就職・転職

転職で年収アップを勝ち取る|自分の市場価値を知ることからはじめよう!

投稿日:2019年9月9日 更新日:

今の会社の仕事にやりがいを感じられず、給料が安くてやっていられないと感じたとき、転職で年収アップを考え始めると思います。

転職で年収アップする人はどれくらいなのか気になるところです。

実際には転職で不満を解消できた人が8割と非常に多く、また、売り手市場であることもあり、セオリーを無視したものでなければ、年収アップも難しいものではありません。

転職が成功する可能性はい数年前に比べて高くなっています。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

転職で年収アップする条件とは?

自分のスキルや経験が生かせることが大前提となります。

将来性と共に年収も上げて転職するのであれば、今の仕事と同じ職種で転職するのがよいでしょう。

職種が異なると未経験者ということで、転職時の年収は下がる傾向にあります。

1.同業種同職種への転職

年収アップさせるためにはキャリアを生かせる同職種での転職であることが望まれます。

企業規模や業界内でのポジションなどで異なりますが、給与規定上の年収水準がより高い企業へ転職できれば、多くの場合、年収もアップします。

特に金融関連専門職、医療系専門職、技術系職種(建築・土木系/素材・化学・食品系)が専門性のある職種において年収アップの傾向が高くなっています。

2.異業種同職種への転職

異業種同職種の転職の場合もキャリアが生かせるので転職時の年収アップの可能性はあります。

たとえば、営業職の場合は異業種転職でもキャリアが生かせることができ、また、インセンティブの有無なども含めて、実力・実績が収入の差に直結しやすくなります。

また、システムエンジニアからITコンサルタント、あるいは薬剤師から臨床開発、店長職からバイヤーなど、経験を活かしつつ業務の幅を広げられるような職種への転職などがあります。

年収アップの転職を目指すなら自分の市場価値を知ろう

終身雇用が基本であった日本企業は、現在では海外と同様、能力主義・成果主義へとシフトしています。

しかし、転職さえすれば年収アップという認識で転職活動に臨むのは甘い考えです。

年収アップできる転職をする意識で取り組むことが、希望する転職先を見つけることに繋がるといえます。

成功を望むのであれば、転職活動をする前に自分のキャリアではどのくらい年収アップすることが可能なのか知っておくことは重要になります。

自分の市場価値を知った上で適切な求人選びをするには、転職エージェントの力を借りるのがオススメです。

希望年収を聞いた上で求人を紹介してくれます。

年収を重視して転職活動をするなら、漠然と年収アップを目標に抱げるのではなく希望年収の最低・最高値を自分の中で決めておくこととよいでしょう。

あまりに高い希望をすると、転職活動が長引いてしまう恐れがありますので注意しましょう。

入社時の年収がどれくらいかは仕事選びの大きな基準ではありますが、入社後の昇給制度や福利厚生、さらには職場の風土によって長期的な年収や働きやすさは変わってきます。

希望の年収に多少足りないというときも、昇給や福利厚生の制度も勘案して自分に合った職場と判断して入社するのであれば、その転職は成功したといえるでしょう。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活の内定事情|内定時期と早期内定を獲得するための方法とは?

就活では企業から内定をもらうことが一つのゴールになりますが、内定がもらえる時期は業界や企業によって様々です。 就活を始めるにあたり、一番気になるのが周りの内定事情でしょう。 就活を始めるといつ内定がも …

面接日程の返信メールがない場合の対処法|催促メールを出すべきか?

履歴書などの書類も送付し、後は担当者からの面接日程を待つばかりという状況でいくら待っても来ない場合、いつまで待てばよいのでしょうか。 ビジネスメールのやり取りで、相手から返信が来なくて悶々とすることは …

公務員への転職|民間企業も含めて多くの選択肢を持つと成功率が高まる!

「今の仕事よりももう少し安定した職業に就きたい」と転職を考えるきっかけは様々ですが、「公務員」を転職先としている人も多くいます。 公務員は、収入や保障面、将来性も安定しているため、魅力的な仕事のひとつ …

12時間労働は正直きつい!|健康へのリスクを考えて働き方を見直す

世の中の仕事には残業がつきものです。 しかし、一般の仕事では8時間勤務のあとに2時間残業で、トータル10時間勤務くらいが多いのではないでしょうか。 しかし、会社によっては、正社員であっても残業が少なか …

履歴書に印鑑は押さなければならないのか?|押印欄が無い場合は?

コンビニや書店、文房具店など市販で売っている履歴書を見てみると、「押印(印鑑を押す)欄」がない履歴書が多くあります。 ビジネスシーンにおいて、重要なビジネス文書には印鑑が必須です。 履歴書も重要なビジ …