就職・転職

転職の相談相手は誰がよいか?|相談すべき相手は活動状況によって異なる

投稿日:2019年9月1日 更新日:

転職したいけど、一人で悶々と様々な不安や悩みを抱える人が少なくありません。

転職をするというのは大きな決断なので、自分だけで決めて大丈夫か、誰かに相談しなくて大丈夫かと考える人も少なくないことでしょう。

転職そのものに対する悩みもあれば、そもそも転職すべきかどうか悩んでいるというケースもあると思います。

しかし、転職をしたいと思っても、相談できるところが少ないなどの悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

転職について相談すべき相手とは

1.基本は自分ひとりで決断するもの

転職するのか、転職しないのかを迷っている時、いったい誰に相談したらいいのだろうか。

誰に相談したところでしょせん相手にとっては他人事にすぎないのです。厳しい言い方になりますが、人生の一大事だからこそ、決断は基本的に自分でしなければならないのです。

しかし、そうはいっても、転職は重要な問題なので、できれば誰かに相談したいというのが本音でしょう。

特に、初回の転職では、転職するということがどういうことなのか実感を伴った情報がないので、他人の意見を聞きたくなるケースが多いでしょう。

今の勤務先以外の社会経験がないので転職後、会社に馴染めるのかなど、整理しきれない不安が払拭出来ないことが多く、なかなか転職への踏ん切りがつかないのです。

実際のところ、自分の心の中では「転職する」という答えが既に用意されていて、相談というものは、その答えに対して後押ししてもらいたいという願望があるのではないのでしょうか。

2.家族への相談は?

家族は、親身になって相談にのってくれますし、情報がもれるリスクも少ない相談相手ですが、転職のプロではありませんから、アドバイスをうのみにしてしまうと、転職活動の方向性を見誤ってしまう可能性もあります。

また、一般論として、親や兄弟は相談者に対する感情移入が強すぎて、意見を押しつけようとすることがあるから、転職の相談に一番いい相手とはいえません。

結婚していれば配偶者(妻や夫)も同様です。

ただ、転職の決意を固めた後は、特に既に結婚していて配偶者がいる人は、必ず転職活動を始める前に相談をして、あらかじめ同意をとっておくようにする必要があります。

家族への相談を後回しにして、内定が出てからはじめて転職のことを家族に切り出す人がますが、家族の同意を取っていないばっかりに、内定をとった後にトラブルになるケースが少なくありません。

家族の同意が得られないために内定を辞退する人は多くいます。

3.転職活動をする上で相談すべき相手とは?

転職活動をスムーズ行うためには、冷静な市場分析などを基にしたサポートを得ることも有効です。

転職エージェントなどの転職支援サービスの利用が挙げられます。

転職エージェントは、業界や転職市場についての最新の情報や転職ノウハウを豊富に持っています。

数多くの転職事例を知っているプロですから、適切なアドバイスがもらえることでしょう。

転職について、正確なアドバイスを得たいのであれば、転職市場に詳しいプロへの相談がオススメです。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

転職エージェントを利用すべき理由

1.仕事との両立を図れる

空白期間を作らないために、仕事を続けながら転職活動をする人も多いです。

転職エージェントでは、スケジュールの管理をしてくれるため、転職活動と仕事の両立がしやすくなります。

退職してから転職活動を行なうと、収入がないことや転職先が決まらないことへの焦りから、妥協して希望条件に合わない企業に就職しがちです。

効率的に行なうためにも転職エージェントの利用は欠かせません。

2.仕事のミスマッチが少ない

転職エージェントでは、非公開求人を多く取り扱っています。

また、専門のキャリアアドバイザーなどが相談に乗ってくれるため、自分に合った仕事も見つけやすくなります。

業界にしっかりとした強みを持つ転職エージェントを活用すれば、その業界の人でないと知らないような業界の構造や将来性、具体的な仕事内容などの基本的な情報の提供がありますので、転職がしやすくなります。

3.前職のスキル等を活かせる職種も見つけやすい

前職で培ったスキルがあれば、それを活かせる職種を探すというのもひとつの手です。

職種が同じでも、業界が違えば職場の雰囲気は全く異なります。

今とは違う仕事がしたいと思っている人でも、業界を変えるだけでその希望が叶う可能性は高いのです。

また、前職で培ったスキルだけでなく、他の職種や業界でも活かせるスキルを磨くことも大事な考え方です。

語学力やコミュニケーション能力が高かったり、宅建士や社労士など需要が高い資格を持っていたりすると、そのスキルを活かした転職も比較的スムーズにできます。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

キャリアプランの立て方・考え方|面接で好印象を与える回答とは?

社会人になるにあたり、ご自身のキャリアついて考え始めた方も多いと思います。 働く以上はキャリアプランを意識すべきだという考えがあります。 キャリアプランを描くことは、将来の自分の目標を明確にし、就職活 …

履歴書に印鑑は押さなければならないのか?|押印欄が無い場合は?

コンビニや書店、文房具店など市販で売っている履歴書を見てみると、「押印(印鑑を押す)欄」がない履歴書が多くあります。 ビジネスシーンにおいて、重要なビジネス文書には印鑑が必須です。 履歴書も重要なビジ …

就職に英語力は必要か?|英語ができないと就職活動は苦戦するのか?

企業のグローバル化の流れに伴って、語学力がある人材を採用したい企業は多くなっています。 英語力は就職活動をする上で役に立つことが多く、高い能力が身に付いていれば選考も有利に進めやすくなります。 選考基 …

エントリーシートの書き方のコツ|内定獲得に繋がるポイントとは?

この記事ではエントリーシート(ES)の書き方について紹介します。 ES選考は、就職活動の最初の関門ですが、どのようにESを書けば選考を突破できるのか分からず、悩みを抱えている人は多いのではないでしょう …

就活時期はいつからスタート?|就職協定のルール廃止とその影響とは?

建前では、就活は大学3年生の3月からスタートして、大学4年生の6月に面接が解禁されて、内定がもらえるスケジュールになっています。 しかし、実際はこれよりも前にスタートしています。 就活の失敗を防ぐため …