就職・転職

履歴書に印鑑は押さなければならないのか?|押印欄が無い場合は?

投稿日:2017年10月8日 更新日:

コンビニや書店、文房具店など市販で売っている履歴書を見てみると、「押印(印鑑を押す)欄」がない履歴書が多くあります。ビジネスシーンにおいて、重要なビジネス文書には印鑑が必須です。

履歴書も重要なビジネス文書のひとつですが、押印する欄がある履歴書と、押印する欄がない履歴書があり、印鑑が必要なのかどうかよくわかりません。実際のところ、履歴書に印鑑を押す必要

履歴書に押印欄がなければ「印鑑」を押す必要なし

平成9年に閣議決定された「押印見直しガイドライン」によると履歴書や職務経歴書は、「押印を求める必要性や実質的意義が乏しく、押印を廃止しても支障のないものは廃止し、記名のみでよいこととする。」とされ、現在のJIS規格の履歴書には押印欄は廃止になりました。

これは新卒の就職活動や中途採用の転職活動用、パート・アルバイト用の履歴書ともに同じです。押印欄がなければ、印鑑を押す必要はありません。「記名のみでよいこととする」と書いてありますので、履歴書に本人の氏名が書いてあればそれでOKです。

履歴書に押印欄がある場合は押印する

日本には横書きの場合、署名(記名)のすぐ右側に捺印(押印)する慣例的な決まりがありますが、就職・転職活動のときも必要ありません。履歴書だけでなく「職務経歴書」や「送付状(添え状)」「封筒」の自分の名前の横に印鑑を押す必要もありません。

そうした取り決めはありませんし、企業からの指定もないのに印鑑を押しても意味はありません。ただし、履歴書に押印欄があった場合は押印します。氏名の右横に氏名と被らないように押印を行います。また、押印は認印で行うことが一般的です。

もちろん、実印の方が本人証明能力が高いので、実印で押印したとしても問題はありません。履歴書への押印は、失敗すると履歴書の作り直しの必要が生じます。印影がハッキリと出るよう、丁寧に押印することを心がけましょう。

印鑑欄が無いが押すようにいわれた場合は押印する

購入した履歴書に、印鑑欄が無い場合でも、採用担当者から履歴書に印鑑を押すよう指示があるときは、印鑑欄が無ければ、押さないという一般的なルールがありますが、ここは臨機応変に対応してください。履歴書に印鑑を押してくださいといわれたのであれば、印鑑を必ず押しましょう。

履歴書の印鑑は100円ショップの印鑑でも問題なし

印鑑の種類は「実印」「銀行印」「訂正印」などいろいろ種類があります。その中で役所や役場や銀行などで印鑑登録されていない印鑑のことを「認印(みとめいん)」といいます。また、認印を印鑑登録したものは「実印(じついん)」といいます。

要は、ハンコが売っているお店や100円ショップで買って登録していない印鑑は、そのまま認印となりますが、それを印鑑登録すれば実印になります。実印を履歴書に使っても構いませんが、実印の重要性から特に指定されていないのであれば、できるだけ使用は控えたほうがよいでしょう。

履歴書には認印を使うようにしましょう。認印はハンコを売っているお店か、100円ショップに行けば売っています。シャチハタを使う方もいますが、シャチハタは印鑑ではなくスタンプですので、履歴書などの公式の書類には使わないほうがいいでしょう。

印鑑のきれいな押し方

理想的な押印のしかたとしては、中央から平仮名の「の」を描くように重心を移動しながら押していくのが良いとされています。あまり力を入れ過ぎると紙面からずれてしまうので、適度な力加減になるように注意しましょう。

それともう一つ。力を入れた時に紙面が横にずれないように、そして力加減が取りやすい印鑑マットを敷くと良いでしょう。朱肉はあまり付け過ぎない方がよいでしょう。擦れないようにとたっぷり付ける人がいますが、朱肉が多すぎるとかえって印影がつぶれてしまって逆効果になります。

押印し終わったら印面をきれいにふき取っておきましょう。朱肉が乾燥してこびりついたままで次に押印すると不鮮明になりますし、固くなった朱肉は取り除きにくくなります。印鑑を押印する場所は文字と重ねないのが正しい押印のしかたです。

もちろん丸囲みの中に「印」とあるところの上に押印するのは間違いではありません。実印の場合は印鑑証明書の印影と照合する必要があるので、特に重ねないことになっています。

一般的には署名(記名)した隣りに捺印(押印)することによって署名(記名)した本人が捺印(押印)したという意味になりますので、署名(記名)からあまり離れ過ぎた場所に捺印(押印)しないように注意しましょう。

うまく押印できない場合

押印がうまくいかない場合の問題点について、いくつかの原因が考えられます。

1.印面が汚れている、つまっている

印面が汚れている場合、または汚れた印鑑をそのまま繰り返し使っていると、当然印影はぼやけた感じになり、はっきりしません。掃除をすべきなのですが、硬いブラシなどでゴシゴシと印面をこするのはよくありません。

印面の掃除は、ほとんどの印材に対して、やわらかい布か紙で拭いましょう。拭っても汚れが取れない場合は、同じくやわらかい布か紙に油をひたし、この上で何度か印を軽く叩くと、固まっていたごみが取り除かれてきれいになります。さらに、そこのやわらかい布か紙で軽く拭えばOKです。

2.印面が平らになっていない

印面が平らになっていないと、印影の一部分が欠けてしまいます。印面が平らでないケースとして、以下の3パターンが考えられます。

  • 印面全体がでこぼこしている
  • 印面の端が反っている
  • 印面の中央がくぼんでいる

ある程度は修正も可能ですが、元通りに戻すのは少々難しいです。修正が難しい場合は押し方を工夫する必要があります。印面全体がでこぼこしている場合、きれいに押印するのが最も困難です。やわらかい紙に印鑑マットなどを敷いて押せば、なんとかキレイに押すことができます。

印面の端が反っている場合は簡単です。まっすぐに押印し、そのまま印鑑をずらしたり、動かないようにして、反ってへこんでいるほうに向かって傾けて押します。

印面の中央がくぼんでいる場合、印面全体がでこぼこしている場合と同様に印鑑マットなどを敷いて押すといいですが、まず普通に押印したあと、そのまま印鑑を動かさないで、くぼんでいる部分を紙の裏から指先などで押さえて、朱を全体にいきわたらせるようにしてもよいです。

3.紙が原因の場合

硬い紙、表面がつるつるしている紙、朱の染み込みが悪い紙、うすい紙はなかなか印鑑が押しにくいものです。 硬い紙は弾力性がないので、一部がかすれたり消えてしまったりします。このような場合、捺印マットなどを敷いて、印鑑をしっかり持って少し力をこめて押すとよいです。

表面がつるつるしている紙は、朱をつけすぎると失敗します。このような紙には、とにかく朱をつけすぎないことが大切です。朱の染み込みが悪い紙も同様です。薄い紙の場合、紙が破れてしまう失敗がよく起こります。破れないようにするには、押印の際にあまり力を入れすぎないことです。

どうしてもうまくいかない場合は、朱をつけたあと押す場所に印鑑をそっと置いて、その後に軽く上から押さえるようにするとうまく押せます。

就活時には印鑑を準備しよう!

就活中は面接時に印鑑を持参するように指示されることがあります。

一般的に印鑑が必要になる主な書類は下記の通りです。

  • 交通費を清算するための申請書
  • 内定承諾書
  • 個人情報の取り扱いに関する書類

就活エージェントを利用すれば、就活での細かい部分についてのアドバイスを受けることができます。また、履歴書の作成指導をはじめ、面接対策やスケジュールの調整を行い、内定までサポートをしてくれます。

正社員を目指しているけど就活のしかたがよく分からない、就活に不安があるという人は、就活エージェントの利用をオススメします。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活での面接中の会話を録音することは可能か?|録音するメリットとは?

就活の面接対策として、誰かの体験談を聞いてみたり、ネットで口コミを調べてみたりといった方法もありますが、人づてに聞くよりも実際の面接の会話内容のほうが、明らかに有益な情報だといえるでしょう。 面接は振 …

面接で長所と短所を聞かれたら?|的確に回答するために必要なこととは?

「長所・短所は何ですか」という質問は面接の定番といえます。一歩間違うと印象を悪くしかねない質問で、長所・短所は分かっているけれど、 ありのままに答えていいものか不安と悩む人もいるのではないでしょうか。 …

最終面接(役員面接)でなぜ落ちる?|面接突破に向けた対策を紹介!

一次面接、二次面接の関門を突破し、いよいよ最終面接の段階になり、「最終面接や役員面接は意思確認の場だから落ちない」という話を耳にすることがあります。しかし、安心しきってはいけません。実際はそのようなこ …

失業保険の受給期間中に行うべきこと|転職を見据えた行動とは?

失業保険は会社に勤めていた人が失業した場合、再就職するまでの生活費をサポートする制度です。しかし、フリーランスになる場合は失業保険をもらうことができないということを知っていたでしょうか。 会社勤めをし …

面接日程の返信メールがない場合の対処法|催促メールを出すべきか?

履歴書などの書類も送付し、後は担当者からの面接日程を待つばかりという状況でいくら待っても来ない場合、いつまで待てばよいのでしょうか。ビジネスメールのやり取りで、相手から返信が来なくて悶々とすることはあ …