就職・転職

仕事が辛く会社を辞めたい|最終判断を下す前に確認すべきこととは?

投稿日:2019年3月10日 更新日:

社会人になると仕事での悩みも尽きません。仕事が辛い、辞めたいという感情を一度持ってしまうと、会社に行くことが辛くなります。やりたくない仕事、飽きてしまった仕事をただ淡々とこなしていく不毛な日々。

どうにかこの辛い毎日から抜け出せないものかと悩むばかりです。また、人間関係が良くないと職場でも常にストレスを抱えることになってしまいます。いくら給料が良くても、心地よく働ける環境でないと会社を辞める人も多くなります。

今の仕事(職場)から逃れたいと思いながらもこの先働き続けて幸せだと思いますか。しかし、すぐに会社を辞めたいとしても、なかなか辞めることができません。何も計画せずに会社を辞めてしまうのはかなり危険です。

辛い状況から自分を守る

根本的な原因が変わらないかぎり、事態が劇的に改善することはありません。しかし、何も準備をしないですぐに退職してしまうと金銭的な面で生活に支障を来すことになりかねません。生活の基盤を整えて退職することを考えましょう。

しばらくは現職に留まることになるので、自分を守ることを考えます。自分を守る方法としては、まずは人間関係の改善、人事部門に対して職場異動の働きかけなどを行います。

根本的な原因がすぐに変わると思える状況であれば、焦って転職するよりは良い結果になる可能性があります。たとえば、パワハラ上司が次の人事異動で他の部署に移る可能性があれば様子見で、異動がなければそのときに転職を前提にした行動を起こすを始めます。

社内での働きかけを行っても根本的な原因の改善が見込まれないようであれば、仕事は必要最小限に留めることとし、やらなければならないことだけをこなして、劣悪な環境の職場にエネルギーを注ぐのはやめましょう。

少し仕事との距離を置いて、余った時間とエネルギーを、転職活動などでもっといい環境探しに充てます。自分を守るためにはそれくらいの割り切りが必要になります。

転職活動は退職前と退職後のどちらにすべきか

働きながらの転職活動は時間的制約があり大変ですが、収入があることや離職期間がないことで、お金や内定までの期間に制約がないため、気持ちに余裕ができることが働きながら転職活動をすることの一番のメリットといえます。

一方、会社を辞めてからの転職活動は転職活動に集中できる時間が取りやすいメリットがあります。仕事と転職活動の両立が難しい場合や心身ともにリフレッシュしたい場合に選ばれる方法です。

しかし、内定が出るまでの期間が長期化してしまった場合に、収入面・精神面で余裕がなくなってきてしまうリスクがあります。

退職前に転職活動を行うべきか、退職後に行うべきかは、それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで判断しましょう。どちらが多いかといえば、生活基盤を確保する点を重視した会社を辞めずに転職活動を行う方が多いようです。

転職活動

在職しながらの転職活動は、長期に及ぶと仕事との両立は難しくなり、退職後の転職活動は離職期間の長さがデメリットとなる可能性があるため、転職活動は、あらかじめスケジュールを立てておく必要があります。

内定への返事も期限があるため、活動時期をあらかじめ決めて、転職先企業の比較検討ができる状態を目指すことが、大切になります。

転職活動の流れを大きく分けると、「どんな仕事が向いているのか」「給料や勤務時間など優先する条件」を明らかにする自己分析から始まり、業界や企業の情報収集、履歴書や職務経歴書の作成、応募、面接と進みます。

「自己分析・情報収集・書類作成」で2週間程度、「応募・面接」で1~2カ月程度、「内定から入社」までは1~3カ月程度が各期間の目安になり、全体では3カ月から6カ月程度が転職活動期間の目安となります。

転職活動をする場合、常に新しい情報を得ておくことでさまざまな点で有利になることがあります。自分だけで転職活動をするのと、転職のプロにサポートしてもらうのとでは転職活動期間の長さや、採用可否に大きな差が出てきます。

転職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

SCOA対策|公務員試験の攻略のカギ・対策・解答のポイントとは?

SCOA問題が筆記試験で出された場合、どんな対策を立てれば内定を獲得できるのでしょうか。実は一般企業も含めて最近の筆記試験で、SCOA問題を使うことが多くなっています。内定を取るために必要な知識なので …

「満何歳」とは?|正しい意味と履歴書の記載上の注意点とは?

履歴書で年齢を書こうとすると「満◯◯歳」という欄があります。履歴書は就職希望先の企業に提出する正式な書類のため、間違いがあってはなりません。満何歳と履歴書に書くとき、どのように記入すればいいのでしょう …

「仕事観」とは?|採用側の視点を知り自分の価値観を見つめ直す!

「仕事観」という言葉を聞いたことはありますか。新卒の就職活動の面接時に「あなたにとって仕事とは何ですか」と面接官によく聞かれる仕事観を問う質問です。 まだ、勤務したことがないのに仕事観なんてまったくわ …

簡単な仕事に就きたい!|長期的な視点で仕事を選ぶことが重要!

今の仕事がツラくて辞めたくないですか。クレーム対応ばかり、気苦労が多い、将来が不安、ノルマがきついなど、仕事をするにはこのようなことはつきものです。ならば、精神的に楽となる簡単な仕事に一度落ち着いてみ …

転職で内定辞退する場合の注意点とは?|誠意のある断り方やマナーとは?

転職活動で複数の会社で採用が決まり、内定辞退を電話ですることになる場合があります。複数の企業から内定をもらえば、いずれかの内定を断る必要が出てきます。どのような理由を会社に説明すれば角が立たないのか、 …