就職・転職

IT業界への転職|未経験者が多く採用される分野と必要なスキルとは?

投稿日:2019年9月6日 更新日:

IT需要の増加に伴い、IT業界未経験の若者がIT業界への転職を希望することが多くなってきています。

IT企業にもさまざまな種類があります。より年収アップを期待するなら優良企業への転職がオススメです。

未経験でIT業界に転職したいと考える人は多く、IT業界においては、必ずしも資格が必要と言う訳ではありませんが、転職や就職の際に資格があった方が有利なのは間違い有りません。

IT業界への興味があり、転職をしたいと考えているのであれば、未経験職や異業種への転職は年齢を重ねるごとに難しくなっていくことが多い状況からすると、異業種への転職は40代になる前までがラストチャンスとなるかもしれません。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

IT業界とは

IT業界は技術革新とサービスの多様化が進んでいるため、多くの業種や職種が絡み合っていますが、その中でも代表的なもの挙げると、以下の4つに分類できるでしょう。

1.インターネット業界・Web業界

この業態は、Webサイトの制作やネットワークの構築といった法人向けの事業、SNSやショッピングサイトなど個人向けの事業に分けられます。

企業によっては法人向けと個人向けの両方を事業としているところもあるでしょう。

この業界の魅力は、仕事や働き方は多種多様にあり、企業のWeb担当者として自社のサービスや商品を紹介するためのサイトを制作・更新したり、制作会社に勤務してさまざまな業界や企業のWebサイト制作に携わることもできます。

また、IT業界に限らず、他業界も参入することが多いのもこの業態の特徴です。

市場規模も大きく、サービスが多様化している傾向が強い業態のため、幅広い職種が存在します。

2.情報処理サービス

システムやWebサイト上で利用されるサービスの運用や管理を行う業態です。

システムインテグレータ(SI)とも呼ばれ、企業に情報システムの導入を行う際に必要となるすべてのサービスを提供します。

たとえば、ネットショッピングの決済システムや電車の運行案内の表示などがあります。

また、ハードウェア業界とソフトウェア業界の両方をカバーしていることが多いため、このほかにも、データセンター、市場調査、コンサルティングサービスなども、この情報処理サービスに当てはまります。

3.ソフトウェア

ソフトウェアとは、コンピュータ上でさまざまな処理を行うプログラムのことで、その開発をしているのがこの分野です。

たとえば、法人向けのソフトウェアの場合、セキュリティソフトや経営管理ソフト、顧客情報管理ソフトなどがあります。

また、個人向けの場合、オフィスソフトやゲームソフト、セキュリティソフトなどの各種アプリケーションがあります。

近年はスマートフォンの普及によりAndroidやiOSなどのオペレーティングシステムが誕生し、また、パソコンで処理したい作業の多様化で、様々なソフトウェア(アプリケーションソフト)が開発されています。

4.ハードウェア

ハードウェアとは、パソコン本体や周辺機器(キーボード、マウス、モニター、プリンターなど)、それらを構成する電子回路などを指します。

この業態は国内だけでなく世界市場も相手にするため、競争が激しい分野です。

現在はインターネットなどのIT関連の技術を利用できる携帯電話やスマートフォン、家電、ゲーム機などもハードウェアのひとつとして位置づけられています。

未経験から転職しやすいIT業界の分野は?

多種多様なIT業界の職種の中で未経験から転職しやすいのは、ソフトウェア業界のプログラマーやシステムエンジニア(SE)、ネットワークエンジニアといわれています。

これらの分野はシステム構築にために人手が必要になります。

このため未経験OKの求人も多く出ています。

未経験者を迎え入れている企業の多くが入社後の研修を用意しているので知識がなくても心配いりません。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

IT業界未経験者がアピールすべきこと

IT業界未経験者が面接やエントリーシートにて訴えるべきことは「やる気」と「熱意」です。

付け焼刃の知識は簡単に面接官に見抜かれるので、IT技術に関して知ったかぶりはしないほうがよいでしょう。

未経験者に求めれられることは、めまぐるしく進歩するIT技術を貪欲に吸収する意欲です。

IT業界への転職に役立つ資格は?

IT業界は実績や経験で評価をするので、資格は転職の際にあまり重要視されません。

しかし、資格の中には持っておくとIT業界で働く上で便利な資格や、転職に役立つ資格もあります。

特にIT未経験者のオススメな資格は、以下の情報系資格です。

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト

情報系の資格は、IT業界で仕事をする上での基本になるので、分野に関係なく様々なところで役立つので、未経験の方はまずはこちらの資格取得を目指してみてください。

また、取得していなくても、この資格のために勉強した知識は転職先で生きてきますので、面接時にアピールをしましょう。

IT業界では、こうした知識を身に付けるために勉強する姿勢も重視されます。

IT未経験者が転職を成功させる方法とは?

IT業界未経験者が転職を成功させる具体的な方法は、転職エージェントに登録することです。

IT業界にはどんな企業があって、どんな仕事があるか、自分がどんな仕事に向いているのかアドバイスしてもらえます。

転職エージェントが持っている情報はやはりネットでは手に入りづらく、生の声が重要になってきます。

特にIT未経験者はIT業界がどのようなものなのかを転職エージェントを通じて理解して、IT業界に転職する方が安心感があります。

転職エージェントは利用料が無料なので、まずは登録して話を聞くことから始めるとよいでしょう。

興味のある人はこちらをご覧ください。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイト(転職エージェント)があります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

内定辞退メールの書き方|誠意が伝わるお詫びの仕方とは?【例文付き】

就職活動や転職活動を行う際、入社したい企業に必ず採用される保証がないため、一般的には複数の会社に応募します。 しかし、本命の会社と押さえておく会社の面接を両方受け、どちらも内定をいただいた場合、どちら …

(転職)事務職を志望!|未経験でも人気の高い事務職へ転職できるのか?

事務職への転職は経験がない、資格をもっていない、新卒などの場合でも可能でしょうか。 事務職の仕事はノルマがないぶん作業的な仕事が多い職種ですが、「縁の下の力持ち」の言葉がしっかり当てはまるような、素晴 …

就活の志望動機の書き方|説得力を持たせるポイントとは?【例文あり】

面接でほぼ必ず聞かれる、「なぜ弊社を志望したのですか」という質問。 「志望動機=企業のいいところの羅列」になる学生が多いのですが、企業の良いところだけを話してもそれで「差のつく」内容にはなりません。 …

内定者懇親会関連のメール返信|押さえるべきポイントとは?【例文あり】

内定をもらうと内定者懇親会のお知らせが来ますが、この内定者懇親会は具体的にどのような趣旨の会合なのか。 また、内定者懇親会への案内がメールで来る場合もありますが、どのように返信をするのがよいのか紹介し …

志望動機の例文で書き方のコツを掴む!|採用担当者が見るポイントとは?

応募先への熱意・意欲を自分の言葉で自由に伝えられる応募書類の志望動機欄は自分を一番アピールできる場所といえますが、書き方に悩む人も多いです。 特に新卒採用では、「志望動機」が非常に重要になります。 中 …