就職・転職

就活での自己PR|インターンシップの経験はアピールできるのか?

投稿日:2017年10月26日 更新日:

インターンシップに参加する学生が増えており、このインターンシップの経験を自己PRの中で活用したいと考える就活生は多いですが、その経験そのものをアピールすることで失敗している人も多いです。

自己PRで他の学生に埋もれないためにはどのような点を考えてアピールするのがよいのでしょうか。

インターンシップの経験は就職活動でアピールになるか

インターンシップには、グループワークによるシミュレーションがメインの短期インターンと、社員と一緒に実務を経験する長期インターンなど様々な種類があります。

しかし、内容によってはエントリーシートに書いても評価を得られず、場合によってはマイナス評価をされてしまうこともあるので注意が必要です。

短期インターン参加の経験は企業への志望度や就活への積極的な姿勢のアピールにはなりますが、期間が短く成果も出しにくいため、自己PRとしてアピールするのは難しい面があります。

一方、長期インターンは実際に仕事を行って会社に貢献した経験を作れますので、自己PRとしてもアピールしやすいといえます。実際に仕事に携わるため、責任感やどのように仕事をまわすのか、問題の抽出や解決など、学生では体験できないことを経験できます。

そのため、評価の対象に値するのです。多くの学生は、就職活動のアピール材料としてインターンシップに参加していると思いますが、そこがゴールになってしまっていると、エントリーシートなどに書くときに質素な内容になってしまい、採用担当者の心をつかむことはできません。

インターンシップに参加する就活生は、独自の目的を掲げ、どう成し遂げたかを書けるように意識しながら体験するようにしましょう。

インターンシップは企業にも学生にもメリットあり

長期のインターンシップでは、企業はじっくりと学生の態度や考え方を見ることが出来ます。そのため、短時間の面接試験では見抜くのが難しい現場での態度、仕事ぶりを採用の基準にすることができます。

学生としても、会社の実態をしっかりと見ることができ、納得して働くことが出来ます。インターンシップを通じて、お互いに納得して採用・就職をすることができ、ミスマッチを防げる長期インターンシップは、実は会社にとっても、学生にとっても良い制度なのです。

一方、短期のインターンシップにおいても、企業の採用ホームページには企業の事業内容などが書いてありますが、インターンシップでは企業の取り組んでいる事業について詳しく、分かりやすく説明することにより就活生に素早く企業を知ってもらうことができます。

【企業側のメリット】

・社名や商品を学生たちに認知させ、波及効果を期待できる

・学生を育てる役割を訴えることで、企業の印象を高めることができる

・学生たちをモニターとして、市場調査ができる

・採用候補者を探すことができる

・採用ミスマッチを防ぐのに役立つ

【学生側のメリット】

・社会人の働く様子を具体的に確認できる

・仕事に必要な知識・技術・意識などを学ぶことができる

・社員から業界や仕事の詳しい話を聞くことができる

・社会人との人脈ができる

・インターンシップの経験を自己PRや志望動機でアピールできる

・自分を売り込む場として活用できる

インターンシップ経験を自己PRで伝える際のポイント

インターンシップでの経験を企業に伝える場合、経験した事実や感想を伝えてもあまり効果はありません。内容ではなく、「何を得られたか」ということが最も重要になります。

得られたことというのは、プラス面だけではなく、自分に不足していたことの発見や、苦労したことなども大切な経験も含まれます。以下のポイントに留意して得られたことをアピールことが大切です。

1.自己PRのポイントを明確にする

これはインターンシップの経験だけに限りませんが、ビジネスの世界では最初に結論を提示します。自己PRのポイントとインターンのエピソードに矛盾が無いようにすることです。なお、インターンのことを強調しようとしすぎて自己PRがぼやけないように注意する必要があります。

2.成長や成果よりも努力や姿勢をアピールする

インターンシップを自己PRに用いる人に多くありがちなのが、「○○の仕事を経験しました。 ・・・ 成長する機会になったと思います。」や「○○という結果を残しました。」のような成長や成果をアピールする内容です。

多くの人が成長や結果をアピールするので他の就活生と差別化を図ることが難しいです。インターンシップを自己PRで使える強みは成長や成果よりも「ビジネスの現場での努力や姿勢がイメージしやすい」ことです。

インターンシップの業務内容をより具体的な業務に関する描写があることで、採用側もあなたが働いている姿をイメージし、そこからの経験や感じたことに共感が持てるようになります。

アピールポイントの視点を変えて、インターンシップで何を考え、どのような行動をしたのかを強調することで他の就活生との差別化を図りましょう。

3.企業の求める人材像であることをPRする

自己PRではありますが、どの企業が相手でも同じようにアピールするのは考え物です。アピールできるポイントは一つではないはずですから、可能な限り企業の求める人材像に近いことをアピールするようポイントを検討します。

インターンの経験をもとに自己PRを作ろうとするのではなく、自己PRの内容をまずしっかり考え、適切であればインターンシップの業務経験をもとにエピソードを展開するのが正しい順番です。

企業が求めていることに対して自分が学んだことを活かせることを訴えれば、企業はそのような学生を不合格にしにくいものです。

インターンシップ経験を用いた自己PRの具体例

インターンシップの経験を自己PRに活用する方向性として、志望企業の求められる人物像に関連した体験をアピールしたり、自己の努力や姿勢をアピールしたりする方向が考えられます。

例:Web制作会社でのインターンシップの経験を用いた自己PR

私は根気強く最後まで物事に取り組むことを信条としています。

先日、Web制作会社でのインターンシップに参加しましたが、与えられた仕事がSNSの担当者としてフォロワーを2週間で500人にすることでした。

企業のスタッフから必要となるノウハウは教えていただけましたが、1週間を経過したところで、フォロワーが100人から数字が伸びずに苦しみました。そこで、私は今までの方法に加えて、流れてくる情報に対して返信したり、シェアしたりということを地道に行うことをしました。

流れてくる情報のひとつひとつに目を通すのは予想以上に大変でしたが、アカウントのキャラクターを損なわないよう注意しつつ日々何百件もの返信や共有を行いました。最後の二日間はほぼ徹夜で1,000件以上のメッセージに目を通し反応したと思います。

その結果、フォロワーが増えて目標を達成することができました。

インターンシップの自己PRは経験ではなく自分をアピールする

インターンシップを経験することによって、就職活動を有利に進めやすくなることは事実ですが、企業の採用担当者には「インターンシップを経験した」という内容だけでは関心を示しません。

インターンシップの経験をアピールしたいという思いが強すぎると、かえって自己PRがぼやける結果となります。自己PRなので、自分をアピールすることをメインとし、その内容に適切ならばインターンシップのエピソードを盛り込むようにしましょう。

インターンシップのエピソードは社会人として業務にあたる姿勢を具体的にイメージさせることができますので、強力な武器になります。アピールポイントを押さえて、有効活用しましょう。

もし、自己PRのアイデアが思いつかず困っているならば、就活エージェントに相談してみるのもよいでしょう。就活エージェンでは書類の添削から面接対策まで細やかにサポートしてくれます。

一人ひとりの魅力を企業に伝えられるように、就活アドバイザーが丁寧にアドバイスします。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

内々定辞退のポイント|お互いに良い関係を築ける辞退のしかたとは?

複数の会社から内々定をもらった状況で、他の会社への入社を決めた場合などに内々定を辞退することがあります。内々定辞退をする際、基本的には電話連絡をするものです。 複数の内々定をもらえるのは嬉しいことです …

就活サイトへの登録|内定獲得のために有利となる組み合わせはコレだ!

就活をスタートするとき、どのように進めていけばよいのか分からない人が多いことでしょう。就活サイトを利用して情報収集しようとしてもどの就活サイトを利用すればよいか悩みます。最初にぶち当たる一つの壁です。 …

SPIテストで電卓は使用できるのか?|テスト前に必要な準備とは?

時間との戦いと言われるSPIテストは言語問題はともかく計算が多い非言語問題では電卓が使えれば何とかなると思う人も多いはずです。SPIテストの種類による電卓の利用可否や対策について解説します。 目次SP …

履歴書写真の服装|ネクタイなし・スーツ以外では選考漏れとなるのか?

就職活動で証明写真は履歴書の印象を決める大きな要素となってきます。街中にあるセルフの証明写真ボックスでスーツではない服装で写真を撮っている人もいます。履歴書の写真はスーツ以外で撮っても大丈夫なのか正し …

みなし残業代をめぐるトラブル|会社員なら知っておきたい対処法とは?

頑張って残業をしたのに、給与明細を見たら残業代が少ない。「うちの会社は『みなし残業』だから、いくら働いても残業代は変わらないんですよね」と働く現場では、よくこのような言葉を聞くことはありませんか。 こ …