就職・転職

就活失敗でもまだ諦めない!|二次募集で採用を勝ち取る攻略法とは?

投稿日:2018年9月11日 更新日:

新卒採用で追加採用を行う企業は毎年増えてきています。

一次募集の期間のみでは採用計画通りにいかないところが多いようです。

新卒で就活を行う際に意外に二次募集が気になります。

一次募集で人数が集まらなかったときだけ募集がかかるわけではありません。

二次募集をどうして行うのか。就活が難航すればするほど二次募集に期待を寄せます。

企業は二次募集で一次募集とは別の人材を求めていることも考えられます。

もしかしたらあなたが二次募集向きの人材である可能性もあります。

このわかりにくい二次募集について、攻略法もあわせて、詳しく紹介します。

就活の二次募集とは?

就活は6月から選考期間が始まり、9月頃に内定が出揃うのが一般的です。

二次募集とは、一次募集が落ち着いた秋以降に行われる採用のことです。

一次募集で内定を得られなかった新卒生にとっては大きなチャンスです。

企業が二次募集を行う理由は、「一次募集で採用人数が満たされなかった」「内定辞退者が出て人員不足になった」「新たに新卒採用枠が増加した」などが一般的です。

採用人数を多く設ける予定の場合は、最初から複数回にわたって募集をかけることもあります。

二次募集を行う企業は、大手企業から中小企業までさまざまです。

二次募集のハードルは高いのか?

二次募集の採用では、一次募集の際に採用できなかった人材を二次募集の枠で埋めていくことです。

たとえば、営業タイプの人材が欲しい場合や技術系、研究分野に長けた人材が欲しい場合など、二次募集で求められるタイプには偏りが見られることが多くあり、企業が求めている人材がわからない学生側にとっては不利に働くかもしれません。

また、一次募集で採用したレベル以上の人材でないと採用しないということもあり得ますので、こういったことから判断しても二次募集はハードルが高いといえます。

しかし、中身を重視した採用が行われる傾向もあるため、自分のユニークポイントを把握している人にとっては、二次募集は大きなチャンスであるといえます。

一次募集で内定がもらえなかった場合でも二次募集でも応募できるか?

一次募集でだめだった企業の二次募集を見ると、再度挑戦したいという思いはあるはずです。

しかし、一次募集を通過できなかったというのは、企業の採用基準を満たさなかったということなので、二次募集で採用される可能性は極めて低いと考えられます。

募集要項にも一度採用試験を受けたことのある人は再度応募できないと明記されている場合もあります。

就活で一度採用されなかった企業には縁がなかったと考えるのが得策です。

どうしても目指したい企業である場合は、一旦別の企業に就職してスキルを磨き、その後転職を試みるほうがよいでしょう。

二次募集で採用を勝ち取るには?

企業側は「どうして一次募集でなく二次募集で受けてきたのか」という疑問を持っています。

これに対して一次募集で就職を決めなかった理由に加えて、どうしてその企業を二次募集で受けたのかを説明できる志望動機を作成することが大切になります。

まず、一次募集で就職先を決めなかった理由として、「留学していた」「研究やスポーツに打ち込んでいた」「一次募集のときに志望していた企業から転換することにした」などが挙げられ、採用担当者が納得できるような説明が求められます。

また、二次募集の時期ともなると、就活で多くのことを経験しているので、一次募集の時に培われた経験を活かし、再度自分を見つめなおすこともできるはずです。

応募書類にもこれまで以上に工夫をこらし、話し方や表現方法など多くの引き出しを増やすことで、この企業で働きたいという意思を採用担当者に伝えることが出来れば、難関の二次募集でも内定につながります。

一次募集で内定をとれなくても諦めるのは早い

二次募集の時期になると、なかなか内定が出ないことに対して焦ってしまいがちです。

そんなときこそ落ち着いて自分を見直し、一次募集での経験を活かしたアピールをすることが大切です。

まだ諦めるのは早いです。

よく探してみれば二次募集している企業も多くありますし、穴場の中小の優良企業や大手企業の子会社などに就職を決めることができる可能性があります。

一人での就職活動は不安な場合や内定が得られない理由がわからないなど、悩みを持っている人は、就職活動のプロに相談する方法もあります。

経験豊富な就活アドバイザーが、応募書類の作成や面接対策など、就職のサポートを行っています。

就職活動にお悩みのある人は、就職活動のプロに相談するとよいでしょう。

キャリアパーク就職エージェント【キャリアパーク】

キャリア特化型メディア「キャリアパーク」が運営する、就職活動を支援するサービスです。

就活での悩みはさまざまあり、自分で解決することが難しい悩みもあります。

  • いつも書類選考で落ちてしまう
  • 面接に自信がない
  • 将来やりたいことが見つからない
  • 自分にあった最適な企業が見つからない

これらのような悩みがあっても専属の就活アドバイザーが解消し、就活対策から企業紹介、内定までをサポートします。

○キャリアパークのセールスポイント

  • 厳選した大手グループ、東証一部上場企業、急成長ベンチャー、優良企業など様々な企業の中から、あなたに合った企業を紹介
  • ESや一次選考免除などの特別推薦ルートへ案内
  • 自己分析、ES、面接、グループディスカッションなど充実の選考対策を実施

どのように進めればいいのか分からない方でも大丈夫、まずは無料相談の申し込みからはじめましょう。

無料相談 ☞ 【キャリアパーク!就活エージェント!】

この他にも特色のある就活サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

転職までの期間の対策は?|無職期間の過ごし方や理由はどう考える?

会社を自己都合で退職し、就職活動して希望する条件に合う就職先が見つからず、気が付くと就職するまでの期間(無職期間)が長くなってしまったという人も多いのではないでしょうか。 その時に問題になるのが、履歴 …

内定取り消しが正当化される?|争うべきか諦めて再度就活すべきか?

就職活動をがんばってやっと内定の連絡があって喜んでいたのに、急に取り消しとなってしまうケースがあります。 内定取り消し自体は、稀ながらも起こり得る事態の1つといえます。 「自分は大丈夫」と思っていても …

「気付」の意味と使い方|ビジネスで使える宛名書きのマナーとは?

郵便で手紙・封書などを送る際に「気付」を使うことがあります。 「御中」などと同じく宛先を記載するときに使いますが、この「気付」の意味を正しく知っていますか。 封筒やハガキの宛名には、正しい書き方があり …

特定派遣廃止による影響とは?|派遣労働者の正社員への道は開けるのか?

特定派遣の廃止にともない、派遣事業を行う会社は、運営許可の有効期限後に厚生労働大臣の認可が必要となります。 つまり、条件を満たせなければ、派遣事業を継続できません。 働く人にはデメリットがありますが、 …

エントリーシートの自己PR|内定獲得に繋がる書き方のコツとは?

この記事ではエントリーシート(ES)の志望動機の書き方について紹介します。 ES選考は、就職活動の最初の関門ですが、どのようにESの志望動機を書けば選考を突破できるのか分からず、悩みを抱えている人は多 …