法務・法律 資格

稼げる資格「海事代理士」|海に関わる法律を扱う専門資格

投稿日:2020年5月16日 更新日:

海事代理士とは、海事に関する手続きの中で船舶に関係する業務を代理人として行うことのできる国家資格です。

船舶の登記や登録、検査申請などをおこない、あわせてその船に乗る船員に関する労務、その他の海事許認可などの手続きを代理人として行います。

また、その他にも海洋環境や安全に係る国際条約による証書類の取得及び申請等の手続きを行う事ができます。

それらの専門知識を深め、海で働く人や、船舶を操縦する人などに対して的確なアドバイスを行うことも、海事代理士の大切な役割です。

これらのルールによって各国間の海の平和が保たれているため、海の法律や条約の専門家である海事代理士は、海の安全を守る職業でもあるといえます。

資格取得のメリット

1.現在の仕事の幅が広がる

海の法律家という呼び名があるように海事代理士の知識や業務は行政書士などの知識や業務と隣り合っています。

関連するところも多いので仕事の幅が広がります。

海事代理士の資格は単体でも効果がありますが、行政書士や司法書士として働いている人にとってはより大きなメリットがあります。

普段は行政書士や司法書士として働き、必要に応じて海事代理士として働くというスタイルとよいでしょう。

2.独立開業ができる

独立開業時の年収は他の士業と同じく大きなばらつきがあり、年収が300万円を下回る海事代理士も少なからず存在します。
海事代理士の市場は閉鎖的で新規参入は困難ですが、一度シェアを得れば収入を失う可能性が低いということでもあります。

そのため、海事代理士で収入をえるためには独占市場を得ることが不可欠です。

行政書士などとの兼業で海事代理士の市場への参入をはかり、人脈と実務経験を持ったベテランであれば年収1,000万円を超えることも不可能ではありません。

資格評価

【総合評価 32/50】

ニーズ 6
コスト 7
時間 7
リターン 5
将来性 7

資格試験に関する概要

1.試験科目

(1)筆記試験

・一般法律常識:憲法、民法、商法(第3編「海商」のみ対象。)
・海事法令

(2)口述試験

本年の筆記試験合格者及び前年の筆記試験合格者が対象

・海事法令(船舶法、船舶安全法、船員法、船舶職員及び小型船舶操縦者法)

2.試験概要

受験資格 誰でも受けられる
資格の種別 国家資格
難易度 やや難しい

3.試験データ

受験者数(2019年度) 288人(筆記)
160人(口述)
合格率(2019年度) 54.2%(筆記)
60.6%(口述)
受験料 6,800円
試験日 9月(筆記)
11月(口述)

 公式ホームページ ☞ こちら

-法務・法律, 資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

稼げる資格「基本情報技術者試験」|IT業界へ進むための登竜門的な資格

ITエンジニアとしてキャリアをスタートするには、まず基本情報技術者試験から受験するのがオススメです。 しっかりとした基礎を身に付けることにより、その後の応用力の幅が格段に広がります。 高度IT人材とな …

英語関連の資格を評価!|費用対効果の高い資格はコレだ!

語学系の資格は国内だけでなく海外でも活躍したい人にとって非常に有利な資格です。 国際化社会において外国語、特に世界のどこにいってもコミュニケーションが取れるといわれている英語のスキルは重要になることは …

稼げる資格「TOEFL」|海外留学を目指している人に不可欠

TOEFLは、世界最大の教育測定機関Educational Testing Service(ETS)が1964年に開発したTOEFLテストは、これまでに世界中で3500万人以上が受験している実績のある …

稼げる資格「弁理士」|知的財産に関する事務所を設立できる

弁理士は、産業財産権(工業所有権)に関するすべての手続きを業務として代理できる国家資格です。 専門的な知識を要求される特許出願を出願者の代理で行い、出願者を特許取得まで導きます。 実際に特許取得まで動 …

建築・不動産資格一覧|いま取得すべき本当に稼げる資格とは?

資格ブームに衰える気配はないとはいえ、1,000以上ある資格の中から有望なものを選び出すのは至難の業です。 資格を取ってゴールというものではなく、その資格を活かせる仕事がなければ稼ぎには繋がりません。 …