コミュニケーション

面倒な人や厄介な人への対処法

投稿日:2017年7月20日 更新日:

面倒な人や厄介な人というのは、仕事でもプライベートでもいるものです。特に仕事の場合は、避けようがないという事もありますから厄介です。職場に面倒な人がいれば、「あんな人は、どこにでもいるから…」ということで、我慢するということになるでしょうか。

相手に変わってもらうことはできますが、面倒なのでやらない人が多いことでしょう。相手を変えることは、難易度が高いし、相手の人格にもかかわることだからです。しかし、そのままダラダラと付き合い続けていってしまうとますます気持ちが重くなっていくものです。

面倒な人や厄介な人の特徴

1.話題の中心にいたがる

面倒な人や厄介な人の特徴として、常に話題の中心にいたがるということが挙げられます。とにかく自分中心に話題をしていたいため、自分についての話をすることが多いだけでなく、話も長くなりがちです。

自慢話はもちろんのこと、自分が感動したことや驚いた出来事など、会話の内容にそぐわない内容でも、相手が誰であろうとも、お構いなしにベラベラと話しだしてなかなか止まりません。

一方で自分に関係ない話題や、興味のない話題である場合は、聞く耳を持たず露骨につまらなそうな態度を表すことがよくあります。そのようなときでも、話の中心になれそうな内容に変わると、とたんにマシンガントークで長々と話し出します。

2.自分の価値観を押し付ける

面倒な人や厄介な人は、物事を多数決で決めたことであろうと、明確に答えが分かっている時でさえも、自分の意見が正しいのだと押し切ろうとします。

自分の価値観が絶対だと思い込んでいるため、もし相手が相反する意見を提示した場合には、とたんに豹変して上から目線の高圧的な態度で相手の意見を否定して、執拗に攻撃してきます。

そして、自分の意見がいかに正しいかということを必要以上に話し始めて、相手を丸め込もうとします。明らかに自分の意見が間違っていると分かったとしても、往生際が悪くみっともない支離滅裂な言い訳をすることがよくあります。

素直に相手の言い分をすんなりと受け入れることが出来きず、相手を思いやる気持ちもなく、ただ、自分を認めさせたいという心理が強く働いてしまうという特徴があります。

3.陰口や噂話をするのが大好き

自分自身できちんと見聞きしたことでないことであっても、さもあったかのように話を膨らませてオーバーに話題作りをするという特徴もあります。陰口や噂話が大好きなため、話を面白おかしくして話題を振りまきたいという心理が働くのです。

たとえば、ちょっとした失敗に対しても必要以上に嘲笑って、その話のネタを膨らまして大げさにほかの人に言いふらします。それを真に受けてしまって振り回されてしまう人もいます。

また、自分が提供した噂話に対して、期待していたようなリアクションが得られないと不機嫌になるのです。さらに、その話題をメールやLINEで知らせた場合に、即レスが無いと憤慨するのです。

4.いつまでも根に持って愚痴を言う

過去の過ちをいつまで経ってもしつこく根に持って、愚痴をいう特徴があります。すでに過ちを認めて謝罪して許しを得たのにも関わらず、関係の無い話題の途中であっても突然思い出してはその度に愚痴を言うのです。

かなり日数が経過して風化しているような内容であっても、いつまでも執拗に根に持って愚痴を言うため、面倒な人や厄介な人だと思われてしまうのです。ちょっとした間違いであってもネチネチと責めることもあります。

過去の過ちをいつまでもネタにして責めることによって、自分の方が立場が上だと思いたいという心理が働いているといえます。また、そうすることによって気持ちが満たされて、優越感に浸れるという偏った性格なのです。

面倒な人や厄介な人の対処法

1.面倒な人や厄介な人とはできるだけ接点を持たない

対処法として最も有効なのは、関わらないということです。面倒な人や厄介な人というのは、自分が常に正しいと思っていますから、他人の注意や意見などを聞き入れることができません。そのような面倒な人や厄介な人とは、できるだけ接点を持たないようにするとよいでしょう。

たとえば、同じ職場だったら近づかないようにして、普段から会話をする機会を減らしたり、食事に誘われても、どうしても先に片付けたい仕事があるといった感じで上手に断りましょう。

しかし、あからさまに避けているとわかると相手は不愉快になり、攻撃的になるということもあります。そのためにさりげなく距離を取ることが大切になります。

2.面倒な人や厄介な人との話を極力無視する

面倒な人や厄介な人とどうしても関わりがあるような場合は、相手のいうことを極力無視するようにしましょう。いろいろ話してきても、表面上は聞いているように見せかけながら、心の中では無視します。

このようにすれば、面倒な人や厄介な人が何を話してきても、さほど気にはならなくなってきます。適当に「そうなんですか」「すごいですね」といった感じで軽くあしらうようにします。

3.面倒な人や厄介な人を持ち上げる

面倒な人や厄介な人は、どこかで不満を持っています。当然、そのような人は好かれませんし、慕われることはありません。お世辞などで持ち上げられても気がつかないばかりか、機嫌までよくなってしまうのです。

そのようになれば、あなたに対して悪感情を持つことはないので、面倒な人や厄介な人との関係は良好なものとなります。上手におだてて、面倒な人や厄介な人の矛先がこちらに向かわないように気をつけましょう。

4.忘れたふりをする

面倒な人や厄介な人と付き合うだけイライラして損をします。会話の返しを「そうだっけ」「忘れてた」などとすることで、細かいことを考えずに対処することができます。面倒な人や厄介な人は上から目線で話してくることが多いので、それにイラっとしてしまえばこちらの負けになります。

イライラしないで忘れたフリをして、天然を装って過ごしましょう。相手はそれに乗って何でもかんでも言ってきますが、それに対して「そうなんだ」と言うだけで相手の気分を害することもなく対処出来ます。

5.何を言われても聞き流す

何を言われても、決まった受け答えをします。「へぇー」「凄いね」「面白いね」「大変だね」を使い分けて対応すれば、相手も直ぐにはめんどくさいと思われていると気付かないので、あまりギクシャクしたくない人にオススメです。

注意点としては話を聞き出して話題を広げてしまえば巻き込まれてしまう可能性もあるので話を広げないようにすることです。聞き役に徹して話を進めることです。

6.仕事を理由に切り上げる

仕事でもプライベートでも、時間は一度過ぎると取り戻すことができません。そのような大切な時間を、相手からの拘束で無駄にするわけにはいきません。ときには最優先事項があるので付き合ってもいられません。

こちらの事情はともかく、内容のない話をいつまでも自分のペースで続けるタイプの面倒な人や厄介な人には、仕事を理由に話を止める方法が有効です。仕事ならば、誰もが納得してくれます。

「先にやらなきゃいけないから後で聞かせて」「一段落した後に連絡してもいいか」と、相手に失礼にならない言葉を選んで区切りを付けるようにしましょう。

7.必要なとき以外は関わらない

たとえば、何か相談をされたり、一緒になって計画を立てるときに、なかなか意見を決められない相手を見ていて、もどかしく感じるときもあります。

そういった優柔不断なタイプや、些細なことを不安に思い、いちいち確認を求めてくるタイプの人には、こちらがある程度の指標を示して安心感を与えるようにしましょう。

とにかく相手に考えて答えを出してもらわなければならないので、「予定が分かったら教えて」「候補を2つまで絞って教えて」など、相手に考える時間の目安を示します。そうすることで、無駄なやり取りも減り、自分が解放される時間を確保できます。

8.先手をきって、こちら都合を伝える

面倒な人や厄介な人と思われる人の多くは、自分や相手の時間を無駄に使わせている認識がない人が多いです。相手もおそらく悪気はないはずなので、さすがに面と向かって「こうしている時間がもったいないから、次にして」とはいえません。

しかし、無意識ならば、相手に注意をして改善を求めるより、こちらが相手に合わせてあげる方が良い場合もあります。なるべく忙しい時間や、連絡してきて欲しくない時間を避けて、心に余裕のある時間に連絡するように伝えましょう。イライラも多少は軽減されます。

9.徹底的に無視をする

最終手段ともいえますが周りの人間関係を気にすること無く関係を切っても良いのならば無視することに徹します。連絡も無視、話しかけられても無視するか、「分からない」というなどして関わらないようにすることです。

そこまですれば相手も、関わりを持たないようにしてくるでしょう。

お得な情報をおひとつ!

銀行に現金を預けても利息がほとんどつかない世の中で、お得に買い物をすることが家計にとって何より大切になってきます。特にやらないと絶対に「損」をするのが、ポイント制度の活用です。

インターネットでショッピングをするとき、ショッピングサイトのポイントだけでなく、ポイントサイトを経由してショッピングサイトで購入することでポイントサイトのポイントも貯められることを知っていますか。

しかも、その支払いをクレジットカードでチャージした電子マネーで行うことで、クレジットカードのポイントと電子マネーのポイントも貯めることができます。いわゆるポイントの4重取りが可能になります。

今後、モノやサービスの決済の電子化(キャッシュレス化)が普及していくことが予想されます。電子決済に慣れておくと、今後、よりお得な決済手段を選ぶことができるようになるでしょう。

なお、ポイントの4重取りの詳しい内容については、別の記事で紹介していますので、興味のある人はこちらをご覧ください。

-コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

他人に興味がない女性の特徴と自分に振り向かせる上手な接し方とは?

他人に興味がなく、自分のことしか考えていないというタイプの女性は想像している以上に多いといわれています。生活する上で他人に興味がないことで、いろいろと苦労する場面もあります。男性でもナルシシストはいま …

強欲な人の特徴や心理とは? 強欲な人への対処法とは?

強欲な人とは普通では考えられないほどの欲望の持ち主です。欲張りであれもこれもと求める人のことを良い評価をする人もいれば、悪い評価をする人もいます。 一般的な人であればある程度まで欲を満たせば満足するも …

初対面の人との会話を成功に導くために必要なポイントとは?

初対面の人と話す機会は、新しい人脈を広げるチャンスですが、「何か話さなくちゃ」と思うあまりに緊張してうまく話せないことがよくあります。何を話し出したら良いか、相手に何を質問したら良いかについて、困って …

合理主義な性格の人の特徴とメリット・デメリットとは?

合理主義とは無駄がなく結果がでるように頭の中でそれまでの過程を考え行動に移すことをいいます。つまり、合理主義の性格な人は何かをした後に出る結果に無駄がないよう、頭の中で事前に物事の経過を判断し、最短な …

説明下手を克服する方法とは?

自分の説明したいことがきちんと相手に伝わらない。説明下手をどうにか改善したいけど方法が分からないと悩んだことはありませんか。自分の考えを相手にきちんと伝えることは難しいことです。 説明下手はボキャブラ …