就職・転職

飲食業への転職|他業種での経験を活かして将来的な独立を目指す!

投稿日:

飲食業界は好立地店舗やリノベーションした店舗などオシャレで洗練されたイメージがある一方、働き方については長時間労働など仕事にきついイメージを持っている業界といわれています。

飲食業界は人手不足に悩まされており、採用が活発な業界の一つです。実際に転職するとなると「本当に未経験でも大丈夫か」「転職後、続けていけるか心配だ」など、悩んで二の足を踏む人も多いのではないでしょうか。

しかし、飲食業は、やりがいを感じて働いている人が多い職業です。転職や起業するときに、自分が経験している業種をベースに選ぶ人が多いです。実は飲食業にはビジネスのあらゆる要素が含まれているため、他業種での経験が生きる場面が多くあります。

多方面から新規参入しており、成功を収めた人も少なくありません。

独立した仕事を目指すなら飲食業がオススメ

1.身近な仕事である飲食業界

飲食業は私たちの暮らしに密着しています。学生時代に飲食業界でアルバイトをした経験のある人は多いのではないでしょうか。また、利用客として飲食店に入ったことがないという人はいないというほど多くの人に利用されています。

このように社会に密着している飲食業で働くことに関心のある人も多くいます。

2.人と接することが好きな人にとってやりがいのある環境

人と接することが好きという人にとって飲食業はやりがいのある環境であるといえます。デスクワークの仕事では目に見える形で貢献している実感を得ることは難しいのですが、飲食業では直接お客様に接することになるので目に見えて貢献しているという実感を得られやすい業界といえます。

3.早期に人材育成の経験ができる

飲食業界は人手をアルバイトで補っているところが多いです。

正社員はアルバイトに対して接客などの教育を行っていく仕事もあるため、早い時期からアルバイト従業員の人材育成に携わることができ、伝え方や指導方法などを試行錯誤しながら自分自身のスキルを向上させることが可能です。

4.将来的に独立可能

飲食業界は若いうちから店舗責任者として店長などの役職につくことが多くあります。店長などの店舗を管理する立場になれば多種多様な業務を全て請け負うこととなります。数字を考えながら人を動かしますし、売上を予測した人材配置など様々です。

こういった経験から独立して自分でお店を立ち上げる人がとても多くいます。店舗責任者としての仕事の経験は将来自分がお店を持った時にとても役に立ちます。他業種から脱サラして飲食店を開業した人よりも、この業界で経験を積んだ人の方が有利です。

将来的に独立を目指すのであれば飲食業界への転職はオススメです。

目標を持って働くことが将来的な独立への近道

飲食店で3~5年くらいも勤めれば自然と店長やホール長といったリーダー的な立場を任されるようになります。職場によってはもっと早く、経験1年ほどで店長を任されるケースもあります。

他業種から脱サラして飲食店を開業する人もいますが、やはり同業種を経験し、接客から店舗経営まで一通り任されたことがある人は、独立してからも強いのです。

将来は自分の店を持つ経営者になる、と決めた瞬間から、毎日の仕事から得られる経験のすべてが将来の糧になっていきます。将来独立を考えている人にとっては、店長職は経営を学べる環境です。早い時期に経営を学んで独立しましょう。

飲食業界の転職には転職エージェントの利用がオススメ

飲食業界は近年、インバウンド需要などさまざまな要因から市場規模は拡大、景気は回復傾向にあります。また、人材の需要も高まっており、売り手市場が続いている飲食業界では人材の配置が間に合っていない企業も多く、人材不足は深刻な課題となっています。

慢性的な人員不足の原因は、「飲食業界=ブラック企業」のイメージによるものが主なものとなっています。しかし、最近では悪しきイメージの払拭や人材不足の解消のために、職場環境や待遇の改善に注力する流れが広がっています。

また、飲食業界には接客、商品開発、調理、経営管理など、さまざまな部門があり、他の業界で培ったスキルが活かせれる職種が多いことで、他の業界からの転職も広く設けられています。

一方で、未だにブラック基質の企業が残っていることもあり、今では優良企業を求めて、転職エージェントを活用した転職活動をされる人が増えています。

転職エージェントを利用すると給与、労働時間、雇用形態などの条件はもちろんのこと、面接日程の調整、企業形態、上司の人柄などの内部情報も教えてもらえます。転職を検討している人は、まず転職エージェントに相談してみることをオススメします。

転職で悩んでいませんか? 転職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活に英語力は必要か|効果的な英語力のアピールのしかたとは?

就活に英語力は必要だと思いますか。外資系企業など一部の企業では、採用条件として高い英語力を求めています。高い英語力を求める企業に応募する人は、すでに英語を勉強していることでしょう。 一方、高い英語力ま …

短所の「優柔不断」を長所に言い換える|面接時でのアピール方法とは?

就職活動において、面接時で長所と短所を聞かれることが多くあります。そのとき、悩みどころとなるのは短所の答え方です。短所はネガティブなものなので内容と伝え方を間違えると仕事が出来ない人だと思われてしまい …

転職で年収アップを勝ち取る|自分の市場価値を知ることからはじめよう!

今の会社の仕事にやりがいを感じられず、給料が安くてやっていられないと感じたとき、転職で年収アップを考え始めると思います。転職で年収アップする人はどれくらいなのか気になるところです。 実際には転職で不満 …

休職すると給料はもらえない?|休職手当や制度はどうなっているの?

給料は労働の対価として支払われています。もし、病気、ケガなどで休職せざるを得なくなったとき、休職中の給料はどうなるのでしょうか。休職中に給料がもらえないと生活に支障を来たすので、手当の有無が気になりま …

就活時期はいつからスタート?|就職協定のルール廃止とその影響とは?

建前では、就活は大学3年生の3月からスタートして、大学4年生の6月に面接が解禁されて、内定がもらえるスケジュールになっています。しかし、実際はこれよりも前にスタートしています。 就活の失敗を防ぐため、 …