就職・転職

プロパー社員の実情に迫る!|中途入社社員との待遇の違いとは?

投稿日:2017年10月21日 更新日:

「プロパー」の意味はご存知ですか?プロパーとは英語のproperであり、多くの意味がある語ですが、ここでは「正式の、固有の」という意味合いで使われます。

プロパー社員という言葉を聞いたことがある人も、実は意味やどのような仕事をして、どのような立ち位置であるのかをよくわかっていない人も多いのではないでしょうか。

「プロパー」とは

プロパーは、「正規の、本来の」という意味を持つ英単語です。語源はラテン語で「自分自身」を意味する言葉からきているそうですが、「正式な、本来のもの」というようなニュアンスととらえておけば間違いありません。

「プロパー社員」とは

会社内には正社員、派遣社員、関連会社などの社員で仕事の関係でその会社で働いている出向社員、仕事を請け負っている会社に雇用されている請負社員などの社員がひとつの会社の中で働いています。それらの社員と区別するために「プロパー社員」という言葉があります。

「プロパー社員」は、3つの意味で用いられます。

  • 中途入社や出向社員ではない、新卒入社から在籍する生え抜きの社員のこと
  • 契約社員、派遣社員やパート社員などの非正規雇用とは区別する目的で使う正社員のこと
  • 協力会社や下請け会社の社員などが常駐している職場で、そうした外部スタッフと区別するために使う自社の社員のこと

生え抜き社員という意味で使われることが多いようですが、自社社員という意味で使われたりと企業や業種によってプロパー社員の定義はまちまちです。

プロパー社員と中途入社社員の待遇の違いについて

正社員契約を締結しているプロパー社員と中途入社の社員は、福利厚生などは同一条件であっても、昇給の幅が違う場合や雇用条件が異なる場合があります。

中途入社の場合には、新卒採用に比べて評価基準が高く、スキルや経験を求められ、新しい職場に馴染めるのかと不安をいだく人も多くいます。

1.給与の違い

プロパー社員と中途入社社員で場合があります。プロパー社員では一律で基本給が決まっていますが、中途入社社員の場合は採用された人の「経験・資格」などによって基本給も変化しますし、管理職採用であれば管理職手当がつきます。

また、昇給に関しても違います。プロパー社員であれば基本給の増加も社内規定で決まっているので毎年あがっていくものであることが多いですが、中途入社社員は基本給の上昇さえない会社もあります。

2.出世の違い

大手企業になれば明らかなのですが、プロパー社員に関しては入社の時点である程度の出世コースは決まっています。新卒入社から2年ぐらいは転勤続きで色々な部署を経験して、その上でどの部署に異動になるか決まります。

最初の数年間は最初から決まっていて、そこでしっかりと評価してくれる状況です。一方で、中途入社社員ではすでにあるポジションに収まる形になるので、会社は積極的に育てることはしません。出世コースが存在しないため、常に見られている新卒組よりも成績を出し目立つ必要があります。

プロパー社員のメリットとデメリット

1.プロパー社員のメリット

企業側から見たプロパー社員(新卒採用の生え抜き組)は、一緒に研修を受け、喜びや辛さを分かち合ってきた仲間です。そのため、団結力の高さやチームワークの良好さがメリットに挙げられます。企業にとっては長期に渡って育成でき、社風に馴染みやすいというのが利点です。

帰属意識や愛社精神が育ちやすいといえます。また、プロパー社員本人にとってのメリットは、企業によっては一貫してその企業で働いていること自体が評価され、昇給・昇格に繋がるケースがあることです。特に「年功序列」の名残の残る企業では、その恩恵を受けられることも多いです。

2.プロパー社員のデメリット

企業側から見たプロパー社員のデメリットは一企業だけに長く勤めているため、視野が狭く融通が利かないことや勤続年数が給与に反映されるために給与と実力が見合っていないことが挙げられます。

また、プロパー社員本人にとってのデメリットは、配属先がずっと同じで異動がないと視野や可能性が狭まることと異動がないために仕事の幅が広がらないなどが挙げられます。

プロパー社員と中途入社社員との摩擦

仕事において、人間関係の悩みはつきものです。プロパー社員とそうでない社員の間に良好な関係が築かれている職場もあるようですが、中には中途入社社員がプロパー社員に対して下記のような不満を抱いていることがあります。

1.保守的である

大企業や老舗企業などでのプロパー社員には保守的な傾向があり、新しいことにチャレンジしない姿勢を中途入社社員は不満に思うことがあるようです。また、仕事への意欲が伝わらず、やりきれない気持ちになることもあります。

2.閉鎖的である

中途入社社員はプロパー社員を中心とするグループに入れないことがあるようです。高い志を持って入社したのにも関わらず、人間関係の悩みが深刻になると仕事へのモチベーションが下がる恐れがあります。

3.出世で差別される

長く勤務している社員の方が、自社の内部事情に詳しくなります。プロパー社員が上層部から厚遇されたり、経験によらず勤続年数によって昇格・昇給が決まったりする企業もあり、中途採用社員が評価制度に納得できないケースがあります。

新卒ではなく、転職でこれから企業を選ぶという人は就職後に意欲を持って仕事に取り組めるよう、職場の雰囲気を把握した上で選択するようにしましょう。

職場選びに悩んだらエージェントを利用する

職場選びをしている人のなかには、「転職活動は初めて」「職場環境はどのように調べたら良いかわからない」という方がいるかもしれません。その場合、エージェントを活用するのがオススメです。

転職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

仕事の悩み|意識改善しても解消できない根深い悩みはどうすればよい? 

仕事の悩みはどのような仕事であっても自分がプロとして働いているのだという意識があれば乗り越えられるものなのかも知れません。しかし、自分の意識を変えても悩みが解消されないこともあるのです。 人間関係、給 …

(転職)事務職を志望!|未経験でも人気の高い事務職へ転職できるのか?

事務職への転職は経験がない、資格をもっていない、新卒などの場合でも可能でしょうか。事務職の仕事はノルマがないぶん作業的な仕事が多い職種ですが、「縁の下の力持ち」の言葉がしっかり当てはまるような、素晴ら …

キャリアプランの描き方・考え方|面接で好印象を与える回答とは?

社会人になるにあたり、ご自身のキャリアついて考え始めた方も多いと思います。働く以上はキャリアプランを意識すべきだという考えがあります。キャリアプランを描くことは、将来の自分の目標を明確にし、就職活動を …

面接辞退メールのポイント|失礼のないの無難な断り方のコツとは?

就活では第一志望から内定を貰ったなど、様々な事情で他に応募している企業の面接の辞退を連絡する時があります。面接の時間を割いて頂いている企業や選考途中の企業に対して辞退するのは気が引けるものです。 失礼 …

就活の面接対策は大丈夫か?|面接試験の合否の分かれ目はこれだ!

就活で大切な面接。面接の方法も集団面接やグループディスカッションなど段階に応じて形式が異なります。その対策がわからず、戸惑っていませんか。仕事人生を左右する一大イベントなので不安は当然です。 面接官は …