法務・法律 資格

稼げる資格「弁理士」|知的財産に関する事務所を設立できる

投稿日:2020年5月14日 更新日:

弁理士は、産業財産権(工業所有権)に関するすべての手続きを業務として代理できる国家資格です。

専門的な知識を要求される特許出願を出願者の代理で行い、出願者を特許取得まで導きます。

実際に特許取得まで動くだけではなく、知的財産権の取得についての相談をはじめ、自社製品を模倣されたときの対策、他社の権利を侵害していないか等の相談まで、知的財産に関わる悩みを解決することも弁理士の仕事です。

また、企業の海外進出・国際化とも相まって、知的財産権の世界的保護を実現する者としても、弁理士に期待される役割は大きくなっています。

資格取得のメリット

1.知財関連の最高峰の国家資格であること

新製品・新技術の企業間競争が一層激しくなる環境下で、各企業は特許権・実用新案権・意匠権・商標権などの知的財産権の取得・保護を、企業の最重要課題の1つと位置づけるようになってきています。

弁理士は独占業務が認められる国家資格の1つであり、知的財産システムの中心的役割の担い手として、今後も大手企業・グローバル企業を中心に需要が見込めます。

2.独立開業ができる

弁理士の資格があれば、独立開業することも夢ではありません。

独立するためには幅広い人脈が必要であり、また事務所の経営の知識が必要になりますが、事業面で成功することができれば、さらに弁理士を雇い、事業を拡大することもできます。

3.高収入

弁理士の勤務形態は様々で、企業の知財部に勤務する、特許事務所に勤務する、独立して特許事務所を開くなどあります。

企業の知財部に勤務する場合、勤め先の基準にもよりますが、通常の従業員よりも資格取得者を優遇する場合が多いようです。

事務所勤務弁理士の年収は、800~1200万円が多く、中には2,000万円以上の年収を得ている弁理士も存在しているようです。

資格評価

【総合評価 34/50】

ニーズ 10
コスト 2
時間 2
リターン 10
将来性 10

資格試験に関する概要

1.試験科目

(1)短答式

  • 工業所有権に関する法令(特許・実用新案、意匠、商標に関する法令)
  • 工業所有権に関する条約
  • 著作権法及び不正競争防止法

(2)論文式

【必須科目】

  • 工業所有権に関する法令(特許・実用新案、意匠、商標に関する法令)

【選択科目(1科目選択)】

  • 理工I(機械・応用力学)
  • 理工II(数学・物理)
  • 理工III(化学)
  • 理工IV(生物)
  • 理工V(情報)
  • 法律(弁理士の業務に関する法律)

(3)口述

  • 工業所有権に関する法令(特許・実用新案、意匠、商標に関する法令)

2.試験概要

受験資格 誰でも受けられる
資格の種別 国家資格
難易度 難しい

3.試験データ

受験者数(2019年度) 3,488人
合格率(2019年度) 8.1%
受験料 12,000円
試験日 5月(短答式)
6月~7月(論文式)
10月(口述)

 公式ホームページ ☞ こちら

-法務・法律, 資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

稼げる資格「貸金業務取扱主任者」|貸金業界でキャリアアップしたい人にとって欠かせない資格

消費者金融業界にとどまらず、クレジットカード会社や不動産担保ローンを扱う会社などは全て貸金業者にあたります。 貸金業務取扱主任者は、貸金業従事者に対し、貸金業に関する法令の規定を順守して、貸金業の業務 …

稼げる資格「通関士」|貿易拡大傾向に伴ってニーズも増加

通関士は、「輸出入手続を行なうプロフェッショナル」で、財務省が管轄する貿易関連で唯一の国家資格です。 豊富な知識を使って、「通関書類の作成」や、「通関手続きの代行」といった、通関業務を一手に請け負いま …

稼げる資格「簿記検定」|最も権威のある日商簿記検定がオススメ

大企業から個人商店まで、お金の動くところには必ずといってよいほど使われているのが簿記です。 簿記検定にはいくつかの種類があり、それぞれ主催団体も異なります。 たとえば、全国商業高等学校協会の「全商簿記 …

稼げる資格「食品衛生責任者」|講習を受ければ1日で取得可能

「食品衛生責任者」とは、食品関係施設において製造・販売等が衛生的に行われるように自主管理を行うための責任者のことをいいます。 食品衛生法施行条例第2条の公衆衛生上講ずべき措置の基準及び食品製造業等取締 …

稼げる資格「システム監査技術者試験」|IT系人材として幅広い活躍の場が得られる

システム監査技術者試験は、被監査対象から独立した立場で組織体の情報システムの適切な活用、コンプライアンス確保やITガバナンス向上につながる監査を行う、高度なIT人材としての能力を判定する試験です。 資 …