資格

稼げる資格「簿記検定」|最も権威のある日商簿記検定がオススメ

投稿日:

簿記

大企業から個人商店まで、お金の動くところには必ずといってよいほど使われているのが簿記です。

簿記検定にはいくつかの種類があり、それぞれ主催団体も異なります。

たとえば、全国商業高等学校協会の「全商簿記」や、全国経理教育協会の「全経簿記」があり、特に有名なものが「日商簿記検定」です。

日商簿記検定は、受験者の規模が大きい最もポピュラーな簿記検定といえます。

資格取得のメリット

1.ニーズが高く活躍のフィールドは幅広い

経理業務のプロフェッショナル資格として、知名度と信頼度は抜群であり、時代に左右されることなく、活躍のフィールドも全国各地に広がります。

2.社内での評価が上がり昇進・昇格の可能性が高まる

経理・財務部門で働く方にとって、簿記は強力な武器になります。

実務に必要な技能を習得している証明になるので、会社からの評価もアップし、資格手当や昇進、昇給も期待できます。

3.就職や転職もいっそう有利になる

経理の仕事は、正社員からパートまで雇用形態もさまざまあり、経理の技能を持つ人材として、就職・転職も有利になります。

経理関係の仕事に就きたい方はぜひ押さえておきたい資格です。

4.上級資格のステップアップになる

簿記3級を足がかりに、簿記2級、簿記1級、税理士、公認会計士など、さらに上の資格へのステップアップも目指せます。

中小企業診断士やファイナンシャルプランナーなど、お金に関わる関連資格の取得もスムーズになります。

資格評価

【総合評価 36/50】

ニーズ

9

コスト

6

時間

6

リターン

7

将来性

8

資格試験に関する概要

1.資格試験内容

(1)1級

極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析を行うために求められるレベルです。

合格すると税理士試験の受験資格が得られます。

商業簿記・会計学 90分

工業簿記・原価計算 90分

(2)2級

経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つです。

高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベルです。

商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)5題以内 120分

(3)3級

業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格です。

基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベルです。

商業簿記・5題以内 120分

2.試験概要

受験資格

誰でも受けられる

資格の種別

公的資格

難易度

1級:やや難しい

2級:やや難しい

3級:普通

3.試験データ

受験者数(2018年度)

1級:15,089人

2級:137,644人

3級:248,555人

合格率(2018年度)

1級:11.2%

2級:14.2%

3級:47.6%

受験料

1級:7,850円

2級:4,720円

3級:2,850円

試験日

1級:6月、11月

2級及び3級:6月、11月、2月

公式ホームページ ☞ こちら

総合資格情報サイト「総合資格ナビ」

『総合資格ナビ』は、スクール・講座を地域から検索し、一覧で比較できる資格情報サイトです。

講座の探しやすさと比較しやすさを追求し、簡単操作でたくさんの通学・通信講座の詳細を確認&スクールに無料一括資料請求できます。

また、各講座の説明ページも充実しています。

受講料はもちろん、授業の内容や進め方、サポート体制についても詳しくご紹介していますので、気になる講座があればぜひチェックしてみてください。

取りたい資格がまだ決まっていない方は、各資格のガイドで資格の詳細を確認できます。

取得方法や働き方、取得までの費用目安などの詳しい説明があります。

掲載講座は、社会保険労務士、行政書士などの「司法・労務系」、簿記、会計士などの「簿記・会計系」、宅建、建築士、インテリアコーディネーターなどの「不動産・建築系」、Webデザイナー、プログラマーなどの「IT系」といった資格・スキル全般に加えペットや料理、スポーツなどの趣味講座まで幅広く掲載しています。

仕事に活かせる資格や検定対策など、多くの講座の中からあなたにあった講座を見つけましょう。

資料請求 ☞ 資格を取るなら!総合資格ナビ

 

-資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

販売・接客資格の中で費用対効果の高い資格はコレだ!

資格の取得について考えたとき、これからどんな資格を取得しようか。 どこまでのレベルを目指すべきかと悩むことが多いかと思います。 販売・接客資格は危険を伴う業務が多いため必置資格とされているものが多いの …

資格試験の勉強方法とは?|独学によるスピード感ある勉強が基本!

社会人が取得できる資格のほとんど独学で合格できます。 資格取得のための勉強で大切なことは資格取得の予備校や専門学校に通っていても、予備校や専門学校に通っていない時間にどれだけ密度の高い勉強を継続できる …

土地家屋調査士の年収は高い?|独立開業はハードルが高いのか?

一般的な不動産取引において、土地を売却する際に必要となる境界の確認や調査、測量、それに伴う登記事件の申請手続はもちろんのこと、建物についても、新築や増築、取壊した場合は、登記の申請が必要になります。 …

稼げる資格「海事代理士」|海に関わる法律を扱う専門資格

海事代理士とは、海事に関する手続きの中で船舶に関係する業務を代理人として行うことのできる国家資格です。 船舶の登記や登録、検査申請などをおこない、あわせてその船に乗る船員に関する労務、その他の海事許認 …

稼げる資格「英検」|姉妹資格とあわせて取得すればより効果的

英検は誰でも受験することができ、幅広い年齢層を対象としています。 英検を通して学習を重ねることで、日常会話からビジネスシーンでも対応できるコミュニケーション力を高めます。 学習の目標にすることができた …