生活全般

気にしすぎる性格を直す方法

投稿日:2017年7月6日 更新日:

気にしすぎる性格の人の多くは損をする性格だといわれます。気にしなくてもいいことをあれこれ考えてしまい、勝手に不安になったり、心配したりして疲弊したり、精神的に不安定になってしまうからです。

反対に楽観的であまり気にしない人はそのような状態にならず、自分が興味あることや楽しいことに注力してします。こうして比較するとやはり気にしすぎる性格は少し生きづらいかもしれません。

気にしすぎる性格の原因

1.悪いことばかり想像する

気にしすぎる性格の人は、心配性なところがあります。余計なことまで心配するということは、悪い結果ばかりを想像しているということです。そのために、いつも何かにおびえてしまって、やりたいことがあってもなかなか前に進めません。

誰かに、背中を押されても、「自分には無理かも」、「やっても失敗したらどうしよう」などと考えてしまうのです。失敗するかもしれない、しかし、その先には何か得るものがあるというふうに考えることが難しいのです。

もともと気が小さく、繊細であるがゆえにいろいろなことに対して想像力が働いてしまうのです。

たとえば、がん検査を受けたあとに、再検査と言われて「がんが見つかったのかもしれない」などと結果が出るまでものすごく心配をしてしまい、まるで本当にがんになった人のように過ごしてしまう人もいます。

心配性のすべてが悪いわけではありませんが、あまりにもいろいろなことを気にして、それも悪い想像ばかりしていたのでは心も体も疲れてしまいます。

気にしすぎる性格は簡単に治るものではないかもしれませんが、悪い想像をしたところで、そんなことはまず現実には起こる可能性はきわめて少ないと理解することが重要になります。

2.他人の評価で生きている

気にしすぎる性格の人は、他人の評価が良くなければ、自分の価値がないと考えているところがあります。

小さいころから、親の期待に応えようと一生懸命してきた人で、親の思い通りにならなければ親に叱られたり、不機嫌になられたりしたような環境で育つとこのような性格になることがあります。大人になるにつれて他人が自分に対する評価もとても気にするようになります。

そのため、他人が自分に期待することに対してこたえようとします。いつの間にか、他人の顔色をうかがって、「自分は期待にこたえられているだろうか」と他人の評価ばかり気にする人になってしまいます。

3.自己評価が低い

ほかの人は、十分に能力があると評価してくれているものの、本人は十分な能力が備わっていないと思い込んでいる場合が多くあります。能力が低いと思っていれば、何か間違ったことをしていないだろうかと常に気にすることになります。

また、気にしすぎる人は人の顔色ばかりを窺い、少しでも気になる表情を目撃することで気に病むようになってきます。このようなタイプの人は、親との関係がうまくいっていないことが多いようです。

特に、小さいころに親から理不尽に叱られて育っていたり、無関心な状態で育ってきたりしています。育ち方に大きな問題があるため、大人になってから細かい部分まで気にするようになってしまうのです。この状態で育ってきた人は、まず自分への評価を上げなければいけません。

自分には能力がないと思いこむのではなく、周りの人の評価にも耳を傾けるようにしましょう。周りの人たちの声を素直に聞けば、自分が一番低く評価を下していたことが分かってきます。

4.完璧でないと気が済まない

なんでも完璧に行わないと気が済まないという人は、ほかの人では気にしない部分にも強いこだわりを見せるようになってきます。家の状態も、常に完璧に保たれていないと精神的にイライラしてしまうため、掃除も徹底しています。

また、普段の生活の中だけではなく、仕事や育児にも手を抜くことがありません。仕事で部下が失敗をしようものなら、すぐに叱責し責めてしまいがちです。育児の時についても、子供が思い通りに育ってくれないと不満が溜まってしまい、ついつい細かく指示してしまうのです。

あらゆる点が気になっている人は、本人が息苦しさを感じるだけではなく、周りの人も追い詰めていることに早く気付きましょう。その状態に気付かないまま生活しているとある日突然周りからそっぽを向かれてしまいます。

気にしすぎて人に意見したくなる人は、世の中に完璧なものなどないと認識する必要があります。

5.過去に原因がある

過去にトラウマがあると、ちょっとしたことが気になるようになってきます。たとえば、車による事故にあったことがある人は、その事実を忘れることができないため車に乗るときに慎重になってしまうことになるでしょう。

このように、過去に起こった出来事にショックを受けていると、何かにつけて気にしすぎる性格が出来上がってしまうのです。ショックな出来事が原因になった気にしすぎは、時間がたつことで状態が改善してくることもあります。

時間の経過により、心の状態も徐々に回復し、気にしすぎる精神状態も解消されてきます。少しずつ心が安定してきた時には、それほど心配になることはありません。ただし、いつまでたって状態が変わらない時には、しかるべき治療を受けるようにしましょう。

気にしすぎる性格の改善方法

1.気にする部分と気にしない部分を分けるようにする

気にしない自分になりたいとはいえ、いきなり何でも気にしないようにするのは無理があります。気にしないことを間違えることで自分自身の立場が悪くなってしまいより気にしてしまう性格になってしまう可能性があります。

まずは気にした方がよい部分と気にしない方ほうがよい部分を分けることを考えるようにしましょう。

そのようにすることで自然とこれは気にした方がよい、これは気にしない方がよいと分けて考えることができるので、何でも気にしすぎてしまうということは無くなり、気にしすぎる性格の改善につながります。

2.楽しいことを考える

気にしすぎる性格の人は、何でも気にしすぎてしまうので、物事を悪く考えてしまい、落ち込みやすい人が多いです。一度考え方がネガティブになってしまうとあれこれ考えては落ち込まなくてもよいことでも落ち込んでしまうようになります。

気にしすぎる性格の人は、いつも楽しい事を意識して考えるようにするとよいでしょう。過去の失敗をしてしまったことについては「この失敗を糧に成長することができた」と考えるようにして、今の自分についてはどうすればより良い自分になることができるのかを前向きに考えるようにします。

そして、未来の自分についてはきっと楽しい出来事が自分を待っていると思うようにしましょう。そうすることで何でも物事を悪く考えてしまう癖を無くす事ができるので、何でも気にしすぎてネガティブになってしまう自分を改善する事ができるようになります。

気にしすぎる性格を改善しよう

気にしすぎることを改善する方法は紹介した上記以外にも色々とあります。そして、その方法は人によって違います。自分にとってベストの方法を早く見つけることでより早く気にしすぎる性格を改善することができます。

お得な情報をおひとつ!

銀行に現金を預けても利息がほとんどつかない世の中で、お得に買い物をすることが家計にとって何より大切になってきます。特にやらないと絶対に「損」をするのが、ポイント制度の活用です。

インターネットでショッピングをするとき、ショッピングサイトのポイントだけでなく、ポイントサイトを経由してショッピングサイトで購入することでポイントサイトのポイントも貯められることを知っていますか。

しかも、その支払いをクレジットカードでチャージした電子マネーで行うことで、クレジットカードのポイントと電子マネーのポイントも貯めることができます。いわゆるポイントの4重取りが可能になります。

今後、モノやサービスの決済の電子化(キャッシュレス化)が普及していくことが予想されます。電子決済に慣れておくと、今後、よりお得な決済手段を選ぶことができるようになるでしょう。

なお、ポイントの4重取りの詳しい内容については、別の記事で紹介していますので、興味のある人はこちらをご覧ください。

-生活全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

立夏 2019年はいつ? 意味・由来・食べ物の風習は?

日本には、春夏秋冬という四季のほかに、季節を表す言葉がたくさんあります。「立夏」(りっか)という言葉を聞いたことはありますか。「夏」という文字が入っていますが、時期的に夏と呼ぶには少し早い気がします。 …

蛍光灯の種類の見分け方と型番の見方

いつも何気なく使っている蛍光灯などの照明器具には多くの種類があります。光の色にも白色からオレンジがかった暖色系のものまで種類が多く、照明の色を変えただけで、お部屋の印象もガラリと変わります。 中でも「 …

掃除のコツはこまめな掃除を習慣化することである

普段のお掃除、毎日していますか。掃除の頻度は人によって違います。特に共働きの家計だと、家の掃除は疎かになりがちです。毎日さっと短時間で済ませたいと思いませんか。そのポイントとなるのが拭き掃除です。 掃 …

スクラロースは安全性に問題ないのか?

人工甘味料スクラロースを知っていますか。スクラロースやアステルパームなどの人工甘味料は危険だという話をよく聞きます。カロリーオフやカロリーゼロのダイエット飲料やガム、ドレッシング、デザートなど多くの加 …

四合瓶の読み方は? なぜ五合ではなく四合なのか?

焼酎や日本酒の瓶に「四合瓶」と書かれているものがありますが、読み方分かりますか。また、「日本酒」の容量で一升(1.8L)と四合(720ml)はよく見かけますが、一升の半分の五合ではなく、四合を販売する …