就職・転職

転職で資格があると有利になるのか?|実務経験のアピールで逆転可能か?

投稿日:

転職を意識したときに、有利な資格を取得したいと思ったことはありませんか。転職するなら資格の一つは持つ必要があると考えて、慌てて調べ始めた人も多いのではないでしょうか。転職活動において、自分のスキルを客観的に証明する手段となるのが資格です。

資格があれば履歴書や面接の時にアピールできると思いますが、資格があっても就職を希望する仕事において役立つものでなければ意味がないですし、資格よりも実務での経験を重視する企業もあります。

転職活動において資格は有利になるのか

資格を保有しているだけで漠然と転職活動に有利になると思われがちですが、必ずしも有利に働くものだとは限りません。保有している資格が転職先で求められているものと一致するものであれば有効ですが、一致しなければ有利になることはありません。

人事・総務関連の職種を目指し、社会保険労務士の資格を保有していたり、経理部門の職種を目指して、日商簿記検定の資格を保有している場合は資格のない人と比較して転職に有利に働くことはあります。

このように資格を取得する際は、転職に必須の資格または転職に有利に働く資格に限定した方がよいでしょう。転職に必須の資格の代表的な職業には、弁護士、司法書士、税理士、行政書士などの「士業」があります。

いずれの職業も専門性が高く、資格を持っていないと業務ができません。一方の転職に有利に働く資格は企業や事業を行う際、最低一人の資格保有者を必要とするような資格で保有しているだけで有利に働きます。

たとえば、不動産業界における「宅地建物取引士」は従業員の5人に1人の資格保有者が必要とされています。応募先の企業でどのような資格が求められているか事前に調べておく必要があります。

もし、すでに何らかの資格を取得している場合でも、希望転職先と全く関係のないものは履歴書に書かないほうがいいかもしれません。

もし記載するのであれば、「当時この資格が必要で勉強したことで粘り強さが身に付き今も仕事に生きている」など、資格以外の部分をアピールするときに利用したほうが良さそうです。

「資格なし」でも転職はできるのか?

資格がないことを不安に思う人もいるかもしれませんが、資格はあくまでも「その人の能力の目安」となるものであって、必ずしも選考に影響するわけではありません。実際のところ資格を必須とする仕事はそれほど多くありません。

ただし、数は多くはありませんが、募集要項に「普通自動車免許1種」「TOEIC650点以上」などと書かれている場合は、当然それらの資格は必要になりので注意してください。

逆に言えば、必須項目に該当しない資格をいくら多数持っていても、企業はそれほど評価しないというのが実際のところです。意外に思われるかもしれませんが、システムエンジニアなどのIT系技術職ですら、資格必須の募集は多くありません。

中途採用において企業が重視するのは、その人がこれまで何をしてきたのか、その経験を生かして、自社でどう活躍してしてくれるのかということが資格保有よりも重要なのです。つまり、実務経験やスキルを重視しているのです。

資格はあくまでもその人の実務経験やスキルを裏付けるものなので、ただ、資格だけ取得しても、転職が有利になるとはありません。資格にもよりますが、実務経験が伴っていなければ資格の効力は無いに等しいのです。

結局のところ、資格なしでも応募先の仕事に生かせる実務経験やスキルをしっかりとアピールできれば、転職活動はうまく行くのです。

資格の有無よりもアピールに力を入れるべき

転職する時に必ずしも資格が必要というわけではありません。履歴書の資格欄が空欄となると不安だという人も多いと思いますが、資格がない場合は「特になし」と記載しても選考に影響はありません。

資格の有無を気にするよりも、希望する仕事に対して、過去の実務経験やスキルがどのように生かせるか、どうアピールすれば効果的かを考えることに力を入れるべきです。前向きな転職活動を行いましょう。

なお、転職について疑問や悩みを抱えている人は、一人で抱え込まず転職に関するプロに相談することをオススメします。もちろん転職するか決めていなくても、気軽に問い合わせすることができます。

転職で悩んでいませんか? 転職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

残業を強制する会社で働き続けるべきか|長時間労働の弊害を考える

労働契約や就業規則などの中に残業を行わせる旨が定められていると、使用者は労働者に残業するよう命じることができます。残業は労働法上で認められているとはいえ、長時間の残業やこちらの事情を無視して仕事を強制 …

フリーター・ニート・既卒者の就職活動|成功につながる方法とは?

就職活動は自己分析から企業へのエントリーに始まり、会社説明会への参加や面接日程の調整など、手続きが多くあります。そこでオススメするのが就職エージェントの利用です。 就職エージェントとは、就活のプロ(ア …

企業の社会的責任(CSR)とは?|CSR活動から優良企業を見つける!

CSR活動という言葉をよく聞きます。企業の社会貢献活動と訳されますが、具体的な表現ではないのでわかりにくいです。中にはCSR=ボランティア活動と認識している人もいます。 CSRの捉え方、考え方はさまざ …

就活がうまくいかないのはなぜ?|共通する原因とその解決方法とは?

就職活動に出遅れたわけでもないのになかなか内定がもらえない、周りの友人との選考状況の違いや、選考中の企業が徐々に減ってくると、不安になってしまう学生も多いと思います。 必ずしも順調に進むとは限らない就 …

「月給」と「月収」の違いとは?|求人広告を読み解く力を養う!

月給と月収の違いを知っていますか。仕事をする上で重要な要素である給料ですが、意味は同じと思っていませんか。実は月給と月収には明確な違いがあるのです。月給と月収の違いを知ることは自分の給料や収入をきちん …