英語 資格

稼げる資格「TOEIC」|700点台以上ならアピール力大幅UP!

投稿日:2020年3月31日 更新日:

日常生活やグローバルビジネスにおける活きた英語の力を測定する、世界共通のテストで、英語を使う仕事についている方にとって、TOEICは英語力の指標として使われることが多くなっています。

聞く・読む力を測る TOEIC Listening & Reading Test と、話す・書く力を測る TOEIC Speaking & Writing Tests により、4技能(聞く・読む・話す・書く)全ての英語コミュニケーション能力がわかります。

実際にTOEIC を資格として扱う企業は多くあり、採用の際の条件の一つとして、TOEIC スコアを要求する企業もあります。

資格取得のメリット

高いスコアを持っていると就職時に有利になり、また、スコアが昇進基準の一つになっている企業が多くあります。

ビジネスでも使うような単語がたくさん出題され、リスニングやリーディングの勉強でビジネス用語の取得に役立ちます。

客観的な自分の英語能力を知ることができ、目標スコアを獲得するためのモチベーションが上がります。

資格評価

【総合評価 40/50】

ニーズ 10
コスト 6
時間 6
リターン 8
将来性 10

資格試験に関する概要

1.資格試験内容

○TOEIC Listening & Reading Test

英語によるコミュニケーション能力を幅広く測るテストで、リスニング(約45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)、合計約2時間で200問に答えるマークシート方式の一斉客観テストです。

出題形式は毎回同じで、解答はすべて問題用紙とは別の解答用紙に記入します。

テストは英文のみで構成されており、英文和訳・和文英訳といった設問はありません。

結果は合格・不合格ではなく、トータル10~990点の「スコア」として表示されます。

○TOEIC Speaking & Writing Tests

効果的に英語でコミュニケーションするために必要な、話す・書く能力を直接測るテストでTOEIC Speaking Testは11問・約20分、TOEIC Writing Testは8問・約60分で、試験会場にてパソコンを使用して受験するテストです。

結果は、各テストとも0点から200点の「スコア」で表示されます。

○TOEIC Speaking Test

効果的に英語でコミュニケーションするために必要な、話す能力を直接測るテストでTOEIC Speakingは11問・約20分で、試験会場にてパソコンを使用して受験するテストです。

結果は、0点から200点の「スコア」で表示されます。

2.試験概要

受験資格 誰でも受けられる
資格の種別 民間資格
難易度 合否判定なし

 

3.試験データ

受験者数 約2,456,000人(2018)
合格率 スコア表示(合否判定なし)
受験料

TOEIC L&R:6,490円(税込)

TOEIC S&W:10,450円(税込)

TOEIC S  :6,930円(税込)

試験日 年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)

 公式ホームページ ☞ こちら

-英語, 資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

稼げる資格「経理・財務スキル検定(FASS)」|期間中の随時受検を上手く活用

「FASS検定」とは、実務能力の測定に重点を置いた試験で、経理・財務の実務に関するスキルを客観的に測定するため先進企業50社の経理・財務幹部によって開発されたの検定試験です。 経済産業省の高度専門人材 …

稼げる資格「知的財産管理技能士」|企業内でキャリアを高めたいなら取得しておきたい

ビジネスにおいて知的財産を適切に管理・利用するための知識を効率的に学べるのが、合格者に国家資格である「知的財産管理技能士」の名称が付与される知的財産管理技能検定(知財検定)です。 知的財産権を企業価値 …

稼げる資格「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」|全業界の事務職でニーズが高い

企業でのストレスチェック制度が義務化され、また働き方改革のもとに長時間労働の是正が図られるなど、職場のメンタルヘルス対策の進展にはめざましいものがあります。 活躍の分野が広がり、管理職には不可欠の資格 …

IT資格の中で費用対効果の高い資格はコレだ!

  IT業界は実力主義で資格など持っていてもいなくても同じだという風潮がありますが、実際のところ、どんな資格があるのでしょうか。 IT資格と言っても種類も多く、難易度もそれぞれ違うため、特に …

稼げる資格「衛生管理者」|建築ラッシュに伴って需要増加の予想

常時50人以上の労働者を使用する事業場では、衛生管理者免許を有する者のうちから労働者数に応じ一定数以上の衛生管理者を選任し、安全衛生業務のうち、衛生に係わる技術的な事項を管理させることが必要です。 第 …