無料登録 ☞ OfferBox

この他にも特色のある就活サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「伺わせていただきます」は誤りか?|就活での敬語の使い方には注意!

普段何気なく使っている敬語。どんな種類があって、どのように使い分けをしているのか意識したことはありますか。 敬語の使い方の良し悪しによってビジネスシーンではあなたの印象を変えてしまうこともあります。 …

仕事の悩み|意識改善しても解消できない根深い悩みはどうすればよい? 

仕事の悩みはどのような仕事であっても自分がプロとして働いているのだという意識があれば乗り越えられるものなのかも知れません。 しかし、自分の意識を変えても悩みが解消されないこともあるのです。 人間関係、 …

ハローワークは新卒でも利用可?|新卒応援ハローワークの利用価値は?

ハローワークとは、正式には公共職業安定所と呼ばれ、主に職業紹介事業を行っています。 ハローワークは仕事を辞めた人だけが行くところだと思っていませんか。 新卒者にとってはハローワークで仕事を探すという選 …

転職の相談相手は誰がよいか?|相談すべき相手は活動状況によって異なる

転職したいけど、一人で悶々と様々な不安や悩みを抱える人が少なくありません。 転職をするというのは大きな決断なので、自分だけで決めて大丈夫か、誰かに相談しなくて大丈夫かと考える人も少なくないことでしょう …

仕事が辛く会社を辞めたい|最終判断を下す前に確認すべきこととは?

社会人になると仕事での悩みも尽きません。仕事が辛い、辞めたいという感情を一度持ってしまうと、会社に行くことが辛くなります。 やりたくない仕事、飽きてしまった仕事をただ淡々とこなしていく不毛な日々。 ど …