就職・転職

短所の「優柔不断」を長所に言い換える|面接時でのアピール方法とは?

投稿日:2018年3月21日 更新日:

就職活動において、面接時で長所と短所を聞かれることが多くあります。そのとき、悩みどころとなるのは短所の答え方です。短所はネガティブなものなので内容と伝え方を間違えると仕事が出来ない人だと思われてしまいます。

自分の短所について述べる場合には、ちょっとしたコツがあります。短所の一つとして、よく挙げられる「優柔不断」がありますが、それを例に取って長所となるプラスイメージに変えるコツを考えていきましょう。

なぜ面接時に長所と短所を聞くのか?

長所と短所を知り、会社で活躍できる人物であるかどうかを判断するということがあります。それ以外にも「誠実性」「客観性」「問題解決能力」についてチェックしています。

1.誠実性

短所というのは誰にでもあるものです。それを隠そうとしたり、見せまいと取り繕った回答は誠実さに欠けます。長所である良い部分を伝えるのはもちろん大切なことですが良い部分以外についても伝えるのも大切になります。

2.客観性

自身の長所と短所をしっかり話せることは自分を客観的に見ることができている証拠です。短所は自分の悪いところなので目を背けがちですが、自己分析をして短所に向き合う姿勢は好印象を与えます。

3.問題解決能力

面接官が本当に知りたいのは短所そのものではなく、その短所にどのような形で向き合っているか、どのように改善しようしているのかという考え方を知りたいのです。

ただ単に短所を答えるだけではなく自身の短所とどのように向き合っているのかも加えると向上心のある人物だと思われ好印象を与えます。

優柔不断な人の特徴

優柔不断な人というと、たとえば「レストランでいつまで経っても何を注文するか決められない人」「決断力のない人」をイメージすると思います。一方で見方を変えれば「他の人の意見を吟味してから意思決定をする人」「慎重で思慮深い人」ともいえるのです。

このように優柔不断といっても見方によってはその意味合いが変化します。短所として優柔不断を述べる場合は、この点を考慮して相手にプラスの印象を与える伝え方を事前に考えるとよいでしょう。

言い方を変えることで「優柔不断」は強みになる

優柔不断も言い方をかえることで短所ではなく強みになります。ちょっとした説明の違いで相手が受けるイメージはまったく異なるものに変わります。優柔不断をプラスイメージに書くためには、さまざまな角度から見て伝えることを意識します。優柔不断とは決断が遅いことです。

ぐずぐず悩み物事が進まないといえるでしょう。これだけで見れば短所でしかありませんが角度を変えて見ると、また別の見え方があるはずです。たとえば「失敗を回避するために複数の事柄を想定するので悩む」というのは優柔不断となる理由の一つです。

これは「思慮深い」というポジティブなイメージを感じさせるものになります。伝え方を工夫すれば優柔不断もポジティブなイメージになります。

短所の優柔不断を長所にいいかえる方法とは?

このことを、踏まえた上で「優柔不断」という短所をどう伝えるかということがポイントになります。以下のような前向きな捉え方があります。対処法としては「周りに相談する」「情報収集を欠かさない」などがあります。

これらは仕事においても大切な意識になるので面接でアピールするように心がけてください。

1.短所のイメージを持つ言葉を長所のイメージを持つ言葉にいいかえる

「優柔不断である」 → 「物事を慎重に考えることができる」

このように考えると以下のような内容で回答すると自己分析ができていると評価されます。

「何か物事を決めるとき、いろいろな面を考慮しすぎて、決めかねることがあります。その為、常に優先順位を考え、判断基準とするよう努めています」

短所を回答するだけではなく、捉え方によっては長所にもなるということを思わせることがポイントになります。

2.短所に対して自分が改善しようと努力していることを伝える

以下のように短所をカバーするためにきちんと行動を起こしていることをアピールします。短所だから諦めるのではなく、それを克服するために、前向きに行動できるということを伝えます。

「短所は優柔不断なところですが、悩むだけではなく、情報収集などの行動を起こし、素早く的確な判断ができるよう努めています」

3.仕事内容に沿った内容を加えて回答する

たとえば、一般事務の職種を希望する場合、細かいチェックや丁寧な仕事が要求されるが多くあるので慎重かつ確実に作業を進めることができる点をアピールします。

「何事も吟味して慎重に考えるので、優柔不断になりがちですが、周りの人に相談しながら確実に物事を進めていくことができます」

長所ばかりの人は魅力がない

短所がなく長所ばかりだと魅力的な人とはいえません。すべてにおいて完璧な人は現実離れしすぎており、逆に言うと人間味がない要素となります。食事をたとえに考えてみると食べているものがすべて美味しく感じるのでしたら、この世界にまずい食べ物はありません。

つまり美味しいものが特別なものではなくなるということになります。人間も同じで全てにおいて素敵に思える人が身近にいると息苦しくなったり、自分と比較をして自己嫌悪に陥ってしまう人も少なくありません。

しかし、そのような完璧と思われるような人が誰でもするようなうっかりミスをしたら、身近な存在に感じるものです。優柔不断であっても、その優柔不断が自分の魅力を作っていると前向きに考えるとよいでしょう。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活で評価される資格とは?|採用担当者が評価する資格のポイントとは?

就活において資格がないことに悩んでいませんか。一般的に資格は取得の手間の割に就職活動に有利に働かないといわれていますが、資格を取得しておくと履歴書の資格保有欄を埋められ、面接などでのアピール材料にもな …

転職で内定辞退する場合の注意点とは?|誠意のある断り方やマナーとは?

転職活動で複数の会社で採用が決まり、内定辞退を電話ですることになる場合があります。複数の企業から内定をもらえば、いずれかの内定を断る必要が出てきます。どのような理由を会社に説明すれば角が立たないのか、 …

「仕事に行きたくない」原因と対処法は?|転職も視野に入れるべきか?

「仕事したくない」、「会社に行きたくない」という気持ちは、サラリーマンやOL、アルバイトをしている人であれば必ずといっていいほどあるはずです。この原因は職場で受ける「身体的疲労」と「精神的ストレス」に …

会社での理不尽なことに耐えるべきか?|どう対処すれば良いのか?

会社員として働いていると職場によって様々ですが理不尽なことがあります。上司とのやり取りが納得いかない場合や社内ルールなどがあります。実際、会社勤めをしている知人から職場の愚痴を聞くこともあります。

転職の相談相手は誰がよいか?|相談すべき相手は活動状況によって異なる

転職したいけど、一人で悶々と様々な不安や悩みを抱える人が少なくありません。転職をするというのは大きな決断なので、自分だけで決めて大丈夫か、誰かに相談しなくて大丈夫かと考える人も少なくないことでしょう。 …