コミュニケーション

雑談力をつけるコツとは?|最強のビジネススキルを身につけ営業力UP!

投稿日:2019年1月5日 更新日:

 

ビジネスにおいて雑談は有効手段です。雑談力があれば、取引先の方とも打ち解けられ、社内ではうまくコミュニケーションををとれるようになります。コミュニケーションを円滑にするための「雑談」の役割は大きいのです。

ビジネスの本題に入る前に、くだけた会話を通じて、お互いの人となりを知ることは大切です。口下手でも人見知りでも大丈夫です。人の話をしっかりと聞くのも雑談力です。人との会話はお互いに興味を持ち合うところから始まります。

「楽しい会話のキャッチボールがしたい」「話したいのにネタがない」などの悩みを解消するために雑談力をつけるためのコツを紹介します。

自分は聞き役に徹する

雑談が苦手な人は「自分がしゃべらなくてはいけない」と考えがちですが、雑談で重要なのは「いかに相手に話してもらうか」です。「いかに自分の話で楽しませるか」ではありません。

このように考えるだけでも、雑談へのプレッシャーが格段に軽くなるはずです。「面白い話」を自分から話さなくてもよいのです。相手に気持ち良く話してもらうために、質問をしたり、相槌を打ったり、話題を振ったりするのが雑談の大前提となります。

雑談は相手に興味を持つことから始まる

ビジネスでは「会話で相手を褒めて気に入ってもらえ」とよくいいますが、褒めることは非常に難しいのです。特に日本人は謙遜を美徳とするため、必要以上に相手に気を使わせてしまうことにもなりかねません。

「褒める」ことは難しいので、ハードルを下げて、相手の好きなことに興味を持つことから始めるとよいでしょう。

相手:「先週、お客さんから新規の注文をもらいましたよ」
自分:「とても嬉しいですね!」(感情を汲み取る)
相手:「本当に苦労しました。もう半年近く待たされましたからね」

この後に褒めるのではなく興味を持って「そうですか、ずいぶんと忍耐強く待ちましたね。私だったら諦めますね。

どうやって注文まで持ち込んだんですか?」と興味をもって質問を続けていけば、「実は時間をかけて計画的に動いていました。…」などと会話が続いて、相手の気分はよくなります。
相手に興味をもつことが、自然に相手をほめることにつながるのです。

就職活動に行き詰ったら、まずは「いい就職アドバイザー」に相談してみよう!

雑談力を鍛える方法

雑談を盛り上げるには「話術が巧みで話題豊富でないと」と考える人は多くいますが、先程の例でも分かるように、相手の話にしっかり耳を傾け、質問を繰り返しながら相手に話してもらい、本音を引き出していくことでも可能です。

1.事前に準備しておくこと

相手に興味をもつためには事前準備が必要になります。質問のネタは事前に準備しておくとよいでしょう。営業の達人ほど準備を念入りにします。

(1)相手や相手の会社について調べておく

相手の会社のホームページや関連書籍、ブログやツイッター、フェイスブックなど相手のことを調べて雑談のネタを探します。このように準備しておけば、初対面でも安心して会えます。

また、以前会ったことのある相手であれば、前回会ったときの話の内容から会話がスタートすることがよくあるので確認しておくとよいでしょう。

(2)訪問途中で雑談のネタになりそうなことを見つけておく

最寄りの駅の様子や町並みを観察しながらネタを集めたりもしています。また、商店街で見つけた面白いお店などをチェックしておきます。

2.観察しながら話のきっかけをつくる

(1)相手の身につけているものをほめる

相手の時計やネクタイなど、身の回りのものをほめるのは雑談のきっかけをつくる一般的な方法です。ただ、むやみにほめるとわざとらしいので、時計なら「珍しい文字盤ですね」などと感想を述べた方が自然な流れになります。

相手の答えから時計へのこだわりを感じれば「一番お気に入りの時計は」などと、話を掘り下げればよいでしょう。

(2)名刺交換したら表や裏をよく見る

名刺には雑談に活かせる要素が多く含まれているので、よく見て質問ポイントを探すとよいでしょう。

(3)聞き役に徹して相手に話をしてもらう

楽しい雑談は難しいことではありません。相手の話が8割、自分の話は2割と割り切るとよいでしょう。

3.キーワードを使って会話をつなげる

(1)「5W1H」を使う

読書好きといわれたら、「好きな作家は誰ですか」や「オススメの本はありますか」などで「いつ」「どこで」「誰と」「何を」「どうして」「どのように」を意識して話を深堀りしていきます。

(2)話を切り替える接続詞を使う

話に関心がないようであれば、話を切り替える接続詞を使って、別の展開を図りましょう。「ちなみに」や「ところで」などを使うとよいでしょう。

4.雑談するときの振舞い方

目線は目より口元周辺を見るとお互いリラックスしやすくなります。もし、気後れしてうまく言葉が出てこない場合は、その気持ちを言葉にするとよいでしょう。

たとえば、「今日は少し緊張しております」や「ご多用のところ、ご迷惑かとも思ったのですが」などがあります。相手も察知してくれるはずです。途中で会話が途切れても、焦る必要はありません。

相手が何かを伝えようと言葉を探しているのかもしれないので、自分の言葉で遮らず、待ちましょう。雑談の目的は互いの心を開き、信頼関係をつくることです。その鍵となるのはリアクションです。

話に共感し、「よかったら、もう少し教えてください」と興味を持ちます。ときどき相づちを打ち、共感を示すことも大切になります。自分から一歩、相手に歩み寄る気持ちがあれば、話を終えた後、相手に心地よい印象を残せるでしょう。

——————–

転職サイトや転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」の良いとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

⇒ 【MIIDAS(ミイダス) 】を見る

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

⇒ 【マイナビAGENT 】を見る

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはフリーターや職歴がない既卒に対してビジネスマナーから書類の書き方、面接の仕方までしっかりと研修を行う転職エージェントです。無料の就活講座を受けられる点が魅力なのがウズウズカレッジです。

研修を受けることによってどの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

職歴なし・フリーターの人はまずはウズウズカレッジでしっかり就職について学んでから就職活動をしましょう。

【ウズウズカレッジ】 を見る

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。興味のある人はこちらを参照してみてください。

-コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ブランケット症候群の意味とは?原因や治療方法とは?大人の場合は大丈夫?

小さな子どもがお気に入りのタオルケットの匂いを嗅ぎながらでないと寝れない。いつも持ち歩いているなどの症状はありませんか。実は大人になっても子どもの頃のお気に入りが手放せない人がいます。 これはブランケ …

承認欲求が強い人の特徴、原因や接し方を知っておこう

他人から認めてもらいたいと願ってしまい、過度な言動をしてしまう人がいます。承認欲求とは社会を形成して生きる人間の持つ基本的な欲求であり、誰でもこの欲求はもっていますが、度を越すような承認欲求が強い人た …

アスペルガー症候群の人への対応はどうすればよい?

アスペルガー症候群は発達障害ですが病気ではありません。発達障害は最近よく知られるようになっていますが、大人の発達障害の認知度はまだまだ低く、本人も周囲の方も困っていることがあります。 「空気が読めない …

文句ばかり言う人の心理とは? 振り回されない対処法とは?

文句ばかり言う人の不満の心理とはどのようなものなのでしょうか。あなたの周りに文句ばかり言う人はいませんか。自分がやる気を持っていたとしても、毎日否定的な言葉を聞くのは心理的にも辛く、不満を持ってしまい …

他人に興味がない女性の特徴と自分に振り向かせる上手な接し方とは?

他人に興味がなく、自分のことしか考えていないというタイプの女性は想像している以上に多いといわれています。生活する上で他人に興味がないことで、いろいろと苦労する場面もあります。男性でもナルシシストはいま …