就職・転職

ハローワークは新卒でも利用可?|新卒応援ハローワークの利用価値は?

投稿日:

ハローワークとは、正式には公共職業安定所と呼ばれ、主に職業紹介事業を行っています。ハローワークは仕事を辞めた人だけが行くところだと思っていませんか。

新卒者にとってはハローワークで仕事を探すという選択肢はあまりないかもしれませんが、ハローワークは仕事を辞めた人だけでなく、新卒の就活でも活用することができます。

ただ、ハローワークで新卒の就職先を探すのとリクナビなどの就活サイトで探すのとではどのような違いがあるのか気になりませんか。

ハローワークは新卒でも利用可能

ハローワークは仕事を辞めた人だけが行くところだと思っている人が多いと思われますが、新卒を対象とした「新卒応援ハローワーク」という専門のハローワークがあります。

新卒応援ハローワークは全都道府県にあるワンストップで新卒者を支援する施設で大学院・大学・短大・高専・専修学校などの学生や、これらの学校を卒業した方を対象に学校との連携の下、ジョブサポーターと呼ばれるアドバイザーによるきめ細かな支援など、様々なサービスを無料で行っています。

【主なサービス内容】

  • 求人情報の提供
  • 就活の進め方の相談
  • エントリーシートや履歴書など書類作成の相談
  • 面接対策指導
  • 職業適性検査をはじめ、就活に役立つ各種ガイダンスの実施

一般のハローワークと新卒応援ハローワークの違い

一般のハローワークは利用料無料、予約不要で求人検索と応募ができますが、新卒応援ハローワークにある「就活の進め方の相談」「エントリーシートや履歴書など書類作成の相談」「面接対策指導」「職業適性検査をはじめ、就活に役立つ各種ガイダンスの実施」のサービスがありません。

このように一般のハローワークよりも充実しているので利用価値はありそうです。

新卒応援ハローワークを利用するメリット

ジョブサポーターに仕事探しの相談が出来て、履歴書の作成方法やエントリーシートの書き方、さらには面接の指導や、練習まで一貫して対応してくれます。

情報提供がメインである民間の就活サイトと比較すると就活のプロが丁寧にアドバイスをしてくれるのは心強いので利用価値は高いといえます。

また、就活に役立つ各種セミナーを開催しており、セミナーは苦手意識のある方が多い自己分析や自己PR、志望動機などの講座があり、また、就職面接でよくあるグループディスカッションやマナー講座まで網羅しています。

さらに企業が積極的に若者を採用するための就職フェアでは、指定の場所で説明会や面接が行なわれます。さまざまな業界の人事担当と直接会って話すことができ、面接というより面談に近く、聞きづらいことも気軽に聞けるため、新卒者にとっては大きなメリットといえます。

新卒応援ハローワークを利用するデメリット

採用を考えている企業が求人サイトや就職支援サービスを利用するとお金がかかりますが、ハローワークは無料で募集がかけられるため、求人の数が多くなっています。特に、頻繁に募集をかけている企業には注意しましょう。

単純に人員不足の場合もありますが、ブラック企業の可能性も考慮した方がよいでしょう。また、公共サービスのため、ビジネスとしてやっている民間の就職支援サービスと比べると求人の質やサービスの質に差があります。

良い結果を求めるのであれば、質の高い方を重要視した方がよいでしょう。ハローワークがダメということはありませんが、民間の就職支援サービスの方がより真剣に取り組んでおり、就活を成功に導く可能性が高いといえそうです。

民間の就活エージェントも活用しよう

できればハローワークだけではなく、民間の就活エージェントにも相談することで、選択肢の幅が広がります。就活エージェントは求人企業が仲介手数料を支払うことで運営が成り立っています。情報量が多く、質の高い求人情報が集まっているのが特徴です。

求職者側はハローワークと同様、無料で就活相談にのってもらえるため、積極的に利用することをオススメします。サービス内容は、新卒応援ハローワークと同様に、求人のマッチングや書類作成、面接対策のサポートがメインです。

特に就活エージェントは相談者の希望条件や適性に合う求人の紹介や、豊富な情報量をもとにした面接対策に力を入れており、その点が強みであるといえます。

エージェントにはキャリアアドバイザーと呼ばれるプロの就活アドバイザーが在籍し、専門分野に特化したアドバイスで就活生をサポートしています。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

内定保留のしかた|悪影響を及ぼさないで関係を維持する方法とは?

企業から採用内定の連絡をもらった後に行うのが内定承諾の連絡ですが、内定をもらったけど、本命の企業からの選考結果がまだ出てないから保留したい場合、内定を少しの期間保留にしてもらうという選択肢もあります。 …

IT業界への転職|未経験者が多く採用される分野と必要なスキルとは?

IT需要の増加に伴い、IT業界未経験の若者がIT業界への転職を希望することが多くなってきています。IT企業にもさまざまな種類があります。より年収アップを期待するなら優良企業への転職がオススメです。 未 …

面接に落ちるのはなぜ?|面接の選考ポイントやその対策方法とは?

書類選考は通過できるのに、なぜか面接で落ちてしまう。面接でも自分では手応えはあったのに何がいけないのだろうかといった悩みに直面している人は多いのではないでしょうか。就活の面接で落ちることが多い人には、 …

仕事辞めたいが転職すべきか?|転職活動をしながら転職するか考える

「仕事の幅を広げたい」「違う業界を経験してみたい」「給料が高い仕事に就きたい」など、会社を辞めたくなる理由は人によって様々ありますが、果たして転職すれば解決するのか誰もが悩んで当然です。 一方で、仕事 …

志望動機の例文で書き方のコツを掴む!|採用担当者が見るポイントとは?

応募先への熱意・意欲を自分の言葉で自由に伝えられる応募書類の志望動機欄は自分を一番アピールできる場所といえますが、書き方に悩む人も多いです。特に新卒採用では、「志望動機」が非常に重要になります。 中途 …