販売・接客 資格

稼げる資格「登録販売者」|どんな店でも医薬品を扱うことができる

投稿日:2020年8月5日 更新日:

登録販売者

医薬品医療機器等法に基づき、一般用医薬品の販売等を担う、薬剤師とは別の新たな専門家「登録販売者」の制度が設けられています。

2009年の薬事法(現・薬機法)改正により、それまでは薬剤師・薬種商にしか認めてられていなかった一般用医薬品の販売でしたが、 新しく第二類および第三類医薬品を販売できる資格者として登録販売者が認められたのです。

「登録販売者」になるためには、都道府県の実施する試験に合格し、登録をする必要があります。

資格取得のメリット

1.資格手当などで収入アップ可能

登録販売者の資格を持っていると、資格手当は毎月5千~1万円程度支給されることが多いです。

また、パートやアルバイトも時給も高くなる場合があり、資格なしで働くよりも収入額は大きく変わってくる可能性があります。

2.昇進に有利

登録販売者の資格があれば、昇進が見込めます。

ドラッグストアなどにおいて、店舗管理者は登録販売者資格を持っていることが必須条件となっています。

キャリアアップにもつながり、今後さまざまな仕事を請け負える可能性も出てきます。

3.就職や転職にも有利

医薬品を販売するためには、薬剤師か登録販売者の存在が欠かせません。

薬剤師の場合は登録販売者では取り扱うことができない第一類医薬品等も扱うことができるため重宝されますが、薬剤師は給与が高いため、多くの人を雇うには厳しいものがあります。

そこで、薬剤師よりも人件費が抑えられる登録販売者を積極的に採用しようと考える企業が増えています。

このことから、資格を持っていれば、就職や転職において有利になる可能性があります。

4.独立開業ができる

登録販売者の資格制度が施行されたことによって、登録販売者でも独立開業が可能となりました。

実務経験などの条件を満たせば、店舗管理者になることができます。開業許可や販売許可を取得できれば、登録販売者資格を活かした新しい仕事を始めることもできます。

また、コンビニエンスストアのオーナーとして、第二類と第三類の医薬品を扱う店舗を持つことも可能となります。

ただし、独立開業した場合でも、一般用医薬品の第二類と第三類のみしか扱えない点は注意が必要です。

資格評価

【総合評価 35/50】

ニーズ

7

コスト

7

時間

6

リターン

7

将来性

8

資格取得

資格試験に関する概要

1.試験項目

筆記試験(多肢選択式)で実施

  • 医薬品に共通する特性と基本的な知識
  • 人体の働きと医薬品
  • 薬事に関する法規と制度
  • 主な医薬品とその作用
  • 医薬品の適正使用と安全対策

2.試験概要

受験資格

誰でも受けられる

資格の種別

公的資格

難易度

普通

3.試験データ

受験者数(2019年度)

5,126人(東京都)

合格率(2019年度)

26.0%

受験料

13,600円(東京都)

試験日

9月(東京都)

公式ホームページ(東京都福祉保健局) ☞ こちら

-販売・接客, 資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

稼げる資格「海事代理士」|海に関わる法律を扱う専門資格

海事代理士とは、海事に関する手続きの中で船舶に関係する業務を代理人として行うことのできる国家資格です。 船舶の登記や登録、検査申請などをおこない、あわせてその船に乗る船員に関する労務、その他の海事許認 …

稼げる資格「銀行業務検定試験」|金融関係者の昇進・昇給の必須条件に

銀行業務検定試験は主として銀行・保険・証券等金融機関の行職員を対象に、業務の遂行に必要な実務知識や技能・応用力についてその習得程度を測定することを目的とした、誰でも受験できる検定試験です。 法務・財務 …

稼げる資格「家電製品アドバイザー」|量販店からもネット販売店からも求められる

家電製品アドバイザーとは、家電製品協会が主催する民間資格です。 家電の販売・営業および接客のプロフェショナルとして、消費者の商品選択、使用方法、不具合対応、廃棄などについてお客様を的確にリードしアドバ …

稼げる資格「簿記検定」|最も権威のある日商簿記検定がオススメ

大企業から個人商店まで、お金の動くところには必ずといってよいほど使われているのが簿記です。 簿記検定にはいくつかの種類があり、それぞれ主催団体も異なります。 たとえば、全国商業高等学校協会の「全商簿記 …

稼げる資格「貿易実務検定」|未経験でも経験者同様のスキルが測れる

貿易の自由化はいまや世界的な潮流となり、今後ますます多くの貿易実務のエキスパートが求められる状況となっています。 このような中で、現在、自分の実務能力・知識がどの程度のレベルにあるのか、客観的に確認で …