資格 金融

稼げる資格「ファイナンシャル・プランニング技能士」|自分の目標に応じた選択ができる

投稿日:2020年5月22日 更新日:

FP技能士

ファイナンシャル・プランニング技能士とは、国家資格であるある技能検定制度の一つです。

一般社団法人金融財政事情研究会およびNPO法人日本ファイナンシャルプランナーズ協会が実施しています。

近年では保険の切り替え、資産運用、家計管理、住宅ローンの相談といった分野で活躍をするFPの方が増えています。

「保険の相談窓口」等でもFPの方が対応し、一つの保険会社に偏るのではなく、いくつかの会社のプランを比較検討したうえで提案をするサービスもあります。

資格取得のメリット

FPの勉強により実生活に活かせるお金の知識が身につきます。
なお、FP2級では保険や金融業界での就職に特に有利になり、FP1級は独立する場合も社内に留まる場合も大きな地位向上が狙えます。

FP1級は金融業界では周知の事実であるので、会社員が取得した場合、資格手当が支給されたり、昇給や昇格にも有利に働きます。

資格評価

【総合評価 35/50】

ニーズ 8
コスト 7
時間 6
リターン 7
将来性 7

資格取得

資格試験に関する概要

1.資格試験内容

ファイナンシャル・プランニングの職種には7種類があり、資産設計提案業務のみ日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が実施し、他は金融財政事情研究会が実施しています。

(1)学科(1級・2級・3級)

  • ライフプランニングと資金計画
  • 金融資産運用設計
  • タックスプランニング
  • リスク管理
  • 不動産運用設計
  • 相続
  • 事業承継設計

(2)実技

【1級】

(日本FP協会)資産設計提案業務

(金財)資産相談業務

【2級】

(日本FP協会)資産設計提案業務

(金財)個人資産相談業務、中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務

【3級】

(金財)個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務

※各級とも実技試験は選択科目方式

2.試験概要

受験資格 級によって異なる(※)
資格の種別 国家資格
難易度 1級:やや難しい
2級:普通
3級:普通

※受験資格の詳細はこちら

3.試験データ

受験者数(2019年度合計) 1級:17,778人(学科)・1,952人(実技)
2級:99,722人(学科)・82,094人(実技)
3級:77,679人(学科)・82,895人(実技)
合格率(2019年度平均) 1級:11.3%(学科)・83.8%(実技)
2級:24.1%(学科)・37.5%(実技)
3級:58.0%(学科)・47.6%(実技)
受験料 1級:8,900円(学科)・25,000円(実技)
2級:4,200円(学科)・4,500円(実技)
3級:3,000円(学科)・3,000円(実技)
試験日 1級:5月、9月、1月(学科)・6月、10月、2月(実技)
2級:5月、9月、1月(学科・実技)
3級:5月、9月、1月(学科・実技)

公式ホームページ ☞ こちら

-資格, 金融

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

稼げる資格「法人税法能力検定」|税制改革を前に需要増加が予想される

法人税法能力検定は法人税の基本的な理解のために必要である企業内の税務処理や法人企業の中堅経理担当者として必要な税務署への書類作成などの税務処理ができる知識や実務での応用的税務処理など法人税に関する計算 …

稼げる資格「福祉住環境コーディネーター検定試験」|アピールすることで就職が有利に

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。 医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに …

経理・会計関連の資格を評価!|費用対効果の高い資格はコレだ!

経理・会計資格は、持っていればどんな業界に行っても役に立つスキルだといえます。 国家資格・民間資格を合わせて多くの資格試験が存在しますが、いずれも会社で会計を行うのには役に立つ資格ばかりです。 資格を …

販売・接客資格一覧|いま取得すべき本当に稼げる資格とは?

資格ブームに衰える気配はないとはいえ、1,000以上ある資格の中から有望なものを選び出すのは至難の業です。 資格を取ってゴールというものではなく、その資格を活かせる仕事がなければ稼ぎには繋がりません。 …

稼げる資格「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」|管理職・経営者向けのメンタルケア資格

ストレスチェック制度が義務化され、また働き方改革のもとに長時間労働の是正が図られるなど、職場のメンタルヘルス対策の進展にはめざましいものがあります。 厚生労働省の調査では働く人の約6割が仕事への強い不 …