就職・転職

転職面接の対策|基本的な面接の流れとよくある質問にどう対処する?

投稿日:2019年11月9日 更新日:

転職活動の際、最も緊張する瞬間が面接です。転職の一次面接・二次面接・最終面接はどのように違うのか。転職の選考では、面接フェーズごとに面接官が変わるケースが多くあります。

面接は営業活動に似ています。応募しているライバルの中から、自分を選んでもらわなくてはなりません。面接の場においては、「自分が話したいことを話す」のではなく、「相手が聞きたいことを答える」ことを意識して、質問されて困らないようにしっかり準備しましょう。

面接の回数・内容

多くの企業では面接回数は2、3回で設定しているようですが、企業規模によって変化します。比較的規模の小さい会社は、社長や現場の役職者に人事決定を一任している場合があるため、面接は1回というケースもあります。

大手企業になると採用に関わる人が増えて、面接回数も増加します。面接内容と担当者は面接ごとに異なることがほとんどです。

1.一次面接

人物評価に重点が置かれます。話に一貫性があるのか、応募者はどのような価値観でキャリアを築いてきたかなどを確認する質問が多くなります。

前職の退職理由や職務経歴書を確認しながら面接を進めるため、面接での回答は提出書類と一貫性を持たせることが大切になります。面接官は人事部や募集部署の中堅社員が務めることが多くなっています。

2.二次面接

業務に関する適性やスキル、志望度の高さを確認します。入社後に直属の上司となる課長から部長くらい人物が面接官を務めることがほとんどのため、一次面接よりも一歩踏み込んだ質問になります。

業務をどのくらい理解しているのか、一緒に働いても問題ない人物かなど、職場に合う人物か見極めます。

3.最終面接

一次面接や二次面接で話した内容の最終確認と企業に合う人物かどうかを最終判断します。社長や役員が面接官になるため、自社の事業展開や組織運営に則った人物であるかを重要視しているケースが多いでしょう。

面接前に再度、企業研究をして理解を深めておいた方がよいでしょう。

面接時によくある質問は?

面接の基本的な流れです。面接の流れはほとんどの企業で同じようなものになります。なぜなら、採用担当者が面接で知りたいことはどの企業でも共通しているからです。

このことを理解していれば、採用担当者が面接で知りたいことや評価基準が分かり、面接対策が可能になります。

1.一次面接

  • 自己紹介をしてください
  • 今の会社を選んだ理由は何ですか
  • なぜ会社を辞めようと思ったのですか
  • あなたが転職先を選ぶ基準は何ですか
  • なぜ当社を選んだのですか
  • 当社で活かせる経験は何ですか
  • 何か質問はありますか

2.二次面接

  • 入社後にやりたいことは何ですか
  • 当社を志望する理由を教えてください
  • あなたを採用するメリットを教えてください
  • 10年後あなたはどうなっていたいですか
  • 仕事仲間でやりづらさを感じるのはどのようなタイプですか

3.最終面接

  • 志望動機と自己PRをお願いします
  • あなたの長所と短所は何ですか
  • 転職活動のご状況はいかがですか
  • 入社後にチャレンジしたい事はありますか
  • あなたの能力やスキルはどのような場面で発揮できますか
  • 同業他社ではなく当社を志望したのはなぜでしょうか
  • 業界では今◯◯のニュースが話題ですが、意見を聞かせてください
  • ◯◯(ネガティブな情報)な仕事ですが大丈夫ですか
  • 何か質問はありますか

面接対策はどうすればよいか

伝え方ひとつで面接官の印象が変わります。よくある質問については上記のように紹介しましたが、どのように答えるのかについてはいろいろと悩むことでしょう。

面接や履歴書に不安がある、第三者のアドバイスを受けたい、自分に合う正社員求人を探してほしいという人は転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントでは求職者一人ひとりに専任のアドバイザーが付き、転職に関する相談を広く受け付けています。面接対策についても最新の企業情報をもとに効果的なアドバイスを行うことが可能です。

転職で悩んでいませんか? 転職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

リクルーター面談とは?|接触があったときから選考は始まっている!

就職活動中「リクルーター」という言葉をよく聞くかと思いますが、リクルーターの意味や役割を知っていますか。リクルーター制度を導入している企業が増えており、実はリクルーターは、内定への最大の近道になり得る …

転職者の面接マナーとは?|新卒者とは異なり面接官の見方に注意!

面接の準備は万全で臨みたいもの。面接マナーは面接合否を決めるほど大事なものです。中途採用においては面接でのマナーを重視する企業が多いです。 新卒なら世間知らずであっても多少は許される部分がありますが、 …

短所の「優柔不断」を長所に言い換える|面接時でのアピール方法とは?

就職活動において、面接時で長所と短所を聞かれることが多くあります。そのとき、悩みどころとなるのは短所の答え方です。短所はネガティブなものなので内容と伝え方を間違えると仕事が出来ない人だと思われてしまい …

ベンチャー企業への転職|ストックオプションでモチベーションアップ!

ベンチャー企業の激務と不安定性に耐えるには、自分にとっての経済的条件は別にしてでも、「このビジネスを成功させたい」という仕事自体に対するモチベーションが必要です。 転職の際、ストックオプションを目的に …

簡単な仕事に就きたい!|長期的な視点で仕事を選ぶことが重要!

今の仕事がツラくて辞めたくないですか。クレーム対応ばかり、気苦労が多い、将来が不安、ノルマがきついなど、仕事をするにはこのようなことはつきものです。ならば、精神的に楽となる簡単な仕事に一度落ち着いてみ …