仕事と技術

職場での馴れ合いが嫌い!|その理由や馴れ合いへの対処法とは?

投稿日:2018年3月2日 更新日:

仕事においてコミュニケーションを取ることは大切ですが、仕事でもプライベートでも、「馴れ合い」の関係に知らず知らずのうちになっている方も多いでしょう。

馴れ合いの関係が好きな人、嫌いな人、いろいろといると思います。

馴れ合いは今すぐ辞めたほうがよいでしょう。

もし、誰かと馴れ合いの関係を築いているのであれば、それは早いうちに解消しておいた方が良いはずです。

聞いたときあまり好印象ではありませんが、果たしてどうなのでしょうか。

職場だけでなく、友達や趣味仲間、さらにママ友との関係にも言えることですから、何かしらのコミュニティで馴れ合いを嫌だと感じているとしたら、一読してみてください。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

馴れ合いの意味とは?

馴れ合いとは、もともとは利害を共にする者同士が結託し、通常取るべき手続きを踏まず、暗黙の合意のもと意思決定を行うという意味です。

よりスムーズな関係を結ぶためのものともいえます。

現在の「馴れ合い」の使われ方は「必要以上に親しい関係」や「緊張感のない馴れ合いの関係」といったような、やや否定的は使われ方をしています。

馴れ合いが嫌いになる理由

1.モチベーションが下がる

馴れ合いは、お互いが適度な距離感を持てなくなります。

仕事のモチベーションも徐々に下がってくる傾向になることも多くあります。

そればかりではなく、お互いに礼儀正しい態度を取り続けられないことによって様々な障害も出てきます。

馴れ合いであるかどうかの判断は自分でもよく考えてみるべきです。

お互いのパートナーシップもうまく連携することができれば、結果的に仕事は上手くいきます。

しかし、馴れ合いが原因で仕事上、マイナス面を感じることもあります。

甘えが生まれないようにある程度の距離感と緊張感を持つことが大切です。

2.馴れ合いの関係だと断りにくい出来事が増える

ビジネスライクでの付き合いであれば、イエスやノーをはっきり言えるものが馴れ合いの関係になるとなし崩し的になり、本当はイエスと言いたくないけど言わざるを得ない状況になることが度々起こる可能性があります。

いくら仲が良くても最低限の礼儀は必要であるということです。

しかし、馴れ合いの関係が最低限の礼儀を守らないことで馴れ合いを嫌います。

3.時間の浪費につながりやすい

「馴れ合い」によって、貴重な時間が失われてしまうことも少なくありません。

メリハリをつけて行動すればすぐに出来たはずなのに「馴れ合い」のためにダラダラとした仕事に発展してしまい、時間の浪費につながりやすくなります。

適度な「緊張感」が失われてしまうと「集中力」も低下し、得られる結果も効率も低下するデメリットが発生します。

困難な状況を出来るだけ早く脱するためにするはずの努力や工夫が「馴れ合い」で妥協を生み、結果として時間の浪費に繋がります。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

馴れ合いへの対処法

馴れ合う環境に染まった人は困りもので望んでもいないのに他人に馴れ合いを強要してきます。

馴れ合うのは勝手ですが、それを他人にまで押し付けてくるのはハッキリ言ってありがた迷惑でしかありません。

しかしながら、職場全体が馴れ合いムードの強い環境であるならば、それに応じた態度をとらなければ孤立します。

重要な情報を共有しなかったり、仕事の割り振りを仲の良さで決めるなど、感情的な判断を仕事に持ち込みがちです。

どのように対処すればよいでしょうか。

1.立ち位置やスタンスを明確にする

「仲良くするのは勝手だけど、巻き込むな」というようなスタンスで人と関わると不思議なことに深い仲になることもなければ、特段嫌われることもない、絶妙な立ち位置の人間関係を築けています。

馴れ合いを認めつつ、適度に関わりを持っておけば周りもそれに合わせる感じの距離感持つので馴れ合いが嫌いな人は自分のスタンスを明確にしておきましょう。

逆に、無理して「仲が良いですよ」「馴れ合い好きですよ」とアピールしてしまう方が辛い立ち位置になってしまうので注意した方がよいでしょう。

2..馴れ合い好きの人にはその場だけ合わせるに留める

馴れ合い好きの集団が盛り上がっているのであれば、適当にその場のノリに合わせて盛り上がっているフリをしておくのも大事な処世術になります。

ただし、自分の立ち位置やスタンスは明確にすることも重要なので主張すべきところはしっかりしておくことも大切です。

たとえば、無駄な飲み会や付き合いが嫌いなのであれば、はっきりと断って参加しないことも重要です。

3.仕事に適度な緊張感を持ち込む

馴れ合いの環境に染まっている職場であっても仕事のメリハリさえついていれば、問題ないでしょう。

多くの場合は緊張感に欠けることも多く、仕事の能率や生産性も下がります。

仕事においても適度な緊張感は大切です。

しかしながら組織で働く以上、チームワークや助け合いの精神が個人プレイの何倍もの成果を出すこともまた無視できない事実です。

助け合いと言えば聞こえはいいかもしれませんが、要は出来ない人間や能力のない人間に足を引っ張られやすくなります。

もし、馴れ合いの激しい職場で、不当に仕事を背負わされているのであれば、あえて嫌われ役に徹して緊張感をもたらすことも大切です。

ヒール役に徹し、馴れ合いの激しい職場に喝を入れることができれば、社内でその立ち位置を獲得することができます。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「ご無沙汰しております」の意味と使い方|「お久しぶりです」との違い

ビジネスだけに限らず、日常生活においても最初の挨拶というのは大変重要です 。 目上の人や取引先、お客様に対して、しばらくぶりに会ったり連絡を取ったりする場合、 冒頭の挨拶によく使われる言葉が「ご無沙汰 …

「アジェンダ」と「レジュメ」の意味と違い|ビジネスシーンでの使われ方

会議やセミナーなどでアジェンダやレジュメはよく聞く言葉で何気なく使っていますが、それらの内容の違いを聞かれると正確に答えられないことがありませんか。 また、最近では、外資系企業などの影響で履歴書・職務 …

「幸いです」の意味と使い方|ビジネスにおける使用上の注意点とは?

ビジネスメールではストレートすぎる表現を使うと上から目線の文章になってしまいがちだからです。 特に文末の表現には注意が必要です。 たとえば、メールの文末に「~してください」という表現はストレートな印象 …

出世する人の特徴|同僚に差をつけて厳しい競争を勝ち抜く方法とは?

出世したいと思っているけれど、なかなか出世することが出来ないという悩みを持つサラリーマンは多くいます。 また、入社したのはいいけれど、同期と差がつき、焦りを感じているという若手社員もいると思います。 …

証憑書類とは?|代表的な証憑書類と保存期間・整理保存する必要性とは?

企業間の取引では、請求書や領収書などの証憑(しょうひょう)書類が発行されるのが一般的です。 証憑書類にはどのようなものがあるか、きちんと覚える必要はありませんが、事業上の取引があったことを証明する書類 …