就職・転職

12時間労働は正直きつい!|健康へのリスクを考えて働き方を見直す

投稿日:2018年4月30日 更新日:

世の中の仕事には残業がつきものです。しかし、一般の仕事では8時間勤務のあとに2時間残業で、トータル10時間勤務くらいが多いのではないでしょうか。

しかし、会社によっては、正社員であっても残業が少なかったり、全くないという場合や毎日何時間も残業することが当たり前になっている場合もあります。毎日12時間以上も働かされていると、心身が病んできてしまう人というのも珍しくありません。

1日の半分を超すような12時間労働をすることが当たり前になっている場合は特に注意が必要です。多すぎる残業は心身に悪影響を及ぼすので、身の施し方を真剣に考えた方がよいでしょう。

どう考えても12時間労働はきつい

12時間労働となるとこれに加えて会社での1時間の休憩時間がありますので、残り11時間で、睡眠時間の確保、朝の身支度、食事、風呂、家事といったことをするわけですので、自由時間を確保することほとんどできません。

これではストレスが溜まるのも仕方ありません。これが毎日続くとストレスは溜まり続けてしまうし、人によっては睡眠時間を十分に確保することができなくなっていく場合もあります。

1日の半分以上の時間を仕事に奪われてしまうと、なんとか毎日をやり過ごすのに精いっぱいで、私生活を充実させることは難しいでしょう。今は大丈夫だとしても、年々体力の衰えと共に厳しくなっていくはずです。

毎日12時間労働は法律違反ではないのか

1.基本的には1日8時間

労働基準法によると労働者が働く時間は休憩時間を除いて、原則として1日8時間を超えてはいけないと明記されています。企業によっては週5日勤務でも7時間半勤務としている場合もあります。あくまで8時間は上限値であって、下回る分には問題がありません。

2.1週間で40時間以内

労働基準法によると、労働者に対して休憩時間を除いて1週間につき40時間を超える労働時間は禁止されています。週に5日間働くと考えると1日あたり8時間ですから、一週間で40時間となります。

3.1日の残業時間の上限はない

1日8時間という上限を超えて働く場合、超過労働勤務(残業時間)として扱われることになります。ただし、無条件にどの企業でも残業扱いにできるわけではなく、労使間で協定を結び、所轄の労働基準監督署に届け出ることが条件となります。

これは労働基準法36条によるもので、一般的に36協定と呼んでいます。36協定が結ばれている場合、1日あたりの残業時間には上限が設定されていません。よって12時間労働となって残業が4時間となっても何ら違法ではないという場合がほとんどです。

4.残業時間の上限はないのか?

基本的に36協定では、下記のように延長時間の限度がきちんと定められています。

一般労働者の場合
期間 限度時間
1週間 15時間
2週間 27時間
4週間 43時間
1ヵ月 45時間
2ヵ月 81時間
3ヵ月 120時間
1年間 360時間

健康へのリスクを考える

繁忙期など仕事が忙しい時期に残業が増えてしまうのは仕方のないことなのかもしれませんが、これが常態化したら心身共に疲れきってしまいます。12時間労働を続けていると健康面でのリスクも高くなり、過労死となることもあります。

どうしても長時間労働が改善できない場合、自分を守るために転職を視野に入れてしっかりと今後の人生を考えた方がいいでしょう。最近では、転職市場も活発しているため、より条件のよい会社へ転職できるケースも多くみられます。

毎日12時間以上働いて回復の見込みが立たない程の健康を損なうリスクを考慮すると早めに決断して転職することをオススメします。

仕事で悩んでいませんか? 転職のプロがあなたの不安を解消!

自分の働き方について疑問や悩みを抱えている人は、一人で抱え込まず転職に関するプロに相談することをオススメします。もちろん転職するか決めていなくても、お気軽に問い合わせすることができます。

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「仕事に行きたくない」原因と対処法は?|転職も視野に入れるべきか?

「仕事したくない」、「会社に行きたくない」という気持ちは、サラリーマンやOL、アルバイトをしている人であれば必ずといっていいほどあるはずです。この原因は職場で受ける「身体的疲労」と「精神的ストレス」に …

(転職)未経験職種への挑戦|スムーズに進めるためのポイントとは?

「未経験歓迎」「未経験可」などを転職サイトや求人票でよく目にしますが、本当に「未経験」で応募できるものなのでしょうか。企業が未経験者を採用することは、転職希望者だけでなく、企業にとってもメリットがあり …

志望動機の例文で書き方のコツを掴む!|採用担当者が見るポイントとは?

応募先への熱意・意欲を自分の言葉で自由に伝えられる応募書類の志望動機欄は自分を一番アピールできる場所といえますが、書き方に悩む人も多いです。特に新卒採用では、「志望動機」が非常に重要になります。 中途 …

最終面接(役員面接)でなぜ落ちる?|面接突破に向けた対策を紹介!

一次面接、二次面接の関門を突破し、いよいよ最終面接の段階になり、「最終面接や役員面接は意思確認の場だから落ちない」という話を耳にすることがあります。しかし、安心しきってはいけません。実際はそのようなこ …

企業の社会的責任(CSR)とは?|CSR活動から優良企業を見つける!

CSR活動という言葉をよく聞きます。企業の社会貢献活動と訳されますが、具体的な表現ではないのでわかりにくいです。中にはCSR=ボランティア活動と認識している人もいます。 CSRの捉え方、考え方はさまざ …