就職・転職

就活靴の選び方のポイント|面接官は足元をよく見て判断している!

投稿日:

面接では第一印象が大事ということは、就活生なら誰でも知っているとは思います。就活では、スーツに合わせて靴も用意する必要があります。就活用の靴、どんなものを選んでいいかわからず、悩んでいませんか。

面接時に靴を見ている採用担当者は意外に多く、人気のあるレベルの高い企業ほど、細かな部分にも気を配れるかどうかをチェックする傾向があります。しかし、就活の靴はただ単に高いものを買えばいいというわけではありません

きれいに磨き上げられたピカピカの靴を履いていれば、「きちんとしている」「清潔感がある」と思われ、信頼や好印象に繋がります。

就活に適した靴の種類

1.就活用の靴の形・色

(1)男性の場合

ビジネスシーンにおいては黒い靴が最もフォーマルとされてます。就活シーンでの靴色は、まずは黒の中から選んでおきましょう。また、形については先が尖りすぎているデザインや、スクエアになっているものなどではなく、無難なプレーンを選びましょう。

(2)女性の場合

女性の場合も色は黒が鉄則です。黒のパンプスなら黒いスーツやカバンにもしっかりマッチします。形についてはラウンドトゥとは、つま先の形のデザインの名称で、つま先が緩やかな曲線で丸みを帯びたタイプのことを言います。

これがもっともベーシックな形とされていますので、就活中はラウンドトゥのパンプスでヒールの高さは3~5cm程度、そして太いヒールを選びましょう。

2.就活におすすめの靴の種類

(1)男性の場合

「ストレートチップ」の「内羽根」を選びましょう。ストレートチップとはつま先のデザインの名称で、革靴の先端部分に横一文字の縫い目があるデザインのことです。

冠婚葬祭などのフォーマルな場所にふさわしい靴とされており、あらゆるシーンでも失礼にならないデザインであるため、就活にもオススメです。

靴の紐を留めている部分を羽根といいますが、これには外羽根と内羽根の2種類があります。内羽根は、靴紐を通す部分が靴と一体化しているもの指し、一方、外羽根は靴紐を通す部分が外から縫い付けてあるものを指します。

(2)女性の場合

無地でエナメルでもスエード素材でもない革素材を選びましょう。また、ストラップ付きのパンプスを選ぶと非常に歩きやすく、靴擦れも起こりにくいです。長い期間にわたる就活あるため、機能面のメリットからストラップ付きのパンプスを履く就活生も多いです。

就活で使う靴選びのポイント

就活では、1日に何社もの企業を訪問する可能性があり、しかもそれが何日も続く可能性もあります。したがって、履きやすく歩きやすいことが重要です。歩きやすい靴の条件として、サイズが合っていることが大切です。

サイズが大き過ぎると、歩くときにかかとがカパカパと浮いてしまい、歩きにくくて疲れやすくなってしまいます。靴を購入する際は、できるだけ試着して選ぶようにしましょう。できれば、足がむくんでくる夕方に試し履きするのが理想的です。

なお、両足で試着して、それぞれかかと側に手の指を1本入れてみて、すっぽり入ってしまうようなら、大き過ぎです。加えて、数歩、歩いてみたときの感覚で選ぶとよいでしょう。

また、ビジネスシューズの底素材はゴム底が革底に比べると耐久性も高く防水性もあります。値段も革底に比べると安いので、就活生からはゴム底の方が圧倒的に人気が高いです。外を歩くことが多い就活生にはおすすめの素材といえます。

さらには、悪天候の中でも外を歩かなければならないこともあります。就活靴を選ぶときに大事なのは、格好いい靴でもハイブランドでもありません。歩きやすい靴を選ぶことが一番大事です。

靴の手入れのしかた

革靴のお手入れは難しく考える必要はありません。まずは革靴の表面をブラッシングしていきます。イメージとしては表面のホコリやゴミを取り除くような感覚です。次に汚れ落とし用のクリーナーをスポンジにつけ、さらに表面の汚れなどを落とします。

さらに靴クリームをつけて磨きをかけます。あとはブラシ、または布で丁寧に拭き取って終了です。ちなみにクリームやクリーナーは500円~1,000円前後で用意できるため、経済的にもそこまで負担がかかることはありません。

基本的な流れは難しくありませんが、日々継続することが大切になります。

就職活動は二足体制で臨む!

前もって準備している段階で、同じ革靴を2足用意しておくことをオススメします。雨に濡れてしまって翌日も就職活動をしなければいけない場合も、代役がいてくれれば、焦らずに済みます。

また、革靴は一足を履きつぶしてからもう一足を買うよりも、二足で交代しながら履く方が、トータルで見た時に長持ちします。

就活で迷いが生じたら就活エージェントに相談しよう!

就活をしていると、面接の服装にビジネスカジュアルを指定する企業の選考に進むこともあると思います。服装や面接時のマナーに迷ったら、就職エージェントに相談するとよいでしょう。

就活エージェントでは、多くの方の就職を支援してきた経験を持つ就活のプロが在籍しています。面接にふさわしい服装や立ち居振る舞いなどのマナーを詳しく教えてくれます。

さらに、求人を掲載している企業情報にも精通しているため、企業の雰囲気や社員の服装など、求人サイトでは分からないことを知ることも可能です。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

 

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

面接のコツ|面接官が見ている採用に繋がるポイントとその対策とは? 

ほとんどの企業の採用は面接第一主義です。事前準備をせずに面接に臨むのであれば、時間の無駄になります。面接に臨むならば「内定」を勝ち取りたいところですが、面接を苦手とする人が多いのも事実です。 多くの就 …

就活写真で合否が決まる?|内定獲得は写真の出来(値段)で決まるのか?

就活等においてエントリーシートや履歴書などに添付する証明写真は極めて重要となります。写真館やフォトスタジオでプロに撮影してもらうか、街角に設置されている証明写真機などを利用するかのどちらかになるでしょ …

SCOA対策|公務員試験の攻略のカギ・対策・解答のポイントとは?

SCOA問題が筆記試験で出された場合、どんな対策を立てれば内定を獲得できるのでしょうか。実は一般企業も含めて最近の筆記試験で、SCOA問題を使うことが多くなっています。内定を取るために必要な知識なので …

就活時期はいつからスタート?|就職協定のルール廃止とその影響とは?

建前では、就活は大学3年生の3月からスタートして、大学4年生の6月に面接が解禁されて、内定がもらえるスケジュールになっています。しかし、実際はこれよりも前にスタートしています。 就活の失敗を防ぐため、 …

高卒で就職するメリットとデメリットとは?|人気の高い職種は?

大学全入時代と言われている今時ですが高卒で就職した人は、どのような職業についているのでしょうか。高校生の人からすれば気になる点だと思います。 多くの人が借金までして大学に進学する為、大学に進学するメリ …