就職・転職

会社説明会での質問|IT企業への就職で確認しておくべき内容とは?

投稿日:2018年9月21日 更新日:

会社説明会の質問で、何を聞けばいいかわからず、悩んでいませんか。会社説明会は、実際に企業で働いている先輩社員とじかに触れあえる絶好の機会です。多くの会社では、説明会の最後に参加者からの質問タイムが設けられます。

大手のIT企業の場合、プログラマーやSEといった技術職だけを求めているわけではないため、就活している人の中には、その場でどのような振舞いをすればよいのかと悩む人もいるでしょう。

プラスの印象を残してもらえるようにしっかりとポイントを押さえておきましょう。

質問時のマナー

説明会での質疑応答では、プラス評価に繋がるような質問をすることが重要なポイントです。以下のようなプラス評価をされやすい質問のしかたを参考にするとよいでしょう。

  • 質問時に出身大学、学部、氏名を伝える
  • 質問をする前に、目的を先に述べる
  • 大きな声でハキハキと質問する
  • 自分以外の人にも役立つ内容かどうか
  • 公の場で相手が答えられるかを考える
  • 調べてもわからなかったことを質問する
  • 質問する時間は30秒以内が理想

質疑応答では、相手を困らせてしまわないような内容に注意しながら、自分の一番聞きたいことを質問することが大切です。

会社説明会では避けておきたい質問とは?

自分をアピールするために質問することは構いませんが、何でもかんでも質問すればいいというわけではなく、「こいつ何言ってるんだ」と思われてしまう質問は避けなければなりません。

たとえば、自分の待遇に関わるような質問、給与や残業、ノルマや福利厚生などハッキリと答えられないような内容についての質問は会社説明会には向きません。

自分の労働環境のことばかり気にする人間だと思われてしまうためです。また、自分自身にしか関わりのない質問も避けるべきです。

多くの人間が集まっている場で、まわりの人のことを考えずに自分のためだけに時間を使っていることに考えが及ばない自己中心的な人間と見られます。

そして、会社のホームページに公開されているような、調べれば分かる内容や、会社説明会の配布資料を読めば分かるような内容の質問は慎みましょう。マイナスの印象を持たれるだけです。

会社説明会で質問をする目的とは?

就活では「将来の夢の実現のための就職活動の軸」と「経営理念・ビジョン・社風」がいかに自分とマッチしているかで成否が決まります。

経営理念は会社のホームページで確認できますが、ビジョンや社風は実際にその会社で働いている人がどんな思いで働いているかを聞くしかありません。会社説明会で確認するべきことは、そのビジョンについてどれだけ強い思いを抱いて働く社風があるかです。

自分と合っている会社かどうかを判断する質問とは?

以下のような質問をするとよいでしょう。

1.御社はどのような社会を実現しようとしているのでしょうか

会社の将来の夢を問う質問です。この会社の夢と、あなたの夢が一致していれば合格、 一致していなければ不合格です。

2.御社が就活生に求める人物像を教えてください

採用方針は多くの場合、人事部が決めています。会社説明会で採用担当者から回答があれば、その回答内容と自分の人物像が合っているか確認しましょう。

大きくずれているようであれば、第一志望であってもその会社は諦め、気持ちを切り替え、他社への就職活動に注力しましょう。

IT企業ならではの事情とは?

IT技術が飛躍的に進化したことを受け、Web業界が活況を呈しています。Web関連のスキルや知識はインターネットや書籍でいくらでも独学で習得できる時代です。大手のIT企業なら別ですが、Web企業や中小のIT企業では即戦力が求められます。

大手のIT企業の場合、プログラマーやSEといった技術職だけを求めているわけではないため、幅広い人材を集めて徹底した研修が行われます。そのため必要な知識は研修で身に付けてもらうといった考え方が一般的です。

しかし、即戦力を求めている会社の場合は、入社してから研修で身に付ける考えでは採用されないリスクが高くなります。このような会社の場合、入社前に身に付けておくべきスキルや知識について質問するほうが効果的です。

IT業界では常に新しい知識を吸収し必要な資格を取っていかねばなりません。一生勉強はつきものです。貪欲に学ぶ姿勢を持つことはIT企業で活躍するための必須項目です

IT企業への就職する場合に確認しておいた方がよい内容とは?

エンジニアの方にとって、「マネジメントにも関わっていきたいのか」「技術力を突き詰めたいのか」は各々のこだわりがあることでしょう。応募先の企業ではキャリアの方向性を選ぶことができるのか、限定的なのかを確認する価値はあるはずです。

また、将来的にエンジニアリング以外にも関わっていきたいと考えている人は、たとえば、エンジニアから事業企画などに携わっている人がいるかどうか確認する価値があります。応募先の企業がエンジニアに求めるものはどういった役割であるかも掴むことができます。

自分を売り込む質問の一つになりますが、将来のことを考えるとキャリアの方向性が入社時に決まってしまうのか、それとも入社後も変化できるのかは、確認しておいたほうがよいでしょう。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

日程調整メールのポイント【例文付き】|評価が上がる書き方とは?

就職活動中には、応募先の企業と面接の日程調整をメールでやり取りする機会がありますが、どのように返信すればよいのか、悩んだことはないでしょうか。面接の日程調整をメールで行う場合に気をつけたいポイントや、 …

住宅手当の相場はどのくらい?|転職者はどこに着目しているのか?

転職活動をする際、給与額を検討要素に入れる人が多いと思います。給与以外にも福利厚生制度で「家賃(住宅) 手当」の名目で金銭を給与に上乗せ支給することを行っている企業もあります。 この制度の有無が支払わ …

転職に年齢制限はあるのか?|年齢に応じた成功する企業選びを紹介

転職をするなら35歳までなんていわれていたこともあり、年齢的な部分で転職に不安を感じている人が多いです。一般的には年齢が高くなれば不利になるといわれていますが、何歳であろうと実際に転職に成功した人は多 …

内定保留の伝え方|保留期間の目安や失礼のない対応方法とは?

就職活動で内定をもらったけどまだ本命の企業が残っている場合やまだ就職活動を続けたいという場合も十分考えられます。内定を待ってもらうにはどうしたらよいでしょうか。面接で第一志望と伝えていた場合、本当に保 …

行動力を身につけるには?|ビジネススキルアップでライバルに差をつける

ビジネスを成功させるためには行動力が求められます。行動力がある、フットワークが軽い、そのような言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。 行動力のある人に変わりたいけど変われない、行動によって成果を出すに …