仕事と技術

「ご無沙汰しております」の意味と使い方|「お久しぶりです」との違い

投稿日:2018年2月18日 更新日:

ビジネスだけに限らず、日常生活においても最初の挨拶というのは大変重要です 。目上の人や取引先、お客様に対して、しばらくぶりに会ったり連絡を取ったりする場合、 冒頭の挨拶によく使われる言葉が「ご無沙汰しております」です。

「ご無沙汰しております」は敬語表現なのでしょうか。挨拶によって印象がガラっと変わり、今後の付き合いにも大きく影響することもあります 。 特に、目上の方に対しては失礼のないように言葉の使い方や返事のしかたにも十分注意しておきたいところです。

「ご無沙汰しております」の意味

1.「ご無沙汰しております」は謙譲語にあたる

敬語には大まかにわけて尊敬語、謙譲語、丁寧語の3つがあります。「ご無沙汰」とは「沙汰が無い」に「ご(御)」を付けることで敬語として使われる表現です。基本的に目上の方に対して用います。

「ご無沙汰しております」のは「自分」であり、「おります」の部分は自分を低める謙譲語にあたる表現です。

2.「沙汰」は「便り・知らせ」という意味

「沙汰」とは「便り、知らせ」という意味です。「すっかり音沙汰がない」の「沙汰」です。「ご無沙汰」とは「便り」が「無い」ことで、言いかえると、しばらく連絡していないという意味になります。

「ご無沙汰しております」は目上の人にも使える

「ご無沙汰しております」は、社外の取引先や顧客など、ある程度の期間があいてから顔を合わせたときに使います。目上の人にも問題なく使える敬語です。失礼にはあたりません。

また、「ご無沙汰しております」の後に「お元気ですか」など相手を気遣う言葉を付け加えたり、「ご無沙汰しており失礼しました」などお詫びの言葉を付け加えるのもよいでしょう。

「ご無沙汰」している期間はどのくらい?

「ご無沙汰」は相手に長い間訪問や連絡をしなかったことを詫びる意味で使用します。では、最後に会ってからどれくらいの期間が経てば、この「ご無沙汰しております」を使うべきシーンといえるでしょうか。

期間について明確な決まりはありませんが、2~3か月以上の期間があいたら使うようにしましょう。もちろんケースによっては1か月くらいで使っても問題ありません。なお、半年、1年といったように大きな期間があいた場合には「大変ご無沙汰しております」などとつけるとよいでしょう。

「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」の違い

「ご無沙汰しております」に似た言葉で「お久しぶりです」があります。これらの言葉にはどのような違いがあるでしょうか。使い方を間違えると失礼にあたってしまうので注意が必要です。相手によって「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」を使い分けます。

「お久しぶりです」は、立場に関係なく使うことができ、気軽な場面で使うのはよいのですが、くだけた表現ですので、ビジネスの場では避けるのがよいでしょう。「ご無沙汰しています」は、より丁寧なので目上の方へ使うことで敬意を表すことが出来ます。

社外の方に会う場合など、基本的にビジネスの場では「ご無沙汰しております」を使うのがよいでしょう。

久しぶりの相手に送るメールの基本的な書き方

久しぶりの相手にメールを送る際、突然用件のみを連絡するとメールを受け取った相手が不快に感じる可能性があります。相手との関係性にもよりますが、以下のような点に気を付けておきましょう。

1.久しぶりの連絡であることがわかるようにする

取引先など、かしこまった方が良い相手であれば、連絡していなかったことのお詫びや季節感のある言葉を混じえたり、相手への気遣いや自身の近況などを書くのもよいでしょう。

2.自分が誰かを思い出してもらえるよう配慮する

久しぶりにメールを送った場合、自分のことを思い出してもらえないことでやり取りがちぐはぐになったり、返信が来ない可能性も考えられます。

このため、取引先や社外でお会いした相手などであれば、あなた自身について、「○○株式会社 営業部の□□です。△△の際は、誠にありがとうございました。」など、どんな時に関わったかを書き添えておくとより思い出してもらいやすくなります。

3.連絡した意図や要件を伝える

これは久しぶりの相手に限りませんが、久しぶりに連絡したということは何かしらの理由があるためです。相手が「自分のことを思い出して連絡してくれた」と感じるような一文があるとよいでしょう。

「ご無沙汰しております」は返事で使ってもよい

反対にメールなどで「ご無沙汰しております」と挨拶を受け取った場合は、返信する側も「ご無沙汰しております」としても問題ありません。「こちらこそご無沙汰して申し訳ありません」といった使い方がよいでしょう。

打ち合わせなどの場で目上の人から「お久しぶり」と声をかけられたときは、そのまま返すのではなく、「こちらこそご無沙汰しております」とい言い換えるようにすれば失礼なく返事ができます。

また、稀に目上の人から「ご無沙汰しております」と声をかけられることがありますが「こちらこそご無沙汰しております」という返答で問題ありません。

「ご無沙汰しております」の使い方の実例

「ご無沙汰しております」の実例をいくつか紹介します。

  • ご無沙汰して申し訳ありません。
  • ご無沙汰しておりまして、失礼いたしました。
  • ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしですか。
  • 大変ご無沙汰をいたしました。お元気でいらっしゃいますか。
  • ご無沙汰を致しまして、申し訳ございません。おかわりございませんか。
  • ○○の際にお会いして以来、大変ご無沙汰をいたしまして、申し訳ございません。
  • 長い間、ご無沙汰しております。この度は、貴重なお時間を作っていただきありがとうございます。

「ご無沙汰しております」は単に挨拶をするだけではなく、挨拶する相手に対して謝罪の気持ちが込められている表現になります。久しぶりに連絡を取る場合、久しぶりに会う場合にコミュニケーションを円滑に進めるのは難しいこともあることでしょう。

そんなときに役に立つのが「ご無沙汰しております」という表現です。相手との会話が弾み、ビジネスの流れがスムーズになるよう、うまく活用しましょう。

自分のスキルや能力の適正な年収の相場がいくらになるのか気になりませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。サービスの利用はすべて無料のため、気軽に相談できます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。登録は無料で、求職者は全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

お詫びメールの書き方のポイントとは?|謝罪の誠意が伝わる例文を紹介

ビジネスで起りがちな手配ミスやクレーム対応など様々な場面で使えるお詫びメール。ミスをした場合、その対処法によってビジネスマンとしての信頼が保たれるか失われるかが決まってきます。 ミスは誰しも経験してし …

雇用保険の加入条件とメリット|未加入時の対応はどうすればよいか?

万一の失業に備える雇用保険は正社員だけが適用対象ではありません。一定の条件を満たせば、パートやアルバイトも雇用保険に加入することができます。 普段はなかなかありがたみを実感できないかもしれませんが、失 …

キッティングとは?|社内で行うかそれともアウトソーシングするべきか

パソコンの入れ替え時に必要な業務に、「キッティング」があります。パソコンをはじめオフィスで使用するシステム機器のほとんどは導入してスイッチを入れるだけでは稼働しません。 各種ソフトウェアのインストール …

社内ニートになってしまった!|転職せずに脱出を目指すか転職するか

会社に行っても仕事がない。近頃、よく聞く「社内ニート」。その意味は、「会社内」と「ニート」の組み合わせ通り、社内の仕事が与えられず、ニートのように暇を持て余している人のことをいいます。 かつては働く気 …

「参事」とは役職名なのか?|会社内ではどのような立場の人なのか?

部長・課長といった一般的な役職ではないものも増えてきており、相手がどんな立場でどんな責任を持っているのかが掴みにくくなってきています。中でも参与や参事を良く聞きますが具体的にはどのような役職なのでしょ …