就職・転職

仕事が辛く会社を辞めたい|最終判断を下す前に確認すべきこととは?

投稿日:2019年3月10日 更新日:

社会人になると仕事での悩みも尽きません。仕事が辛い、辞めたいという感情を一度持ってしまうと、会社に行くことが辛くなります。

やりたくない仕事、飽きてしまった仕事をただ淡々とこなしていく不毛な日々。

どうにかこの辛い毎日から抜け出せないものかと悩むばかりです。

また、人間関係が良くないと職場でも常にストレスを抱えることになってしまいます。

いくら給料が良くても、心地よく働ける環境でないと会社を辞める人も多くなります。

今の仕事(職場)から逃れたいと思いながらもこの先働き続けて幸せだと思いますか。

しかし、すぐに会社を辞めたいとしても、なかなか辞めることができません。

何も計画せずに会社を辞めてしまうのはかなり危険です。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

辛い状況から自分を守る

根本的な原因が変わらないかぎり、事態が劇的に改善することはありません。

しかし、何も準備をしないですぐに退職してしまうと金銭的な面で生活に支障を来すことになりかねません。

生活の基盤を整えて退職することを考えましょう。

しばらくは現職に留まることになるので、自分を守ることを考えます。

自分を守る方法としては、まずは人間関係の改善、人事部門に対して職場異動の働きかけなどを行います。

根本的な原因がすぐに変わると思える状況であれば、焦って転職するよりは良い結果になる可能性があります。

たとえば、パワハラ上司が次の人事異動で他の部署に移る可能性があれば様子見で、異動がなければそのときに転職を前提にした行動を起こすを始めます。

社内での働きかけを行っても根本的な原因の改善が見込まれないようであれば、仕事は必要最小限に留めることとし、やらなければならないことだけをこなして、劣悪な環境の職場にエネルギーを注ぐのはやめましょう。

少し仕事との距離を置いて、余った時間とエネルギーを、転職活動などでもっといい環境探しに充てます。

自分を守るためにはそれくらいの割り切りが必要になります。

転職活動は退職前と退職後のどちらにすべきか

働きながらの転職活動は時間的制約があり大変ですが、収入があることや離職期間がないことで、お金や内定までの期間に制約がないため、気持ちに余裕ができることが働きながら転職活動をすることの一番のメリットといえます。

一方、会社を辞めてからの転職活動は転職活動に集中できる時間が取りやすいメリットがあります。

仕事と転職活動の両立が難しい場合や心身ともにリフレッシュしたい場合に選ばれる方法です。

しかし、内定が出るまでの期間が長期化してしまった場合に、収入面・精神面で余裕がなくなってきてしまうリスクがあります。

退職前に転職活動を行うべきか、退職後に行うべきかは、それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで判断しましょう。

どちらが多いかといえば、生活基盤を確保する点を重視した会社を辞めずに転職活動を行う方が多いようです。

転職活動

在職しながらの転職活動は、長期に及ぶと仕事との両立は難しくなり、退職後の転職活動は離職期間の長さがデメリットとなる可能性があるため、転職活動は、あらかじめスケジュールを立てておく必要があります。

内定への返事も期限があるため、活動時期をあらかじめ決めて、転職先企業の比較検討ができる状態を目指すことが、大切になります。

転職活動の流れを大きく分けると、「どんな仕事が向いているのか」「給料や勤務時間など優先する条件」を明らかにする自己分析から始まり、業界や企業の情報収集、履歴書や職務経歴書の作成、応募、面接と進みます。

「自己分析・情報収集・書類作成」で2週間程度、「応募・面接」で1~2カ月程度、「内定から入社」までは1~3カ月程度が各期間の目安になり、全体では3カ月から6カ月程度が転職活動期間の目安となります。

転職活動をする場合、常に新しい情報を得ておくことでさまざまな点で有利になることがあります。

自分だけで転職活動をするのと、転職のプロにサポートしてもらうのとでは転職活動期間の長さや、採用可否に大きな差が出てきます。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

企業研究のやり方|就活を効率よく有利に進めるための方法とは?

就職活動を開始すると、自己分析や企業研究を行うようにとアドバイスされることが多くあります。 その企業のホームページを見る、説明会で渡されたパンフレットを見るなどに終始した企業研究になっていませんか。 …

SPIテストで電卓は使用できるのか?|テスト前に必要な準備とは?

時間との戦いと言われるSPIテストは言語問題はともかく計算が多い非言語問題では電卓が使えれば何とかなると思う人も多いはずです。 SPIテストの種類による電卓の利用可否や対策について解説します。 ☞ 就 …

内々定の取り消しはあるのか?|内定との違いや不安を払拭するカギとは?

就活生にとって「内定」は1つのゴールです。就活で内定をもらう前に内々定と呼ばれる段階があります。 「内々定」は貰うと嬉しい半面、不安を覚えるキーワードでもあるようです。 実際に内定と内々定では法的に大 …

扶養手当・家族手当・配偶者手当とは?|支給金額の実態や今後の流れは?

それぞれの会社にある福利厚生の一つである、家族手当、扶養手当、配偶者手当は会社ごとに支給額が異なります。 法律上義務付けられているものではなく、金額以外にも呼び方や支給条件といったものも会社によって様 …

内々定辞退のポイント|お互いに良い関係を築ける辞退のしかたとは?

複数の会社から内々定をもらった状況で、他の会社への入社を決めた場合などに内々定を辞退することがあります。 内々定辞退をする際、基本的には電話連絡をするものです。 複数の内々定をもらえるのは嬉しいことで …