就職・転職

SEへの転職は有望?|自分のスキルを活かせる企業に転職する方法とは?

投稿日:2019年10月8日 更新日:

今の会社に不満がある、漠然と今の仕事をしている、やり甲斐を求めたいなど、転職がちらついているような場合、SEとしてのキャリアや転職について真剣に考えてみませんか。

年収もある程度高く現在人気の職業といえばSEが候補の一つとして挙がってくると思います。

未経験者からSE・プログラマーへの転職は難しいのではないかと思われている人も多いでしょうが、今では採用会社も人材獲得のため、未経験者に対する研修制度も充実させているので、心配することはありません。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

SE(システムエンジニア)とプログラマーの違い

SEとは、クライアントから「システムを使って何をしたいのか」という要望をヒアリングし、それに基づいて仕様の決定と設計を担当します。

おおまかにいえば、開発するシステム全体の設計を担当し、工程全体を把握しながら案件を動かす職種です。

設計には基本設計と詳細設計の2段階があり、詳細設計が決まった後、プログラマーによりプログラムが組まれます。

プログラミングが完了し、システムが設計通りに動作するかテストを行う工程もSEが担当します。

システム開発において、要件定義から設計、試験に至るまでの多様な業務をこなすのがSEです。

そのため、基本的なITスキル以外にも、コミュニケーション能力や設計書などのドキュメント作成能力、開発システム関連業務に関する知識などが求められます。

一方、プログラマーは、SEが作成した設計書に基づいてプログラムを作成します。

Java、PHP、Pythonなど、様々なプログラム言語がありますが、どれを用いるかはプロジェクトにより異なります。

プログラマーは、仕様書に基づいてプログラムを組み、そのプログラムが設計通り、正常に動作するかを確認する単体テストを行います。

設計書に沿った動作をどのような処理で実現するかを考えて、プログラムを使って実装するスキルが求められます。

SEに向いているのはこんな人

1.論理的思考力がある

システムは論理的にできていて、矛盾があるとエラーを起こしてシステムが動かなくなります。

バグなどを発見し、原因を追究するには、直感よりも理論的に物事を考える方が良いといわれています。

また、途中で投げ出さずに答えや原因を追究する姿勢が、SEには大切です。

全体を見渡し、「誤作動を起こす原因は何か」「何をどうすれば解決できるのか」など物事を理論的に考えられる思考が欠かせません。

2.几帳面さ

SEの主な仕事の一つにシステム設計があります。

IT技術の知識を持ったSEの最も得意とする仕事です。

設計したシステムがどのようなものか仕様書などを使って関係者に伝える必要があるため、仕様書が大雑把なものでは、意図したことが正確に伝わりません。

システムを説明するには、わかりやすい整った体裁の仕様書を作成できる几帳面さが求められます。

3.情報収集が得意

技術の入れ替えが激しいのです。新しい物を取り込んでいけるだけの適応力や新しい情報を察知する能力が必要です。

好奇心旺盛な人は、IT業界に限らずどこへ行ってもそつなく仕事をこなしていけます。

IT業界での仕事は常にわからないことに直面し、解決に導くことがSEの日常の仕事なのです。

知らないことを自分の中に取り込みたいという好奇心がなければ仕事を続けることが厳しくなります。

また、取引先はIT企業以外の場合がとても多く、IT以外の情報も収集する必要があります。

普段から最新情報に興味が持てる人は、お客さまの情報も自然とキャッチする能力があるのでSEに向いているといえます。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

SE転職は売り手市場の今がオススメ

社会全体のIT化による市場が拡大していますが、その一方でSEに就職する人材は伸び悩んでいます。

これほどの成長市場であるのに担い手が増えないためにSE人材の取得競争となっています。

このような状況は今後もIT企業の躍進が続く見込みで、それに伴い、SEの売り手市場の環境は続くと考えられています。

もし、SEになると覚悟を決めたら、躊躇せず、転職に挑戦しても悪い結果には終わらないといった状況になっています。

また、SEとしての自分のスキルがもっと活かせる企業や、より達成感やクリエイティビティを感じられる企業への転職も可能といえます。

SE転職に転職支援サービスの利用がオススメ

SEへの転職は、たとえば、次のような手段で探していくことになります。

  • 他社からのスカウトや、人脈を使って転職する
  • 求人誌、インターネットで直接企業の中途採用情報を閲覧して応募する
  • 転職エージェントなどの転職支援サービスを利用してマッチングによる紹介

この中でオススメするのが無料で利用できる転職支援サービスの利用です。

これまでのキャリアを活かせる会社を探したり、やりたい仕事に就きたいなどという要望をヒアリングして求人を提案してもらえます。

特に転職エージェントに依頼すれば人事に口利きしてもらったり、書類を通してもらったり、条件交渉を代行してもらうことも可能です。

また、転職までは考えてないが、今の自分の市場価値や適性を知りたいという人も相談することもでき、人生やキャリアパスについて見えてくることがあるので、利用してみる価値があります。

転職エージェントはこちらをご覧ください。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活失敗でもまだ諦めない!|二次募集で採用を勝ち取る攻略法とは?

新卒採用で追加採用を行う企業は毎年増えてきています。 一次募集の期間のみでは採用計画通りにいかないところが多いようです。 新卒で就活を行う際に意外に二次募集が気になります。 一次募集で人数が集まらなか …

大学中退からの就職|正社員になるための求人の探し方と面接のコツとは?

大学を中退すると、学歴で不利になり、新卒の扱いにならないため中途採用での就職活動になります。 中途採用は基本的に職歴のある人を対象にした求人なので、職歴の無い大学中退者には厳しいのが実情です。 しかし …

エントリーシートの志望動機|内定獲得に繋がる書き方のコツとは?

この記事ではエントリーシート(ES)の志望動機の書き方について紹介します。 ES選考は、就職活動の最初の関門ですが、どのようにESの志望動機を書けば選考を突破できるのか分からず、悩みを抱えている人は多 …

就活履歴書の書き方|面接官の興味を引く趣味・特技の書き方【例文あり】

就職活動では履歴書の作成は必須です。 履歴書やエントリーシート(ES)に「趣味・特技」の欄は必ずあります。 「当たり障りなく書けばよい」と考えている就活生も多いかもしれません。 しかし、趣味・特技の欄 …

労務管理の仕事内容とは?|未経験者が転職する場合はどうすればよい?

企業の経営活動とは人・モノ・金・情報などの経営資源を事業に投入することによって、目標とする成果を生み出す活動のことを指します。 経営資源をいかに効率的に確保して組織化し、効果的かつ継続的に活用するかに …