仕事と技術

「失念」の意味と使い方|ビジネスシーンでのスマートな使い方とは?

投稿日:2017年10月22日 更新日:

ビジネスシーンにおいて「失念」という言葉を時々使うことがあります。主に業務上、大事なことを忘れたために迷惑を掛けてしまった場面に使いますが、「失念」という言葉の意味や使い方について正しく理解していると自信がありますか。

ビジネスでよく使用する言葉を万一誤った意味や用法で憶えてしまっていたらコミュニケーションに影響を及ぼすため、そうした言葉はできるだけ解消しておきましょう。

失念とは

ミスをしない事が一番ではありますが、仕事をするうえではなかなかミスは避けられないものです。社会人たるもの、会議の時間や報告書の提出など、何か大切なことを忘れてしまった際に「すいません、忘れました」では許されません。

そんなときに覚えておくと便利なのが「失念」という言葉です。ビジネスシーンで使われることが多いです。主にミスをしたときに使う敬語なので覚えておきましょう。もちろん、万が一ミスをしてしまった時に備えて「失念する」の意味を知っておくと便利です。

失念の意味は「物忘れ・気づきを失った心」

失念という言葉は、うっかり忘れていたという言葉と同じ意味を持ちます。「物忘れ、気付きを失った心」という意味があります。また、失念という言葉は「忘れる」の謙譲語になります。

一説によると、仏法の理論や言葉を忘れる、あるいは心を散乱させてしまうといった意味も持っています。ビジネスシーンで使用する時には「うっかり忘れていました=失念しておりました」といった使い方をします。

「失念」の使い方とは

仕事をしていたら、取引先や顧客、上司に対してどうしても使わざるを得ない状況がありますので、ビジネススキルとして意味だけでなく使い方までおさえておく必要があります。

1.何かを忘れた、失ったなどの時

ビジネスシーンで使うことが多く、丁重にお詫びする場合に使用されます。家族や親しい間柄で使うような言葉ではありません。「うっかり忘れてすいません」というところを謙譲表現で目上の方にいう場合に使用します。

なお、「失念しておりました」などの表現は、口語会話で使われることはあまりありません。少し堅い表現となってしまうため、かなり厳しい状況においてのみ口語として使われるものと理解しておきましょう。

【例】

  • 資料の送付先を失念してしまいました。恐縮ですがもう一度教えていただけますか。
  • お食事のお約束をしていたのを失念してしまい大変申し訳ありませんでした。
  • メールの返信を失念しておりました。ご連絡が遅くなり申し訳ありませんでした。
  • お名前を失念してしまい申し訳ありません。
  • 会議の出欠のご連絡を失念しておりました。申し訳ありませんでした。 など

2.会社や得意先へのお詫びの書類に使われる

始末書や詫び状に使われることが多いです。会話で使われるというよりの書類上で「失念」があったことを詫び、本題に入るという形式で書かれることが多くあります。

意味はそのまま、「うっかりしていた」「忘れていた」なので、言い訳にはならないですが、そのまま伝えるよりは丁寧に感じられて悪いイメージを和らげることができそうです。

【失念のお詫びメールの例】

件名:失念のお詫び

株式会社〇〇〇〇

○○○部 〇〇 〇〇様
○○○○株式会社 ○○○部 ○○です。

いつも大変お世話になっております。
この度はお忙しい中、時間を割いて頂いたお約束を失念し、キャンセルする形となってしまいましたこと、誠に申し訳ございません。

ご訪問できなかったこと、深くお詫び申し上げます。

また、今回の件に関し、近日中にお詫びも兼ねて御社へ伺わせて頂きたいと存じます。
その際、打合せを仕切り直させて頂くことは可能でしょうか。

誠に恐縮ではございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
取り急ぎ、お詫びを申し上げます。

――――――――――――――――――――――――
○○○○株式会社 ○○部
○○ ○○
〒○○○-○○○○
○○県○○市○○ ○○-○○-○○
TEL&FAX:XXX-XXXX-XXXX
E-mail:XXXX-XXXX@XXXX.XXX
――――――――――――――――――――――――

失念に対するお詫びメールは、謝罪の意を伝えるとともに、その後の相手との関係を繋ぎ止める役割を果たしてくれます。謝るだけであれば誰にでも出来ることです。

誠意を込めて謝罪し、「今回は申し訳ありませんでした、次回はこのような形は如何でしょう?」と機転を効かせ、改めて約束を取り付ける工夫が大切になります。お詫びメールを上手に作成すれば、受け取った相手が受ける印象も変わってきます。

3.「失念」の多用を避ける

ど忘れやうっかりミスの際に使うのが「失念」というフレーズだと分かりました。この言い回しだと、同じミスでもフランクなイメージが和らぎ、しっかりと反省していることを伝えられるのは事実ですが、その使用頻度には気をつけるべきです。

「失念」という丁寧な言葉遣いであっても、何度も何度も繰り返し使っていると、詫びている印象が薄れてきますので多用しないようにしましょう。

「失念」のふさわしくない使い方

1.「物」について使う誤り

「大事な書類を失念してしまい、申し訳ありませんでした」

書類という「物」を忘れてしまったということを「失念」と表現していますが、これは誤った使い方です。「書類を持参することを失念してしまい」であれば、考えや行動についての「失念」したことになるので正しい使い方となります。

2.自分以外について使う誤り

「A社が発注量を失念していまして、・・・」

「失念する」という表現は謙譲語であるため、基本的に自分の忘れていたことに対して使う表現です。自分以外について使うことは誤りですので注意しましょう。

「失念しておりました」が自然に出る人はレベルが高い

失念の意味を正しく理解すると、自然に適したシチュエーションで使えるようになります。うっかりミスやど忘れは、誰にでも起こりうるものです。

ただし、実際にうっかりミスやど忘れをしたときに「うっかりミスをしてしまいました」などとストレートに伝えるのは好ましくありません。ビジネス用語としてはあまり相応しくないと感じる人がいるからです。

うっかりミスしたとしても「失念しておりました」という言葉に言い換えるだけで、相手に与える印象は随分変わります。自分の失敗に対して軽く考えておらず、謝罪の意も同時に伝わる場合もあるので、そういった点からも「失念」という言葉はオススメです。

「失念しておりました」が自然に出てくるようになれば、「忘れていました」という無責任にも聞こえかねない言葉を使うことが減るはずです。基本的にビジネスシーンでは、信用を落とすような言葉は回避するに越したことはありません。

「失念しておりました」が自然に出てくる人は、ビジネスマナーのレベルが高い人が多いです。

自分のスキルや能力の適正な年収の相場がいくらになるのか気になりませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。サービスの利用はすべて無料のため、気軽に相談できます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。登録は無料で、求職者は全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

仕事に使えるパレートの法則とは?|魔法の法則で人生の成功をつかもう!

無駄な努力をせず、最小限の努力で最大限の効果を上げるにはどうすればよいか考えたことはありませんか。 「利益の80%は顧客の20%がもたらす」「仕事の成果の80%は費やした時間の20%から生まれる」など …

メール返信の「インライン」|ビジネスメールで気を配りたいマナーとは?

ビジネスでは、メールで問い合わせてメールで返信というやり取りがとても多いものです。仕事関係のメールで、「インラインにて回答します」と書いてあるものを見かけますが、どのような意味があるのかわかりますか。 …

窓際族はおいしいポジションなのか?|最終的に行き着くところは?

出世コースから外れて閑職についた中高年サラリーマンはよく「窓際族」といわれています。窓際族のイメージは年齢を重ねたベテランの社員で会社の隅の方へ追いやられている人だと思います。 まともに業務も持たず、 …

職場での馴れ合いが嫌い!|その理由や馴れ合いへの対処法とは?

仕事においてコミュニケーションを取ることは大切ですが、仕事でもプライベートでも、「馴れ合い」の関係に知らず知らずのうちになっている方も多いでしょう。馴れ合いの関係が好きな人、嫌いな人、いろいろといると …

フレックスタイム制で効率的な働き方を実現!|メリット・デメリットは?

フレックスタイム制と聞くと、とても柔軟な制度であり、労働者にとっても使用者にとっても効率的な労働環境を構築することに一役買ってくれます。柔軟な働き方で通勤ラッシュに遭わずに済むというイメージを持ってい …